焼酎資格取得講座 | 通信教育講座・資格の諒設計アーキテクトラーニング

0120-757-592
(平日9:30〜18:00)
0120-757-592
(平日9:30〜18:00)
こんな種類も!焼酎の原料について
講座コラムの資格

焼酎ソムリエW資格取得講座

焼酎ソムリエ

こんな種類も!焼酎の原料について

焼酎には様々な原料が使われるもの。使われる原料によって味や香りが大きく異なるのも焼酎の魅力です。では焼酎にはどのような原料が使われるのでしょうか。さらに原料によって、どのような特徴があるのでしょうか。今回は焼酎の原料についてご紹介します。

こんな種類も!焼酎の原料について
目次

01焼酎に使われる原料とは?

そもそも、焼酎とはどのようなお酒なのでしょうか。焼酎は、ウイスキーやブランデー、ウォッカなどと同じ「蒸留酒」に分類されます。
蒸留酒とは、アルコール分を含んだ原料を「蒸留」という工程で加工することで、そこから純粋なアルコールを取り出し、不純物を取り除く製法です。この蒸留酒に対して醸造酒は、醸造という過程を行わない製法。ビールやワイン、日本酒などが醸造酒に含まれています。
蒸留酒と醸造酒との違いは製法だけではありません。
実は日本の場合、「酒税法」という法律によってお酒は細かく分類され、それぞれで税率が異なります。
焼酎が含まれる「蒸留酒類」も、その中にウイスキーやブランデー、スピリッツなどが含まれていて、この種類によっても税率が異なります。
この区別を行うための重要な存在が、使われる原料や製造方法。
焼酎の場合、原料は「麹原料」と「主原料」の二種類に分かれていますが
これらの原料も法律によって定められていて、使われる原料により焼酎の種類が分けられています。

02焼酎の麹原料

焼酎の原料による違いといえば、「米焼酎」「麦焼酎」「芋焼酎」などを思い浮かべる人が多いかもしれません。この区別は「主原料」による区別。実は焼酎には、この主原料による区別だけでなく、「麹」による区別があります。焼酎は、「もろみ取り焼酎」と「粕取り焼酎」の二種類に分けることができます。

2-1もろみ取り焼酎

もろみ取り焼酎とは、米麹または麦麹を使用した焼酎です。もろみ取り焼酎を作るときには、まず麹と水、酵母を加えて発酵させたもろみを作ります。もろみとはアルコールを含んだ液体のこと。
さらにもろみに米や麦、芋といった主原料を仕込んで発酵させた「二次もろみ」を蒸留し、焼酎を作ります。この方法で作られた焼酎は香りがしっかりと残っているため、原料の違いを楽しむことができます。

2-2粕取り焼酎

一方の粕取り焼酎は、「酒粕」を使用した焼酎です。
酒粕とは、日本酒などを製造するときに副産物として生まれるもので、料理などに使用されることもあります。
粕取り焼酎の場合、まず酒粕を細かく砕いたものに水を加えて再発酵を行い、せいろ式の蒸留機で蒸留を行います。
粕取り焼酎は蒸留を行う工程で蒸気が通りやすくするためにもみ殻を加えますが、このもみ殻の香ばしさと酒粕に残った日本酒の香りが加わって独特の風合いが生まれます。

03焼酎の主原料

一般的に「米焼酎」「麦焼酎」と呼ばれる場合、それは主原料の違いを指しています。では主原料の違いはどのような味の特徴として現れるのでしょうか。

3-1

原料に米を使用した米焼酎は非常にシンプルな味わいに人気があります。他の焼酎よりもクセが少なく、日本酒に近いフルーティな風味もあり、ストレートやロック、水割り、お湯割りなどで楽しまれることがおおいお酒。
米焼酎は日本酒の生産が盛んだった北九州から始まったものだと言われていますが、特に米焼酎の産地として知られている熊本県の球磨地方で作られたものは「球磨焼酎」と呼ばれ人気を集めています。

