【初心者向け】5分で分かる!読みたくなる記事タイトルにするコツ

seo

ポイント1:検索エンジン対策のために、32字以内のタイトルにする。

主な検索サイトは、表示される文字数が決まっているため、それに合わせた文字数にタイトルもおさめましょう。

30文字前後で、記事の内容を要約して、タイトルにしましょう。

  • Google…全角30文字前後
  • Yahoo!…全角28~33文字前後

 

ポイント2:具体的な数字(統計など)を入れる。

タイトルA「今まで生きてきて、やっと仕事に就けた僕の話」

タイトルB「3年間ニートだった僕がたった1カ月の就職活動で正社員採用された件」

seoの観点からも、検索する人の視点からも、タイトルA・B共に全く同じ内容のページであっても、タイトルBの方が多くの方の目に留まるでしょう。

少し数字を入れるだけで、印象が変わります。

 

ポイント3:あまり時間を書けずに読むことができる、要点がまとまっている、ということが伝わるタイトルにする。

  • ~の方法
  • ~のヒント
  • ~のテクニック
  • ~のルール
  • ~の準備
  • ~の5つのポイント
  • ~のコツ
  • 5分で分かる
  • 3分で解決
  • 隙間時間に読める
  • 通勤時間に読める

こういった単語を挟むだけで、相手に「これは読みやすいかもしれない。」、「分かりやすくまとまっている気がする。」と思われます。

内容で勝負ではなく、タイトルをクリックされなければ、悲しいですが内容も読まれません。とにかく、タイトルで勝負です。

 

ポイント4:記事を読んで欲しいターゲットのレベルを指定する。

多くの方に読んでもらう記事もいいのですが、例えばプロ向けだったり初心者向けだったり、そういった内容の場合もあります。

その場合は、タイトルに「初心者向け」や「入門編」といった単語を入れると、ターゲットが絞れて、読み手のニーズにあった記事としてクリックされやすくなります。

また、「初めてブログを書く人へ」や「ページビューの数を稼ぎたい人向け」など、読み手に「自分に関係がある記事では?」と思わせるのも効果的です。

記事を書く際も、万人向けではなく、ある程度ターゲットを絞った記事を書くと、読まれやすいです。

 

ポイント5:思わずクリックしたくなる目を引く単語を入れる。

  • 「今からでも間に合う」
  • 「流行の」
  • 「納得できる」
  • 「誰でも」
  • 「効率的に」
  • 「仕事が捗る」
  • 「便利な」

こういった単語を入れるだけで、思わず読みたくなるタイトルになります。もちろん、内容の充実も必須です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、5つのポイントに絞って、ご紹介しました。

タイトルをつけたら、簡潔で伝わりやすいタイトルか、同じ意味でインパクト大な単語にできないか、単語などを入れ替えて語呂がいいか、等に気を付けながら、タイトルをつけてみましょう。

人気の通信教育はこちら

もっと手軽に、もっと身近に。WEBサイトを自分で作りたいなら。
web資格

WEBデザイナー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

web資料 web

検索上位表示必須。SEOの資格が取れる!!
web資格

SEOマーケティングアドバイザー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

seo資料 seo

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る