キッチン周りをオシャレにするスパイス入れの選び方

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

ご家庭の料理に独特な風味を付けたり、ガツンとエスニック風味にしたり、お菓子作りにも使えたり、キッチンにあると何かと頼もしいのがスパイスです。

しかし、スパイスは香りや味わいだけが特徴ではありません。

茶褐色・赤・深い緑など、エキゾチックな色彩を持った様々なスパイスが存在するように、“色”にも着目できるのがスパイスなのです。

今回は、この色を活かしてスパイスをおしゃれに、便利に収納できるスパイス入れについてご紹介していきたいと思います。

 スパイスの色を見やすくする

スパイスは市販のものから無色透明なビンに移し替えて、木製の小さじスプーンを入れておくことをおすすめします。

スパイスがもたらす色彩を、ちゃんとクリアに見えるようにするためです。

穴のついたビンで適量振りかけるのではなくスプーンですくって素早く計量すると機能的ですし、鮮やかなスパイスが入ったビンに木のスプーンが添えられている見かけは、おしゃれなインテリアのように見栄えします。

模様付きのマスキングテープにスパイスの名前を書いたものをビンに貼って管理するのも素敵です。

個人差はあると思いますが、色が印象に残る管理をしていると、スパイスの色と香りだけで種類が判断できるようになります。

 キッチンにはスパイス専用のスペースを確保する

スパイスをビン詰めたら、今度はラックを使ってスパイス専用のスペースを作るとより本格的になります。

キッチン用スパイスラックは雑貨ショップや家具屋で購入することもできますし、コストを気にするなら100均のウッドボックスでも十分に機能します。

機能だけではなくオシャレに突き通したいなら、ラックにはレンガ調や木目調の壁紙を貼ると西洋のカフェのような雰囲気に早変わりします。

壁紙も100均で購入できてしまうので、一番安くするなら100均だけで全ての材料を揃えることができます。

せっかくスパイス用のラックを用意するのですから、段によって「この段は香りづけ」「この段は色付け」など用途や使用頻度によって使い分けると便利ですね。

スパイスの種類が増えてくると、エキゾチックなスパイスの市場の一角のような美しい景観が楽しめるようになります。

 アウトドア好きの方には

キッチン周りをオシャレに飾るほどのスパイス好きに向けたおまけ情報なのですが、スパイス入れには持ち運びタイプというのも存在します。

休日のキャンプなどのアウトドア先でもお料理は欠かせない醍醐味です。

スパイスは肉や魚に振りかけて焼くと臭い取りになると同時に、豊かな風味づけを実現します。

アウトドアといえば、釣りやバーベキューが肉や魚を自然の中で楽しむ一大イベントです。

アウトドアにスパイスを持ち込むのは是非ともオススメします。

スパイスのビンが綺麗に収納できるポケットが複数ついている、スパイス専用の持ち歩きボックスはアウトドア専門店で購入することができます。

まとめ

お部屋の中で衣服、書籍、食べ物など、それぞれの収納スペースを分けることが効果的なように、キッチンにもスパイス専用のスペースを作ってあげましょう。

何でも言えることですが、整理整頓がきちんとされていれば気持ちよく使うことができます。さらにスパイスの色合いを生かしてちょっとしたインテリアのようにしてしまえば、日々のお料理とスパイスが綺麗に融和して、生活のちょっとした楽しみにランクアップします。

人気の通信教育はこちら

スパイス・調味料の資格が簡単に取得出来る通信講座。
スパイス

スパイス
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

スパイス資料 スパイス

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る