焼酎資格取得講座 | 通信教育講座・資格の諒設計アーキテクトラーニング

0120-757-592
(平日9:30〜18:00)
0120-757-592
(平日9:30〜18:00)
こんな材料も!焼酎の種類と特徴
講座コラムの資格

焼酎ソムリエW資格取得講座

焼酎ソムリエ

こんな材料も!焼酎の種類と特徴

焼酎には米や麦、芋など様々な種類があります。さらに焼酎の中には、甲類焼酎、乙類焼酎、本格焼酎などといった区別もあり、どれが美味しいのか分からないと悩んでいる方も多いもの。今回は焼酎の種類とそれぞれの特徴についてご紹介します。

こんな材料も!焼酎の種類と特徴
目次

01焼酎の種類

焼酎の種類分けは大きく二つに分けることができます。
ひとつは、焼酎の原料による種類分け。焼酎には米、麦、芋、ソバなど、様々な原料が使われますが、これらはそれぞれ風味が大きく異なるもの。そのため、好みの焼酎を選びたいというときには種類による違いを知っていると役に立ちます。
焼酎の種類のもうひとつの区別は酒税法によるものです。
酒税法とは、お酒にかかる税金などについて定められた法律ですが、酒税法ではアルコール度数の違いや種類などによって、掛けられる税金が異なります。この酒税法による区別は、製法などによっても異なり、単式蒸留焼酎(乙類焼酎)、連続式蒸留焼酎(甲類焼酎)、甲乙混和焼酎などがあります。なお、単式蒸留焼酎は本格焼酎と呼ばれることもあります。

02原料でみた焼酎の種類と特徴

焼酎の種類の中でももっとも重要なのが原料による分類です。焼酎はどのような原料を使うかによって、味の特徴が大きく異なります。

2-1米焼酎

米焼酎は原料に米を使用した焼酎です。焼酎は製造するときに、麹が使われますが、麹も米を原料としたもの。つまり米焼酎は米と水だけで作られた焼酎。そのため、クセが少なくシンプルな味わいが特徴。
同じように米と水だけで作る日本酒と同じく、さわやかでフルーティな味わいがあります。
米焼酎で有名なのは熊本県の球磨地方で作られたものですが、ここで作られた米焼酎は「球磨焼酎」と呼ばれます。

2-2そば焼酎

そば焼酎は比較的歴史の新しい焼酎で、誕生したのは昭和四十八年。宮崎県の雲海酒造が開発し、現在では麦、芋、米に続く四番目の製造量を誇っています。
もともと芋焼酎は南九州、米焼酎は熊本、麦焼酎は大分など、それぞれの地方によって使われる原料は異なっていましたが、地元のそばを使った焼酎をして大きな人気を集めるようになりました。
そば焼酎の魅力は独特の香り。まろやかで飲みやすく、現在では宮崎県以外でも長野県や北海道などそばの名産地でもそば焼酎が作られています。

2-3芋焼酎

芋焼酎は香りと味わいが魅力の焼酎。原料となるさつまいもの甘い香りや香ばしさを感じるお酒として人気を集めています。
芋焼酎は鹿児島県や宮崎県で作られているお酒で、かつては独特の匂いから敬遠されることもありましたが、最近では技術革新が進み、クセの少ない銘柄も開発されています。
芋焼酎は味がしっかりしていることから、水割りやお湯割りで楽しまれることも多いようです。

2-4麦焼酎

本格焼酎の中でももっとも多く生産されているのが麦焼酎です。麦焼酎はクセがなく飲みやすい焼酎として、飲み慣れていない人にも人気があります。
最近では、クセのないものだけでなく、麦の香りを全面に出したタイプや、麹に米麹ではなく、麦麹を使用した麦だけの焼酎など様々な製品が売り出されています。

2-5黒糖焼酎

黒糖焼酎はサトウキビを原料とした焼酎です。サトウキビを絞った汁を煮詰めた黒糖を米麹で発酵し、出来上がったものが黒糖焼酎です。
黒糖焼酎は鹿児島県の奄美諸島でのみ製造が許されているもので、甘くコクのある味わいが特徴。
サトウキビを原料に使用したお酒としてはラム酒が有名ですが、同じようにサトウキビを使った黒糖焼酎もカクテルのベースとして使われることもあります。

