こんなにあった!スムージーの種類について

こんなにあった!スムージーの種類について

野菜や果物をたっぷり摂取できるスムージーは女性に人気のドリンクですが、実はスムージーには様々な種類があることをご存じでしょうか。今回は目的別や色、タイプなど、スムージーの種類についてご紹介します。

スムージーの種類

野菜や果物をまるごと使用して、種や皮に含まれる栄養もきちんと摂取できるスムージー。では、スムージーにはどんな種類があるのでしょうか。

組み合わせによって種類は無限大

実はスムージーには決まった作り方はありません。好きな野菜、好きな果物をミキサーにかけると、それで立派なスムージーになります。さらに野菜や果物を組み合わせたり、ワンポイントで味を引き立てる素材を使用したりすることで、味のバリエーションは無限大に広がります。

このように、自分の味の好みや、摂取したい栄養素によって様々な種類のドリンクを使えることもスムージーの魅力です。

味や好み、目的に合わせた種類選びがポイント

基本的に、生で食べられる野菜ならなんでもスムージーの素材として使うことができます。

そのため、最初にスムージーを作るときにはどんな野菜や果物を使ったらいいか目移りしていまいますが、そういった場合には自分の味や野菜などの好みで素材を選ぶのがポイント。

苦手な野菜でも、柑橘系のフルーツと組み合わせれば青臭さなどが消えることもあるため、組み合わせも重要になります。

また、お肌をキレイにしたい、ダイエットに役立てたいといった、目的別に効果的なスムージーを選ぶというのも良い方法です。

目的に合わせたスムージーの種類

それでは、目的に合わせてスムージーを選ぶときにはどのようなポイントに注意すればよいのでしょうか。

美容系スムージー

スムージーの中でも一番人気があるのが美容系のスムージーです。スムージーは基本的には過熱を行わず、水と素材をミキサーにかけて作る飲み物。そのため、加熱すると壊れてしまう酵素やビタミンを効果的に摂取することができます。美容系のスムージーを選ぶときには、栄養素に注目するのがポイント。特にビタミンCやビタミンA、ビタミンEなどを含んだ野菜や果物をチョイスするとよいでしょう。

ヘルシースムージー

スムージーには様々な効果が期待できますが、特に重要なのは食物繊維。スムージーは野菜ジュースなどとは異なり、皮や種も丸ごと使って作るドリンクですが、野菜や果物の皮や種には豊富な食物繊維が含まれています。食物繊維は腸内環境を整えて、血糖値をコントロールするときに非常に重要な存在。また、腸は第二の脳とも言われるように、神経伝達物質の分泌にも重要な役割を果たしています。つまり、スムージーを日常的に摂取することは、身体全体の健康を維持する上でも役立ってくれます。

ダイエット系スムージー

女性の中にはダイエットで悩んでいる方も少なくありませんが、スムージーはダイエットにも心強い存在です。スムージーは野菜や果物をたっぷり摂取できるだけでなく、食物繊維も豊富なので腹持ちもよく、ダイエットには大敵の空腹感を感じることも少なくなります。ただし、ダイエットでスムージーを摂取するときは、糖質の撮りすぎには注意しましょう。野菜や果物の中には、意外に糖質が多いものもあるため、食材のチョイスには注意が必要です。

フルーツスムージー

スムージーというと野菜が中心というイメージがありますが、実はフルーツだけを使うという作り方もあります。フルーツの場合、好き嫌いが少なく、冷凍フルーツも多く販売されているため、手軽で簡単にスムージーを楽しむことができます。

また、フルーツスムージーは誰でも飲みやすく、スムージーを体験したことがない初心者にもおすすめです。

カラースムージーの種類

野菜や果物などには、それぞれ異なる色がありますが、実はこの色もスムージーにとっては重要な存在。色によって異なる野菜や果物のパワーを最大限に活かしたカラースムージーをご紹介します。

グリーンスムージー

スムージーの中でも、最もポピュラーなのがグリーンスムージーです。グリーンスムージーにはケールや小松菜などの葉物野菜が使われ、鮮やかなグリーンになるのが特徴です。

強い香りが好きな場合は、春菊やピーマン、ニラなどの素材もおすすめです。

レッドスムージー

レッドスムージーは美容に良いと最近注目されているスムージーです。使われるのはトマトやパプリカといった素材で、抗酸化作用を持ったリコピンなどを含んでいるため、美白や美肌、アレルギー緩和などに効果があると言われています。

その他にもイチゴやクランベリー、ザクロなどを使用すると、美容によいだけでなく飲みやすいスムージーになります。

オレンジスムージー

免疫力アップや疲労回復に役立つ栄養素が豊富なのがオレンジスムージーです。オレンジスムージーには、体内に入るとビタミンAに変わるカロテンや、ビタミンが豊富な食材が使用されているため、ちょっと疲れ気味の人や、糖尿病などの生活習慣病が気になる方には最適です。素材にはニンジンやかぼちゃ、ミカン、マンゴー、パパイヤなどが使われますが、糖分が多い素材を使う場合には飲みすぎには注意しましょう。

イエロースムージー

イエロースムージーも美肌効果が期待できるスムージーです。イエロースムージーにはニンジン、レモン、パインナップルなどが使われますが、これらの食材には抗酸化作用が豊富な栄養素が多く、お肌の調子を整えたい方や、日焼けをしてしまった方におすすめです。また、ビタミンCも豊富なので、体調を整えたいという方にも最適です。

イエロースムージーに使われる素材には、ミカンやバナナ、イエローパプリカなどもあり、クセが強くなく、誰でも飲みやすいというメリットもあります。

パープルスムージー

パープルスムージーの特徴はなんといってもアントシアニンが含まれる食材が多いこと。アントシアニンは眼精疲労の改善や抗酸化作用があり、美容にはもってこいの栄養素。また、ポリフェノールを豊富に含んでいるものも多く、美肌やお肌の弾力性アップも期待できます。

パープルスムージーにはブルーベリーやカシス、ブドウ、プルーン、アサイーなどが使われますが、これらの食材はそれぞれアンチエイジングのために役立つものとして知られているため、すべてミックスしたスムージーは美容に強い効果をもたらしてくれるでしょう。

ブラックスムージー

黒い食材というと、ちょっと抵抗がある方もいるかもしれませんが、実はブラックスムージーは美容やダイエットにおすすめ。というのも、ブラックスムージーに使われる食材はアンチエイジング効果や糖の吸収を抑える効果、脂肪燃焼を高める効果など、女性にはうれしいものばかり。ブラックスムージーにはブラックベリーやアメリカンチェリー、黒ゴマなどがあり、女性にとってはうれしいスムージーといえるでしょう。

市販のスムージーの種類

スムージーは基本的には家庭で作るものですが、現在はそのまま飲める形で市販されているものもあります。

特にペットボトルやパック容器に入ったものは、作る手間やミキサーを洗う必要もないため、非常に便利。

また、水に溶かして飲める粉末タイプなどもあるため、忙しい方や、まず試してみたいという方におすすめです。

まとめ

目的や色など、スムージーには様々な種類があります。といっても、作り方にルールなどはありません。まずは自分好みの素材を作ってスムージーを楽しんでみましょう。

通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ
資格・検定の一覧

人気の通信教育はこちら

スムージーの資格が簡単に取得出来る通信講座。
スムージー

スムージー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

スムージー資料 スムージー

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