SEO用語

seo

重複コンテンツ

  • 他のWebサイトやページのコンテンツをそのままコピーなどで、作られたまったく同じのコンテンツのこと。これは検索エンジンにテキストやHTMLがコピーのものに見られ、スパムと判断されペナルティになってしまう。注意すべきである。

被リンク

  • 「バックリンク」ともいう。SEO対策に対しては、関連性のあるページからの被リンクは重要。

相互リンク

  • SEO外部対策で用いる方法、外部サイトと自社サイトの2つのサイトの間で、互いにリンクを張ること。相互リンクは、アクセス順位が上がる効果があり、重要な作業である。ただし、基本的に「一方的な被リンクよりも価値が低い」と言われることもある。

直帰率

  • サイトにアクセスはしたものの、他のページを見ずに、別のサイトへ移動してしまったユーザーの割合のこと。

検索エンジン

  • 「サーチエンジン」と略称。「SE」を表示する。キーワードを入力して、Webサイトを検索できるサイトやサービスのこと。代表的サイトは「Google」「Yahoo!」「Bing」「百度」などがある。

外部リンク

  • 外部サイトから、あなたのサイトに張られたリンクのことを言います。なお、サイト内部で完結しているリンクは「内部リンク」と言います。

リダイレクト

  • サイトが移転して新しいドメインに移ったときや、アクセスを集める目的で作成されるWebページのドアウェイを設けたときに、ランディングページを変えるための一つ方法。

ランディングページ

  • 検索結果に表示されたリンクをクリックして、最初に表示されるページのこと。ランティングページを検索エンジンで上位表示させる取り組みのことを、「LPO対策」と呼ぶ。

ポータル

  • 「Yahoo!」「MSNのような多くの便利な機能を集約してユーザーに提供しているWebサービスのこと。これらのサイトは「ポータルサイト」と呼ばれる。

ホワイトハットSEO

  • 簡単に言えば、スパム行為をしないSEO対策のこと。悪質な手法を使用しなく、検索エンジンの推奨している正しい手段でSEO対策を行なうこと。

ページ滞在時間

  • ユーザーが、Webサイト内の1つのページを見ている時間のこと。サイト、コンテンツをしっかりと見てもらえているかどうかをここで判断できる。

ブラックハットSEO

  • 悪質な手法を用いて検索結果の上位に表示させる技術または施策のこと。スパム行為ぎりぎり(厳密にはスパムなのだが)の方法で上位に上げる、いわば「グレーゾーン」のSEO対策のこと。

フレーム

  • 複数のWebページを一つの画面内に表示する仕組み。フレームを使用すると、検索エンジンが正しくサイト内を巡回できない恐れがあるため、SEO対策には、おすすめしない。フレーム 骨組み、窓枠、額縁など。

パンダアップデート

  • Googleが実施する検索アルゴリズムのアップデートの名称のこと。検索結果の品質を高めるために実施されている。エンジニアのBiswanath Panda(ビスワナスパンダ)氏が携わったということで、この名前の由来になる。また、「白黒はっきりさせる」というところから、色が白黒の動物の「パンダ」の名前から由来の話もある。

パンくずリスト

  • Webサイトの位置を示し、メインコンテンツの上にある「ナビゲーションバー」のこと。これにより、ユーザーは自分が今、サイトのどこにいるのか、どうすればトップページに戻れるかを理解できる。またSEO効果としても、テキストリンク、アンカーリンクを得ることができ、高い効果を得られる。

ディレクトリページ

  • 関連するページへのリンクを集めたページのこと。

ディレクトリ

  • 「Yahoo!ディレクトリ」のように、リンクを集めたサイトのこと。SEO対策としてはディレクトリに登録されることが有効で、高い効果がある。

テキストリンク

  • 「アンカーリンク」ともいう。画像やプログラムのコードなどと関係しない、文字要素のみからなるリンクのこと。

サイトマップ

  • 一般的には、ユーザー向けに、すべてのページへのリンクが表示されているページのこと。SEO対策としては、検索エンジン向けに、XML形式などでサイト構造がまとめられたファイルのこと。

コンバージョン率

  • サイトに訪れたユーザーの中で、商品を購入された、あるいはユーザーを登録した人の割合のこと。Goolgeアナリティクスでコンバージョン率を見ることができる。

コンバージョン

  • サイトの商品が購入されたり、ユーザー登録されたりといった目的を達成すること。

クローラー

  • 「スパイダー」とも呼ばれる検索エンジンのロボットのこと。リンクを辿ってWebサイトの巡回を行い、データを収集するプログラムです。サイトにリンク切れがあると、上手く巡回されないばかりか、価値を低く見られてしまうので注意が必要です。

キーワードスパム

  • Webページに、キーワードを詰め込み過ぎること。タグや、タグに多数のキーワードを入れ過ぎると、ペナルティになってしまい、順位を下げられてしまう場合があります。検索エンジンに「スパム」と判定されないように、気を付けなければなりません。

キーワード

  • ユーザーが検索するときに、検索エンジンに入力する言葉、単語のことです。SEO対策には、検索順位を上がるキーワートを決めることから始まる。

インデックス

  • 検索エンジンが収集した、「Webページのデタベース」のことです。「インデックスされる」とは、Webページがこの検索エンジンのデータベースに登録されることを言います。

アンカーテキスト

  • HTMLファイルの中で、<a>タグで囲まれた、テキストリンクのことです。「アンカーリンク」とも言います。リンクを指定されたテキストは、検索エンジンに「重要なキーワード」として認識されます。

重複コンテンツ

  • 他のWebサイトやページのコンテンツをそのままコピーなどで、作られたまったく同じのコンテンツのこと。これは検索エンジンにテキストやHTMLがコピーのものに見られ、スパムと判断されペナルティになってしまう。注意すべきである。

アドワーズ広告

  • Googleが運営する、「キーワード運動型クリック課金広告プログラム」のことです。検索結果やコンテンツに応じたキーワードに基づいて、内容に即した広告が表示されます。効果的Web広告として、多くの企業に利用されています。

HTML

  • 「ハイパーテキストマークアップ言語」の略。テキストに、フォーマットやWeb機能を与える指示子の集合。「
    」や「」などを「HTMLタグ」という。

ait属性のテキスト

  • HTMLで、画像につける説明文のこと。「代替テキスト」と呼ぶ。
通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ
資格・検定の一覧

人気の通信教育はこちら

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング資格講座Topへ