スムージーとは?スムージーの定義とジュースとの違い

スムージーとは?スムージーの定義とジュースとの違い

野菜や果物をたっぷり摂取できることから大人気のスムージー。女性の中には試してみたい、もう習慣に取り入れているという方も多いはず。しかし、改めて考えるとスムージーとジュースはどこがどのように違うのでしょうか。今回はスムージーの定義や、ジュースとの違いについてご紹介します。

スムージーとは?

すっかりおなじみになったスムージーですが、そもそもスムージーとはどのような飲み物のことを言うのでしょうか。

氷を加えたり凍らせた野菜や果物をミキサーにかけた飲み物の総称

スムージーとは、野菜や果物を組み合わせて作るドリンクです。伝統的なレシピでは、凍らせた野菜や果物をミキサーにかけて作るものでした。しかし、時代によってレシピも変化して、現在では素材を凍らせず生のまま氷とミキサー―にかけることが主流になっています。

スムーズな食感になるところからスムージーと言われる

スムージーの特徴はなめらかでスムーズな食感とのど越しですが、このスムーズな食感がスムージーの名前の由来だと言われています。もともと、スムージーを作るときには、野菜や果物を中心に、牛乳やアイスクリーム、ヨーグルトとハチミツやガムシロップなどの甘味を加えてミキサーにかけていたため、単に野菜や果物だけをミキサーにかけたときよりも、なめらかになるのもスムージーの特長です。

アメリカ発祥のドリンク

今では日本にも健康的なドリンクとして定着したスムージーですが、実はかなり歴史のある飲み物です。スムージーが誕生したのは、なんと今から約100年前。アメリカの西海岸にあった健康食品の店で、1920年代に作られたのがきっかけと言われています。

当時のアメリカは電化製品が大幅に広まり始めた時代。主婦の仕事を助けてくれるジューサーやミキサーも一般家庭に普及したことから、スムージーも家庭でひんぱんに作られるようになりました。また、当時の販売方法は店頭での実演販売が中心でしたが、そのときに作られていたのがスムージー。面倒なスムージーもすぐに作ることができるということから、ミキサーやジューサーが大ヒット、ジューサーやミキサーをアメリカの家庭に広めた立役者はスムージーだということもできます。

ただし、当時のスムージーは甘くして飲むのが一般的。今のような健康的な飲み物というよりも、シェイクのような感覚で飲まれていたものでした。

それが変化するのは二十一世紀に入ってから。アメリカの主婦が葉野菜などをふんだんに使ったグリーンスムージーを考案、野菜不足を補って家族の健康や女性の美容に役立つと人気が広がりました。

日本でも2010年ごろから健康に役立つスムージーが上陸、モデルやタレントの間で話題になり、次第に多くの人に浸透していきました。

スムージーとジュースの違い

意外に古い歴史のあるスムージー。では、スムージーとジュースはどのような違いがあるのでしょうか。

スムージーの特徴

スムージーのもっとも大きな特徴は、ミキサーを使って野菜や果物をまるごと使うということ。もちろん野菜や果物はすべて使用するため、皮や種も取り除かずミキサーに入れます。また、作るときに水を加えるのもスムージーの特徴のひとつ。というのも、種や皮の部分は繊維質が豊富に含まれていることや、水分が少ないこともあり、そのままではどうしても粘度が高く飲みにくくなってしまいます。

なお、すでにご紹介したように、アメリカで生まれた当時のスムージーは牛乳やアイスクリーム、氷を加えることもあった、どちらかというと冷たいデザートやお菓子のような感覚で楽しむ飲み物。

やがて健康に気を使ったり、野菜不足を補ったりといった目的で飲まれるようになってからは、牛乳やアイスクリームがプラスされることもなくなりましたが、現代では身体を冷やすとよくないということで、氷ではなく水が使われることも多いようです。

また、野菜や果物をまるごと使うため、スムージーを作るときにはハイパワーのミキサーが必要になります。通常のミキサーの場合、種や皮を粉砕しきれず、口当たりが悪くなってしまいます。このハイパワーのミキサーを使うというのも、スムージーとジュースの違いです。

ジュースの特徴

一方の野菜ジュースは、スムージーとは異なり種や皮を使用することもありません。ジューサーを使い、果肉のみを使う、または果汁を絞り出すというのがジュースの作り方。

そのため、すでに十分な水分が含まれていて、作るときに氷や水を加える必要がありません。なお、スムージーもジュースも作るときに熱が加わることはありませんが、市販されているものの場合、安全性や保存性を高める必要があるため、熱処理や添加物が加えられることもあります。

スムージーのメリット

スムージーもジュースも、野菜や果物を使うという点では共通しています。では、ジュースと比べた場合、スムージーならではのメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

食物繊維を豊富にとれる

スムージーの大きなメリットは、食物繊維を豊富に取れるということです。野菜でも果物でも、果肉に比べて皮や種は食物繊維が非常に豊富。また、ジュースの場合には、ジューサーで野菜や果物を絞り、口当たりが悪くなる部分は取り除いてしまうため、ほとんど食物繊維が残りませんが、スムージーは丸ごとの食材を口にするため、しっかりと食物繊維を摂取することができます。

少し前まで食物繊維は「食べ物のカス」と考えられていましたが、現在では食物繊維には腸内環境を整えたり、食欲を抑制したり、血糖値の上昇を抑える働きがあることが分かっています。また、食物繊維には水溶性のもの、不溶性のものの二種類があり、これらをバランスよく摂取することが必要ですが、ジュースの場合には口当たりが悪くなるため不溶性の食物繊維は取り除かれてしまいます。しかしスムージーであれば、野菜や果物に含まれる二種類の食物繊維を摂取できるため、積極的に食物繊維をおぎないたいという場合に最適です。

皮や種などに含まれる栄養素もしっかりとれる

スムージーは野菜や果物をまるごとミキサーにかけて作りますが、実は皮や種には果肉よりも豊富な栄養素が含まれている場合があります。たとえば、ブドウの場合、皮にはポリフェノールの一種であるアントシアニンが含まれています。アントシアニンは活性酸素を除去し、若さを保つ働きがあるだけでなく、コレステロールを防ぐ、血液をさらさらにするといった効果も期待できます。このほかにも、リンゴやオレンジなど、皮と種に豊富な栄養を持っている食材は少なくありません。

普段は捨ててしまうこれらのものに含まれる栄養素をしっかり摂取できるのもスムージーの魅力です。

苦手な野菜も摂りやすい

子どもはもちろん、大人でも苦手な野菜があるという人は多いもの。しかし、スムージーであれば野菜と果物を上手に組み合わせることで、苦手な野菜も摂取しやすくなります。

また、野菜が苦手な人の中には、野菜を見ただけで拒否反応を示す人もいますが、完全に液体になっているスムージーであれば、先入観を持つ心配もありません。

まとめ

スムージーは様々なメリットがある飲み物で、手軽に作れることもあって健康維持にはおすすめです。ちょっと身体のことが気になっているという方は、毎日の生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

スムージーの資格が簡単に取得出来る通信講座。
スムージー

スムージー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

スムージー資料 スムージー

スムージーについて

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ
string(12) "not excludes" string(10) "cat is obj"