家庭で余ったスパイスを使ったお手軽デザート3選

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

スパイスと聞くと、塩辛い料理であったり、体に良いドリンク、辛い料理というイメージがあるかもしれません。もちろん、そういった料理にはスパイスが多く使われていますし、健康に効果があると常々注目されています。

さて、そんなスパイスなのですが、デザートにも多く使われていることをご存知だったでしょうか。スパイスを使ったデザートには、あまり親近感が湧かないという方は、ぜひ今回覚えていってみてくださいね。

フルーツケーキ

スパイスを使ったデザートであれば、やっぱりフルーツと合わせると手軽に作りやすいかもしれません。となると、誰でも手軽に作れてしまうのがフルーツケーキです。まず、薄力粉とバター、卵、砂糖、はちみつ、ドライフルーツ、ラム酒や粉砂糖は一緒です。

これで作っていけば、通常のシンプルなフルーツケーキなのですが、ここでスパイスを投入すると一気に味わいが変化していきます。例えば、シナモンやジンジャー、ナツメグ、クローブはどうでしょうか。

あまり多めに投入してしまう、ただただ辛いだけになるので、小さじで1/4程度の方が良いでしょう。薄力粉とベーキングパウダー、スパイスは全て混ぜてから使うと、沈まないので焼き上がりがキレイに仕上がります。友人とのティータイムにもおすすめですので、一度作ってみてはいかがでしょうか。

ブランマンジェ

ブランマンジェと聞くと、少し難しくてレベルが高いと思われがちですが、実は案外簡単にできてしまうのでおすすめです。今回、チャイを使ったブランマンジェの造り方を紹介していきましょう。

まず、牛乳と生クリーム、砂糖、板ゼラチンを用意してください。ここで注目すべきが、数多くのスパイスです。シナモン、クローブ、カルダモン、ブラックペッパーとデザートらしからぬスパイスの量を投入します。

また、スパイスを聞かせたジャムもあるとより美味しく楽しむことができます。いたゼラチンはあらかじめ水につけておき、次に牛乳を火にかけます。そして、湧いてきたら4分ほど似てください。

さらに、砂糖やゼラチン、全てスパイスを粉末状にしたものをいれていきます。冷蔵庫で冷やし、ジャムをミルクなどでといたものを使えば完成します。スパイスの風味を体中で感じることができる、大人のデザートです。

カルダモン

次は、デザートに使いたい万能スパイスを紹介しようと思います。それは、カルダモンです。カルダモンと聞いて、ピンと来る方はまだまだ少ないと思います。何故なら、カルダモンをいつ、どのタイミングで使えば良いか分からない人が多いからです。

しかし、分からないからこそ、どんな料理にも合わせやすいという考え方も可能です。例えば、果実類とはとても良い相性を出してくれるので、デザートにはピッタリです。

ジャム、ゼリーなどを作った時にカルダモンをそっと入れるだけでも、ぐっと美味しく果実味が引き立つといわれています。また、クローブも今回は紹介しましたが、カルダモンとの相性が良いので相互作用を考えて使えます。

スパイスは大人の味

スパイスを使ったデザートは、少し大人の味わいです。甘さの中に引き締め感や奥行きを出したい時に使うと良いでしょう。

当たり前の味わいから、一歩プロの味わいへと進むことができるかもしれません。ぜひ、いろいろと挑戦してみてはいかがでしょうか。

人気の通信教育はこちら

スパイス・調味料の資格が簡単に取得出来る通信講座。
スパイス

スパイス
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

スパイス資料 スパイス

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る