焼酎セレクトアドバイザー
資格試験概要・過去問題集

焼酎セレクトアドバイザー資格概要

焼酎セレクトアドバイザーとは、焼酎の特徴や製法などに関する知識だけでなく、選定方法、飲み方、グラスの選び方、焼酎に合わせた料理の選び方など様々な知識を有し、かつアドバイスできる知識を習得した方に認定される資格です。日常の料理と合わせて楽しむ焼酎の選び方や、原材料や味によって合わせる飲み方の提案、焼酎を楽しむためのおもてなしや雰囲気の作り方、焼酎を使ったオリジナルの酎ハイなどを作る知識も有していることが必要となります。資格取得後は、飲食関係やお酒を提供する場でのお仕事はもちろん、日常の晩酌に焼酎を取り入れて楽しむことも可能です。
焼酎セレクトアドバイザー
主催団体日本インストラクター技術協会(JIA)主催
受験資格特になし
受験料10,000円(税込み)
受験申請インターネットからの申込み
受験方法在宅受験、期日までに解答用紙を提出
合格基準70%以上の正答率
今資料請求されると通信講座徹底ガイド本を無料でプレゼント致します!

焼酎セレクトアドバイザー試験問題

【問】
次の文章の( ) を埋めなさい。

・焼酎の飲み方の「生」とは、( ① )のことです。
・ロックで焼酎を楽しむ場合、最も良いと言われるのは( ② )焼酎です。
・酎ハイに使われるのは( ③ )焼酎です。
・焼酎をカクテルに使う場合、( ④ )がない物が使いやすいです。
・グレナデンシロップと焼酎、ライムジュースで作るカクテルを( ⑤ )と言います。
・焼酎のテイスティングを行う際、背景の白い場所で( ⑥ )を確認します。
・焼酎をテイスティングする際、( ⑦ )口に含んで味を確認します。
・みりんは、焼酎をベースに( ⑧ )を加えて熟成させたものです。
・19世紀ごろの琉球王朝で使われていた、くびれがある瓢箪のような形の酒器を( ⑨ )と言います。
・ソラキュウとは、主に( ⑩ )県で使われる酒器です。

【解答】
①ストレート ②黒糖 ③甲類 ④くせ ⑤ショウチュウダイキリ
⑥色 ⑦少量 ⑧もち米 ⑨ユシビン ⑩熊本
【問】
次の文章の( ) を埋めなさい。

・日本で最初に起こった焼酎ブームは、( ① )年代の甲類焼酎ブームです。
・アメリカでウォッカが流行したのは、さまざまな( ② )に使えるからと言う側面もありました。
・焼酎は原料に( ③ )があれば、何でも造ることが可能です。
・つんぶりとは( ④ )焼酎のことです。
・クマ笹焼酎の主な原材料は( ⑤ )です。
・伊豆諸島は米麹ではなく( ⑥ )を使って芋焼酎を作ります。
・昭和40年代までは清酒の甘口と辛口は酒の( ⑦ )で測られていました。
・米焼酎や麦焼酎も酒類によっては甘く焦げたような味わいを感じるため( ⑧ )口 と判断されることがあります。
・壱岐焼酎は( ⑨ )時代には既に造られていました。
・黒糖焼酎は日本の( ⑩ )とも言われます。

【解答】
①昭和20 ②カクテル ③でんぷん質 ④粕取り ⑤米
⑥麦麹 ⑦比重 ⑧甘 ⑨江戸 ⑩ラム酒

上記は資格認定試験の過去問題の一部です。

資格対策講座では更に多くの過去問題や試験対策を扱っており、
専属講師の質疑応答サポートも!

焼酎セレクトアドバイザー資格対策講座

焼酎セレクトマイスターW資格取得講座
初心者からでも大丈夫。最短2ヶ月で2資格取得!
焼酎セレクトマイスター教材

受講証、受講マニュアル、完全攻略テキスト、練習問題集/解答用紙、練習問題解答集、模擬試験/解答用紙、模擬試験解答集、添削課題/提出用解答用紙、質問用紙、封筒

期 間6ヶ月(最短2ヶ月)添 削5
受講料一括 59,800円 分割3,300円×20回(初回4,276円)
焼酎セレクトマイスターW資格取得スペシャル講座
試験免除講座100%2資格取得!!今すぐに資格が欲しい方に!
焼酎セレクトマイスター教材

受講証、受講マニュアル、完全攻略テキスト、練習問題集/解答用紙、練習問題解答集、模擬試験解答用紙、模擬試験解答集、添削課題/提出用解答用紙、質問用紙、封筒、卒業課題

卒業試験 卒業試験(提出にて資格認定)

期 間6ヶ月(最短2ヶ月)添 削5回 卒業課題+1回
受講料一括 79,800円 分割3,800円×24回(初回3,891円)

3年連続口コミ評判ランキング1位を獲得した人気の通信教育!!

さあ,あなたも今すぐ資料請求を!

今資料請求されると通信講座徹底ガイド本を無料でプレゼント致します!
ページトップへ