焼酎資格取得講座 | 通信教育講座・資格の諒設計アーキテクトラーニング

0120-757-592
(平日9:30〜18:00)
0120-757-592
(平日9:30〜18:00)
実はまったく違う!焼酎と日本酒の違いについて
講座コラムの資格

焼酎ソムリエW資格取得講座

焼酎ソムリエ

実はまったく違う!焼酎と日本酒の違いについて

焼酎や日本酒は日本を代表するお酒です。よく似たお酒だと思っている方もいらっしゃいますが、焼酎と日本酒はまったく異なる存在。今回は焼酎と日本酒の違いについてご紹介します。

実はまったく違う!焼酎と日本酒の違いについて
目次

01焼酎と日本酒の違う点とは?

焼酎と日本酒は、見た目はそっくりのお酒。しかし実は様々な点で違いがあります。

1-1原料

焼酎と日本酒の大きな違いは原料です。日本酒の場合、原料はお米と米麹ですが、焼酎には米だけでなく、芋や麦など様々なものが用いられ、原料によって「米焼酎」「麦焼酎」などのように呼び方が変わることもあります。
また、使用される原料によって、香りや味なども大きく異なります。
さらに米焼酎と日本酒は、使用する米の種類などによっても味わいが変わります。

1-2米焼酎と日本酒の違う点

それでは、同じ米を原料にした米焼酎と日本酒ではどのような点が異なるのでしょうか。
米焼酎と日本酒は、同じ原料を使用していることから似た存在と思っている方も少なくありませんが、実は製造方法やアルコール度数はもちろん、飲み方や味わいなどがまったく異なります。
さらに含まれているカロリーや糖質の量、二日酔いになりやすいかどうかという部分にも差があるもの。
見た目は無色透明であるという点を除けば、まったく異なるお酒ということができます。

02焼酎と日本酒の製造方法の違い

焼酎と日本酒の違いの中でも、まず大きく異なるのが製造方法です。

2-1日本酒は醸造酒

日本酒は米から作られますが、そのときに必要になるのが米麹。米麹は原料に含まれているでんぷんを糖分に分解、さらにアルコール発酵によって誕生するお酒です。
このように米麹など酵母の力によって糖分からアルコールを作るお酒のことは「醸造酒」と呼ばれています。

2-2焼酎は蒸留酒

日本酒が醸造酒なのに対して、焼酎は「蒸留酒」に分類されます。蒸留酒とは、アルコールを含んだ液体を一度加熱する「蒸留」という工程によって作られるお酒のこと。
アルコールを含んだ液体は、一度加熱することで不純物が取り除かれ、アルコールの純度も増していきます。

03焼酎と日本酒のアルコール度数

焼酎と日本酒の大きな違いはアルコール度数にも現れます。
日本酒のアルコール度数はおおよそ15度前後。それに対して焼酎のアルコール度数はおおよそ25度から40度前後と、日本酒に比べると焼酎はアルコール度数が高いのが特徴です。
これは日本酒と焼酎の製造過程の違いに由来しています。
すでに説明したように、日本酒は醸造によって作られるのに対して、焼酎は蒸留によって作られるもの。蒸留を繰り返すことで、アルコールだけが摘出されていくため、結果として高いアルコール度数のお酒となります。

04焼酎と日本酒の飲み方・味わい

焼酎と日本酒は、アルコール度数はもちろん、味わいも大きく異なります。そのため、飲み方にも違いが生まれます。

4-1日本酒

日本酒は比較的アルコール度数の低いお酒。そのため、通常では水で薄めることはありません。また、繊細な味わいが特徴なので、一般的には炭酸やジュースなどを加えて楽しむということもありません。
稀にアルコール度数の高いものに氷を入れたり、カクテルの素材として使われたりといったこともありますが、それらはどちらかといえば例外ということができます。
さらに日本酒は温度によって舌ざわりや風味、味わいが変わるという特徴もあります。
同じ温めるにしても熱燗や人肌、ぬる燗などの種類があり、温度によって香りや風味を楽しむことができます。

