家庭でプロ負けの味!炒め物におすすめのスパイス

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

スパイスは、本格的なインド料理やさまざまな国の料理を作る時、絶対的に必要な香辛料です。日本料理の場合、素材の良さを引き出す料理が多いため、あまり過剰にスパイスが使われませんが、外国料理の場合はけっこうスパイスをしっかりと使います。

しかし、そんなスパイスですが、さらっと隠し味程度に振りかけるのではなく、炒めるとよりポテンシャルが高くなるといわれています。

しかし、スパイスを炒めるとは一体どういったことなのか。今回、ここではスパイスを炒めることについて解説していきます。

ホールスパイスを炒める

スパイスには、ホールスパイスとパウダースパイスの二つのパターンがあります。パウダースパイスの場合、読んで字のごとく、粉状になっているため直ぐにその効果を発揮します。

しかし、ホールスパイスの場合、そのままでは精油成分はほぼ出ません。つまり、本来持っているポテンシャルを引き出すことが難しいのです。例えば、種子系のスパイスだった場合、そのまま和えただけではこれといって効果が発揮できません。

逆に、ガチっと口内で噛んだ場合、香りがふわぁっと広がっていくことが想像できると思います。例外はもちろんありますが、スパイスを炒める場合はホールスパイスを使用すると思っておけば良いでしょう。

油を沢山使う!

さて、スパイスを炒めるといっても、少し注意しなければならないことがあります。それが、油を多く使うということです。油を敷かず、そのままスパイスを炒めてしまった場合、完全に香りが飛んでしまいます。

さらには、焦げ付きとなってスパイスが本来も良い香りが無くなってしまいます。では、どのように炒めるのが良いのか。それは、油をたっぷりといれて、熱を入れるという感覚です。

そして、その香りをしっかりと油の力で出してから、作っていきたい料理に使う具材を投入する感覚となります。つまり、予め炒めてしまうのではなく、料理をする度に、それにあわせたスパイスを炒めていく、という流れになるのです。

炒めると美味しいスパイスたち!

さて、スパイスとはいえ、何でも炒めて言い訳でもないようです。初心者の方の場合、炒めると美味しくなることが良く知られてる、定番のスパイスを利用した方が良いでしょう。例えば、コリアンダーシード。

甘さとスパイシーさを兼ね備えており、野菜や豆類などのアクセントとしてバッチリです。また、ホールで利用することにより、歯ごたえも楽しむことができます。また、マスタードシードもおすすめです。こちらは、辛子のことなのですが、とにかく独特の香りが魅力的です。

炒めることにより、辛いだけでなく、深みのある大人の味わいへと変化していきます。一度、炒めたマスタードを利用すると癖になり、ハマってしまうこと請け合いです。

そして、最後に紹介したいのがクミンシード。こちらは、もうカレーの香りが最初から突出しているスパイスです。もちろん、カレーだけでなく、さまざまな料理に向いています。トマトソースを利用した煮込み料理にもおすすめですので、ぜひ試してみましょう。

ホールスパイスなら保存が効く!

スパイスを炒めるのは少し面倒ですが、パウダーと違って保存が利きます。使うたびに炒めていれば、スパイスの個性もよくわかるようになりますし、一石二鳥です。ぜひ、スパイスを炒めていつもの料理をワンランク上げてみてはいかがでしょうか。

通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ
資格・検定の一覧

人気の通信教育はこちら

スパイス・調味料の資格が簡単に取得出来る通信講座。
スパイス

スパイス
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

スパイス資料 スパイス

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング資格講座Topへ