身体も心もすっきり!スムージーで行う断食のやり方

身体も心もすっきり!スムージーで行う断食のやり方

ダイエットや健康維持に効果があると言われる断食。一度はやってみたいけど、ハードルが高いと考えている方も多いのではないでしょうか。実はスムージーを活用すれば、断食は自宅でも簡単に行うことができます。今回はスムージーで行う断食のやり方についてご紹介します。

スムージーで行う断食とは?

それでは、スムージーを使った断食とはどのようなものなのでしょうか。

断食は基本1日

スムージーを使った断食の場合、基本的には断食するのは一日だけ。通常の断食の場合、三日から一週間ほどの期間断食を行いますが、生活や仕事と両立することを考えた場合、これほどの長期間はなかなか難しいもの。というのも、断食は食事を食べないということ。そのため、普段よりも肉体的・精神的な活動レベルは低くなります。こういった状態で外に働きに出かけたり、家事を行ったりするのはあまりおすすめできません。

また、断食はどうしても空腹を感じるため、ついつい何かを食べてしまうということがありがちなもの。外に出てしまうと、どうしても食べ物を目にする機会が多くなり、結果として断食に失敗してしまいます。

そのため、まず断食を行うときには、一日だけにしておきましょう。

準備期・断食期・回復期の3日間で行う

断食は準備期・断食期・回復期の3日間で行います。準備期とは、断食に備えて身体の状態を整えること。普段、カロリーや糖分の多い食事に慣れている人がいきなり何も食べなくなってしまうと、低血糖症になり失神してしまうことがあります。そのため、まず少しずつ食べる量を減らして、断食に備える時間が必要です。

断食期は実際に断食を行う時間。固形物を食べない以外には、いつも通り過ごしても構いません。軽い運動などを行うと、ダイエットに効果があるだけでなく、空腹を紛らわせるという効果もあります。

回復期は断食の状態から普段の状態に身体を戻すための時間です。断食は消化器官が働いていない状態なので、いきなり普通の食事を食べると胃腸に負担がかかってしまいます。そのため、できるだけ消化のいいものをゆっくりと摂取して、身体を普段の状態に戻すことが必要です。

断食中もスムージーは飲んでOK

スムージーを使った断食の場合、断食中はスムージーを飲んでも構いません。通常の断食の場合、断食の期間は水以外の飲食物を口にすることはできませんが、スムージーを使った断食では、スムージーと水はOKとなっています。

つまり、断食といってもきちんと栄養を補給できるため、スムージーを使った断食は取り組みやすく、続けやすいということができるでしょう。

スムージー断食のメリット

それでは、スムージーで断食を行うと、どんなメリットがあるのでしょうか。

ダイエットサポートとは別に便秘改善、美肌効果がある

スムージーは栄養が豊富なことで知られています。そのため、ダイエットサポートとは別に、様々な健康効果をもたらしてくれます。

代表的なのが便秘改善。スムージーは野菜や果物をまるごとミキサーにかけて作るため、通常の食事に比べて、はるかに食物繊維を多く含んでいます。食物繊維は脂肪や糖分を絡め取って体外に排出してくれるだけでなく、腸内に生息する腸内細菌のエサとなることで、腸内環境を良好な状態に保ってくれる効果もあります。

便秘改善と同様に見逃せないのが美肌効果です。スムージーは加熱を行わないため、普通の調理では失われるビタミンをそのまま身体の中に取り入れることができます。特にビタミンA、ビタミンC、ビタミンEなどはそれぞれ美肌を保つのに欠かせない存在ですが、これらのビタミンを含んだ野菜やフルーツを活用することで、高い美肌効果をもたらしてくれます。

特に断食中は、胃腸が空になっているため、栄養素を吸収しやすい状態。そのため、スムージーを活用して断食を行うと、普段よりも高い効果を得ることができます。

美味しく行える

スムージーのメリットは、健康への効果だけではありません。スムージーの魅力はなんといっても美味しいこと。どれほど身体にいい飲み物や食べ物であっても、美味しいと感じられなければ長続きすることはできません。しかしスムージーの場合、自分好みの野菜や果物を加えることで、美味しいと感じる味を調整することもできます。

また、断食中は味覚が敏感になっているため、普段よりもしっかりと味を感じることができ、スムージーの美味しさもさらにアップします。

空腹のストレスが軽減される

断食の最大の敵は「空腹」。空腹を感じると、どうしても落ち着かなくなったり、いらいらしたりと精神面に悪影響が出るもので、断食を経験した人の中には、断食は効果的だと感じるけれど、精神的なストレスのせいでやりたくないと考えている人も少なくありません。

しかし、腹持ちのよいスムージーであれば、空腹を感じることも少なく、より簡単に断食を続けることができます。そのため、断食に対する悪い印象もなくなり、断食を気軽に生活に取り入れることも簡単になります。

スムーズ断食のやり方

では、具体的にはスムージーを使った断食はどのように行えばよいのでしょうか。

1日目 … 朝昼は軽めに食べる、夜は抜くorスムージー

準備期となる1日目は、朝昼はやや軽めの食事をとりましょう。1日目は身体を断食に備えた状態にすることが必要なので、夜は抜くか、スムージーだけにしておきましょう。

2日目 … 3食スムージー

2日目からはいよいよ本格的な断食に入ります。三食の食事はすべてスムージーとなります。ただし、あまりにも空腹を感じた場合などには三食とは別にスムージーを摂取しても構いません。また、身体に不調を感じたときには断食を中止すること。せっかく断食をしても、体調を崩してしまうと意味がありません。

3日目 … 朝はスムージー、昼夜は胃腸に優しいスープなど

回復期となる3日目は朝はスムージー、昼と夜は胃腸に負担のかからない食事を摂取しましょう。特におすすめはスープやおかゆ。お腹が減っているからと急いで食べるのではなく、ゆっくりと食べることで胃腸への負担を減らすことができます。

グリーンスムージーで行うのがおすすめ

スムージーを断食に取り入れる場合、葉野菜を豊富に使ったグリーンスムージーで行うのがおすすめです。グリーンスムージーは食物繊維やビタミン、ミネラルが豊富なだけでなく、独特の甘ったるさや匂いがないため、断食中でも口当たりよく飲むことができます。

行う時の注意点

誰でも簡単に取り組むことができるスムージーを使った断食ですが、実際に行うときにはいくつか注意したいポイントもあります。

スムージーとは別に水分補給をしっかり行う

断食中には普段よりも多い水分が必要になります。そのためスムージーとは別にしっかり水分補給を行いましょう。目安となるのは一日2リットル。しっかりと水分を補給することで、デトックス効果を高めることができます。

長時間の入浴、激しい運動は避ける

断食中は、摂取エネルギーが極めて少ない状態です。そのため、カロリーを激しく消費する行動は控えたほうがよいでしょう。運動だけではなく、意外に盲点となりやすいのが入浴。入浴は思っているよりもはるかに高いエネルギーが必要になります。長時間の入浴や、熱いお湯に入ることは避けて、ぬるめのお湯で軽めに済ませましょう。

まとめ

スムージーを取り入れた断食は取り組みやすく、デトックス効果もあっておすすめです。興味がある方は、週末にでも試してみてはいかがでしょうか。

通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ
資格・検定の一覧

人気の通信教育はこちら

スムージーの資格が簡単に取得出来る通信講座。
スムージー

スムージー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

スムージー資料 スムージー

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