冷え性改善!スパイスを使った飲み物レシピ3選

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

お菓子や料理にひとつまみするだけで、風味を豊かにするスパイスですが、スパイスには身体の調子をよくしたり、心にリラックス効果を与えるものが多いことをご存じですか?

そういった効能を簡単に得るためにおすすめなのが、温かい飲み物にスパイスを使うという方法です。

特に寒い季節にスパイスドリンクを飲むというのは、本当にオススメです。

血行を促進して身体を直接温めてくれるものもあれば、何かと寒くて寂しい感じのする冬にやすらぎを与えてくれる効果がスパイスにはありますからね。

今回は、冬にピッタリなスパイスを使ったホットドリンクの作り方をご紹介したいと思います。

 

カルダモンが主役!アラビアンコーヒーの作り方

サウジアラビアでは主流のコーヒー、またの名をガーワと言います。

本場では真鍮製のコーヒーポットの口に、割ったカルダモンを数粒詰めてコーヒーを注いで作りますが、今回は本当に簡単に作れる方法をご紹介します。

まず1人前だと、カルダモンを2粒用意してください。それを砕いて、お好みのインスタントコーヒーと一緒にコーヒーカップに入れておいて、180~220cc程度のお湯を注ぐだけです。お湯の3分の1を温めた牛乳にすると、まろやかなカフェオレにもなります。

カルダモンには消化を促進する作用や、頭をスッキリさせる作用があるので、朝食後にゆっくり飲むのが理想です。

 

濃厚クリーミーでほんのりスパイシーなエッグノックの作り方

アメリカでは定番のウィンタードリンクです。

牛乳と卵で作られる濃厚な味わいに加え、風味づけにナツメグなどのスパイスが使われます。

お菓子作りで卵黄だけ余ってしまうことはありませんか?そんなときはひと手間加えるだけで素敵なデザートドリンクを追加できちゃいますよ!

ミキサーさえあれば作るのは超簡単です!

材料は

卵黄  2個

砂糖 大さじ2~3

シナモン お好みで

ナツメグ  お好みで

牛乳 500g

で、全部ミキサーにかけてください。混ざりあったら鍋に移し、中火にかけて沸騰しないように温めます。とろみがついたら完成です!

使用するナツメグは、もともと冷え性に効く漢方として使われています。体を温めるドリンクとの組みあわせとしては最高ですよね。

*「お好みで」とありますが、大量にナツメグを入れれば冷え性が治るというものではありません。一度に5g以上の摂取は危険なので、くれぐれも気を付けてください。

 

体の芯を温める!簡単チャイの作り方

スパイスドリンクの代表と言ってもいい、インドの飲み物です。

インド料理のお店に行くと、たいていはメニューにありますが、自宅で簡単に作れるようになったらいいですよね。

さっき紹介した2つ同様、とても簡単です。

材料は1人前で

紅茶(アッサム) 小さじ1杯

シナモン スティックで1本/パウダーなら小さじ半分

クローブ 一個

砂糖 お好みで

カルダモンパウダー 小さじ2分

すりおろししょうが 小さじ2分の1

水 150cc

牛乳 60cc

です。

牛乳以外の材料を鍋に入れて、沸騰させます。そして牛乳を加え、弱火にして2~3分煮込んで全体をなじませて完成です。

クローブには胃腸の消化促進や痛みを和らげる作用や、体を温める作用があり、漢方薬としての一面を持ちます。ナツメグ同様、ホットドリンクには最適といえますね。

 

まとめ

ドリンクにスパイスを使うと、お料理と違ってスパイスがほとんど主役になります。主役としてのスパイスは、アロマ効果が期待されるような豊かな香りと、体に染みわたる効能を存分に発揮してくれることでしょう。

寒い季節でなくとも、風邪をひいてしまったときにもスパイスはよく効きます。スパイスを近くに置いておくことで、心も体も健康に保ちましょう!

人気の通信教育はこちら

スパイス・調味料の資格が簡単に取得出来る通信講座。
スパイス

スパイス
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

スパイス資料 スパイス

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る