2-6泡盛

泡盛は沖縄で作られる焼酎で、現在の焼酎の原型とも言われています。
原料はタイ米と黒麹でしっかりした香りと味を感じることができます。泡盛はすべての材料を一度に混ぜ合わせる仕込み方が特徴で、味わいの深いタイ米を使用することから、厚みのある風味を楽しむことができます。
さらにアルコール度数が高いという特徴もあり、三年以上の熟成を経て作られる「古酒」は、独特の深い味わいがあります。
泡盛は水割りやロック、ストレートなどで楽しむのが一般的ですが、お酒に弱い人でも、アルコール度数が低めのマイルドなタイプを選ぶと、泡盛を気軽に楽しむことができます。

03単式蒸留焼酎(乙類焼酎)

焼酎は原料の違いだけでなく、製造方法の違いによって分類されることがあります。
その中でも「本格焼酎」とされているのが「単式蒸留」という方法で作られている焼酎です。
「本格焼酎」は、「単式蒸留焼酎」「乙類焼酎」「ホワイトリカー2」と呼ばれることもあり、原料による違いがはっきり現れるという特徴があります。
先ほど紹介した「米焼酎」「麦焼酎」「芋焼酎」などもこの「単式蒸留」によって作られた焼酎です。
「単式蒸留」とは日本古来より受け継がれる製造方法で、まず米や麦、芋などの主原料を蒸したものに、水と酵母、麹などを加えてまずもろみを作ります。さらにもろみを発酵させたものを、「単式蒸留機」という設備を使って蒸留を行います。
単式蒸留機はシンプルな構造の蒸留機で、一度だけ蒸留を行うため原料の味と香り、うま味などを残すことができます。
蒸留が終了したら、ろ過を行い、水を加えて貯蔵することで単式蒸留焼酎が誕生します。
なお、単式蒸留焼酎はアルコール度数は45パーセント以下で、使用される原料も法律によって限定されています。
もし定められたもの以外の原料を使用した場合には、「本格焼酎」を名乗ることはできなくなります。
さらに酒税法では、ウイスキーと区別するために発芽した麦などは使用できず、ラム酒と区別するために砂糖やハチミツなどは使用できない、ウォッカと区別するために、白樺の炭でろ過することができないなどといった厳密な決まりがあります。

04連続式蒸留焼酎(甲類焼酎)

焼酎の中には、「甲類焼酎」と呼ばれるものがあります。この甲類焼酎は、「連続式蒸留焼酎」「ホワイトリカー」、「ホワイトリカー1」と呼ばれることもあります。
この「甲類焼酎」の特徴は連続式蒸留機という装置を使って製造される点。連続式蒸留機は、原料を繰り返し蒸留することで、純度の高いアルコールを製造することができます。
蒸留を繰り返した結果、アルコール度数は90度以上になり、出来上がったアルコールに水を加えて36度未満に調整したものが「甲類焼酎」となります。
甲類焼酎の原料となるのは、廃糖蜜や酒かすの発酵液。そこに水と酵母を加えて、連続式蒸留機で蒸留を行います。甲類焼酎は大量に生産することから価格もリーズナブル。
味もクセがなく、色も無色透明なので、お茶や炭酸、ジュースなどで割った酎ハイやサワーとして楽しまれています。
また、梅酒をはじめ、果実を漬ける場合にも使用されます。

05甲乙混和焼酎

焼酎の中には「甲乙混和焼酎」と呼ばれるものもあります。
これは文字通り、甲類焼酎と乙類焼酎をブレンドしたもの。商品によっては「甲類乙類焼酎」と記載されているものもあります。
また、ブレンドの比率によって、甲類が多い場合や乙類が多い場合など様々な種類があります。
甲乙混和焼酎はクセの少ない甲類焼酎に、乙類焼酎の風味などを取り入れたもので、焼酎に慣れていない人でも飲みやすく、価格もリーズナブルなどのメリットがあります。

06まとめ

焼酎には様々な種類があり、風味や特徴、おすすめの飲み方なども異なるもの。焼酎の種類を知っていると、自分の好みのものを見つけやすくなりますよ。

20,000人以上が受講申し込みしている諒設計アーキテクトラーニングの通信講座
あなたも早速受講して、資格を取得しましょう!
あなたも資格取得へ!
諒設計アーキテクトラーニングの通信講座で最短資格取得
無料資料請求
受講お申し込み