3-2そば

そば焼酎はそばを原料とした焼酎です。そば焼酎は宮崎県が有名ですが、現在では長野県や北海道など、そばの産地として知られる場所でも作られています。
様々な材料を使った焼酎は、そば焼酎が先駆けだと言われていますが、そば焼酎が生まれたのは昭和四十八年。これまでにない焼酎を作りたいという思いの元、宮崎県の雲海酒造で生産が始まりました。
そば焼酎はそば独特の風味を持ったお酒で、現在では麦や芋、米に続く焼酎として知られています。

3-3

深い味わいや香りから根強いファンの多い焼酎といえば芋焼酎。芋焼酎は鹿児島県や宮崎県を中心に作られているお酒で、原料となるさつまいもの種類によっても様々な味を楽しむことができます。
また、他の焼酎に比べると個性的な味で、水を入れても薄まらないことから、水割りやお湯割りが人気です。

3-4

焼酎の中でも、もっとも一般的なのが麦焼酎です。麦焼酎はとても飲みやすく、クセのある味や香りが苦手な人や、焼酎初心者にも最適。
逆に麦独特の香りなどをしっかりと残したタイプもあります。
麦焼酎の中には、麹に麦を使ったオール麦タイプのものなどもあり、地方によって味のバリエーションも異なります。

3-5黒糖

サトウキビを絞った汁を煮詰めた黒糖を米麹によって発酵させて作られるのが黒糖焼酎です。黒糖ならではの甘い香りとコクがありますが、決して甘いお酒ではありません。
黒糖焼酎は鹿児島県の奄美諸島でのみ生産されているお酒で、高いプレミアム感も人気の秘密となっています。

3-6その他の主原料

一般的に知られている焼酎の主原料というと上記で紹介したものがほとんどですが、最近ではそれ以外にも様々な原料を使った焼酎が作られています。たとえば、ごまや栗、じゃがいも、シソなど。これらの焼酎は生産量こそ多くありませんが、それぞれの素材の香りや味わいを楽しむことができるだけでなく、地方によって特色を打ち出すことができるため、焼酎ファンにとっては大きな楽しみとなっています。

04本格焼酎の原料

本格焼酎には様々な原料が使われています。しかし、何を使ってもよいというわけではありません。
すでにご紹介したように、焼酎は酒税法によって厳しく定義されているもの。そのため、法律で定義されたもの以外を使用したものは「焼酎」を名乗ることはできません。
現在、国税庁長官によって決められている素材は四十九品。
これ以外の素材や原料を使った場合、焼酎と同じ製法や蒸留方法を用いても、本格焼酎とは認められず、「スピリッツ」という扱いになります。
また、黒糖焼酎は奄美諸島だけで製造が許可された焼酎で、同じように黒糖焼酎を使っても他の場所で生産した場合には、やはり焼酎ではなくスピリッツの扱いになります。

05泡盛の原料

沖縄を代表するお酒といえば泡盛ですが、この泡盛は焼酎の原型と呼ばれているもの。
泡盛も沖縄だけに製造が許されている焼酎です。
泡盛の原料となるのがお米と麹ですが、一般的な米焼酎とは異なり、お米にはタイ米、麹には黒麹を使用するのが沖縄の泡盛の特徴です。タイ米は日本で食べられているジャポニカ米と違い、細長く粘りが少ないのが特徴。沖縄の風土でも保存や管理が容易で、泡盛にすると厚みのある深い味わいが生まれます。
泡盛は焼酎に比べるとアルコール度数が高めですが、30度前後のものから43度程度のもの、逆にアルコール度数が低いマイルドタイプのものも販売されています。
さらに泡盛の特徴のひとつが「古酒」。古酒は三年以上の熟成期間を経て作られるお酒で、より深い香りや味わいを楽しむことができます。
一般的な焼酎の場合、長期間の熟成を行わないものがほとんどですが、泡盛の場合には、熟成の期間によって生まれる味の変化にも人気があります。

06まとめ

焼酎は米や麦、芋が有名ですが、それ以外にもちょっと変わった原料を使ったものも少なくありません。原料の違いによる味わいの変化を楽しむことができるのも焼酎ならではの魅力です。

20,000人以上が受講申し込みしている諒設計アーキテクトラーニングの通信講座
あなたも早速受講して、資格を取得しましょう!
あなたも資格取得へ!
諒設計アーキテクトラーニングの通信講座で最短資格取得
無料資料請求
受講お申し込み