スパイスで高血圧予防!手軽に毎日取り入れる方法

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

高血圧に悩む方は多いと思います。そんな高血圧に悩む方だからこそ、おすすめしたいのがスパイスです。高血圧を予防するために必要なのは、減塩です。

高血圧といわれてる方は、ジャンクフードなどが好きな方も多く、お酒のおつまみも高カロリー、高塩分です。こういった食生活を続けてしまうと当然のことながら血圧は高くなりますし、体もどんどん悪くなっていきます。

そんな高血圧を心配なさっている方々にぜひおすすめしたいのが、スパイスなのです。ここでは、高血圧を予防するためのスパイスの賢い使い方を紹介します。

スパイスは血糖値をコントロール?

スパイス自体、血圧を上げることはありません。さらに、血糖値をコントロールする働きもあるので、健康効果も期待することができます。

また、ハーブも似たような働きがあることが分かっており、スパイスとハーブを両方摂取することで、より健康効果が期待できるのです。

普段の食生活に取り入れやすい!

スパイスを取り入れるといっても、なかなか普段は使わないという方も多いでしょう。だからこそ、注目したいのがスパイスを普段の料理に取り入れてしまうことです。

塩分過多が引き起こす高血圧は、ほとんどが食生活を改善すれば変わってきます。カップラーメン、ポテトチップスなどのジャンク系のフードを辞めるだけでなく、日常の食事にも気を使うほうが良いでしょう。

今まで、塩や醤油などを多く使ってきたところをスパイスに変えてみてください。スパイスであれば、刺激があるので味わいに深みが増したという感覚になるはずです。

実際、アメリカの栄養学の国際誌では、減塩の代わりにスパイスやハーブを利用した研究結果も報告されています。高血圧を予防するだけで、幅広い病気を未然に防ぐことができるのでおすすめです。

実際に取り入れてみよう!

毎日、少しづつスパイスを取り入れるといっても、ふりかけのように使ったりはできません。一体、どんな食事と合わせることが良いのでしょうか。まず、おすすめは煮物です。煮物が面倒という方が多いですが、野菜もたっぷり使えますし、大量に作ることによって二日以上持たすことも可能です。

煮物に七味をかけることもあるようですが、その容量でさまざまなスパイスを試してみましょう。特に、ブラックペッパーは味わいに刺激を与えるので、塩分が少なくても物足りないということはありません。もちろん、カレーや炒め物に使うこともおすすめです。

カレーの場合、スパイスを多く入れたところで味わいがおかしくなってしまうことはありません。肉野菜炒めであっても、ガラムマサラ、ターメリックなどを軽く混ぜ入れるだけで、むしろ美味しさが増すのです。さらに、みそ汁にスパイスを入れるのもおすすめです。盲点かもしれませんが、山椒や七味も立派なスパイスです。また、ちょっとだけ唐辛子を入れてしまうのも良いでしょう。

普段使いしやすい!

このように、難しいと思っていたスパイスも、普段の生活に取り入れやすいことが分かったと思います。血圧が急激に上がってしまうことを防げるだけでなく、健康効果も期待できるのであれば、一石二鳥でしょうい。減塩を目的に、毎日スパイスを少しづつ取り入れた、刺激的で健康的なスパイスライフをはじめてみてはいかがでしょうか。

人気の通信教育はこちら

スパイス・調味料の資格が簡単に取得出来る通信講座。
スパイス

スパイス
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

スパイス資料 スパイス

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る