スパイスと健康

スパイスは料理の風味付けや素材の臭み消しに欠かせない台所の名脇役です。

その他健康に対するさまざまな効用があります。

スパイスには抗菌作用、抗酸化作用があり、辛みやにがみなどの刺激が消化器官への血流を促進し、

その働きを活発化することは医学的に証明済みです。健康食品や医薬品の材料としても、

さまざまなやスパイスが、広く利用されています。

調味料として食生活に取り入れることで塩分、糖分、脂肪分をひかえて、

おいしい健康的なメニューもつくれます。

健康維持や病気の予防のため、スパイスを上手に利用したいものです

ターメリック

ウコンとも言います。 カレーの着色としてよく使われます。

消化作用や新陳代謝の活性をよくする働きがあるともいわれ、体質改善や皮膚病にも用いられます。

カレーだけでなく、カレー味のお菓子も多く人気のスパイスです。

シナモン

ニッキとも言います。

樹皮からとれる精油には殺菌効果・活性作用があり、化粧品にも使用されます。

シナモンもお菓子やあめなど様々に使われ、人気があります。

シナモンパウダーでふりかけて使ったりします。

クローブ

胃腸のはたらきを高める作用もあり、生薬・芳香健胃剤として用いられます。

殺菌・消毒効果があります。

クローブはお肉の料理に使いますが、臭みを消したり、殺菌効果のために

使われています。

ショウガ

漢方薬としても用いられ、発散、健胃、保温、解熱、消炎、鎮吐などの薬効があるとされ、

日本でも、生姜は身体を温めて、免疫力を高めるため、風邪の療法によく用いられています

料理ではお豆腐、鍋物の薬味として、また餃子、チャーハン、中華料理など

広く使われています。また風邪を引いたとき、生姜湯を飲んで風邪を

治す方法があります。

タマネギ

消化促進作用があり、便通もよくし、コレステロールも抑えてくれます。

料理ではシチュウー、スープ、野菜炒め、カレーなど広く使われます。

ガーリック

疲労回復や体力増強に効果があり、

滋養強壮の効果もあるといわれています。

スパイスとしては大人気で、餃子、中華料理に使われています。

またサプリメントとしても人気があります。

赤唐辛子

薬として健胃薬、凍瘡・凍傷の治療、育毛など利用されています。

成分として含まれているカプサイシンは血行を促進し、身体を温める作用もあります。

料理ではキムチとして使われ、大人気です。またラーメンにも激辛ラーメンなどに使われています。

まとめ

スパイスは料理の味を良くし、人気のある料理に使われています。

また、美味しく食べることにより健康にも大きな効果があるのは

うれしいですね。

 

人気の通信教育はこちら

スパイス・調味料の資格が簡単に取得出来る通信講座。
スパイス

スパイス
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

スパイス資料 スパイス

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る