4-2焼酎

一方、焼酎はアルコール度数が高いこともあり、氷を入れたり、水やお湯などで割って飲まれることが多いお酒です。
といっても、日本酒に比べて風味が劣るというわけではなく、こちらも温度によって味わいが変化するため、様々な楽しみ方ができます。
また、クセのない焼酎の場合、サワーやジュースなどで割って楽しめることも特徴。
特に連続式蒸留機で蒸留を行う焼酎甲類はクセが少なく無色透明で、酎ハイやサワー、カクテルとして人気があります。

05焼酎と日本酒の糖質とカロリー

ダイエットをしている方にとって、気になるのがお酒の糖質やカロリーです。それでは焼酎と日本酒では、糖質とカロリーにはどのような違いがあるのでしょうか。
一般的に、日本酒はカロリーも糖質も高いお酒というイメージ。確かに、日本酒は醸造酒なので含まれる糖質も多いもの。
一方、焼酎の場合、蒸留を行う家庭で不純物や糖質が取り除かれるため、糖質に由来するカロリーは低くなります。
しかし、アルコールは焼酎のほうが高いため、同じ量で比べた場合、焼酎のほうがカロリーは高くなります。
また、日本酒のほうが低カロリーとはいっても、飲む分量を考えると、摂取するカロリーはどちらもあまり変わらないということができます。
ただし、日本酒の場合のカロリーは糖質が中心。辛口のお酒の場合、残糖量が少なく、糖質由来のカロリーは少なくなります。そのため、カロリーよりも糖質が気になるという人は焼酎を選んだほうが良いかもしれません。
もし焼酎を選ぶ場合、どのような飲み物で割るかにも注意が必要です。
焼酎を割って飲む場合、ジュースや炭酸飲料を使用すると、その割り材によってカロリーが大幅に増加してしまうこともあります。
また、アルコールを飲んでいると食欲が刺激されて、ついおつまみを食べ過ぎてしまうため、カロリーを気にする人は飲み物だけでなく、食べ物にも注意することが必要です。

06焼酎と日本酒の二日酔いのなりやすさの違い

お酒を楽しむ人にとって、悩みの種になるのが二日酔いです。では、焼酎と日本酒では、二日酔いのなりやすさに違いはあるのでしょうか。

6-1日本酒

お酒を飲む人の中には「日本酒のほうが焼酎より二日酔いになりやすい」という話を聞いたことがある方も多いかもしれません。
これは日本酒が醸造酒ということに由来しています。
醸造酒は原材料を酵母などによって発酵させて作るお酒。シンプルな作り方であるため、出来上がったお酒の中には未分解の糖質や、不純物がそのまま残ってしまうことがあります。
また、一口にアルコールといっても、その成分には様々な違いがあるもの。醸造酒の場合、複数のアルコール成分が残りやすく、その分、代謝にも時間がかかることがあります。
日本酒にも、複数のアルコール成分や未分解の糖質、不純物が残っているため、二日酔いになりやすいと考えられます。
なお、日本酒には甘口と辛口がありますが、糖がしっかり残っている甘口に比べて、残糖量の少ない辛口のほうが二日酔いになりにくいと言われています。

6-2焼酎

一方、焼酎は蒸留を繰り返して作られるもの。蒸留の過程でアルコール度数は高くなりますが、不純物や糖質が取り除かれ、アルコールの成分もシンプルになっていきます。
そのため、体内での代謝もすぐに行われることとなり、日本酒に比べ二日酔いになりにくいと言われています。
ただし、焼酎はアルコール度数自体が高いもの。そのため、飲み過ぎる可能性もあり、適量を越えて摂取すると二日酔いを起こしやすくなります。
また、二日酔いにはお酒の種類だけでなく、その日の体調やしっかり水分を摂取しているかどうか、お酒だけを飲んでいないかなどが重要です。

07まとめ

どんな食事ともぴったりマッチする焼酎や日本酒。それぞれの特徴を知っていると、さらにお酒を美味しく楽しむことができるかもしれませんね。

20,000人以上が受講申し込みしている諒設計アーキテクトラーニングの通信講座
あなたも早速受講して、資格を取得しましょう!
あなたも資格取得へ!
諒設計アーキテクトラーニングの通信講座で最短資格取得
無料資料請求
受講お申し込み