あると便利!レジンに関する資格と種類

あると便利!レジンに関する資格と種類

ハンドクラフトの素材として人気なのがレジンです。もしかすると、すでにオリジナルのレジン作品を作るだけでなく、販売したいと考えている方もいるかもしれません。そこで気になるのがレジンに関する資格。レジンで作品を作り、販売するためには何か資格が必要なのでしょうか。今回はレジンに関する資格や種類についてご紹介します。

レジンの取り扱いに資格は必要?

初心者でも扱いやすく、簡単に手に入るレジンですが、そもそもレジンの取り扱いには何か資格が必要なのでしょうか。また、レジンの作品を販売したり、教室やサロンを開くためには資格が求められるのでしょうか。

資格がなくてもレジン作りは楽しめる

結論から言えば、レジンを取り扱うためには特別な資格は必要ありません。また、自分で制作したレジンの作品をハンドクラフトマーケットなどで販売するときにも、資格は必要ありません。そのため、レジンは好きなときに始めることができるだけでなく、誰でも自分の作品を販売することが可能です。

資格がなくても教室を開ける

レジンの取り扱いや自分の作品とセンスに自信を持っている方の中には、レジンの使い方や造形などを教える教室やサロンの開設を考えている方もいるかもしれません。その場合でも、特に資格は必要ありません。自分の家の一角を改装したり、スペースを借りたりすれば、いつでもレジンに関する教室やサロンを開くことができます。

仕事にするなら資格をもっていると助けになる

レジンを取り扱うときも、教室やサロンを開くときも、レジンについての資格は必要ありません。では、レジンについての資格を持っているとどのような役に立つのでしょうか。

まず、レジンに関する資格を持っていることは、客観的に正しい技術や確かな知識を身につけているという証明になります。レジンは誰でも取り扱うことができるため、独学で扱い方を身につけたという方も少なくありませんが、その扱い方が実は正しくないという可能性もあります。また、そのやり方が自分には合っているものであっても、他人にはやりにくいということも考えられます。

しかし、レジンについての資格を持っているということは、もっとも効率的な取り扱いの方法を学んでいるということを証明できるため、資格取得者が開く教室やサロンには安心して参加できるということになります。

また、ハンドクラフト作品を販売する場合、レジンについての資格を持っていることを表記しておくと、購入したいと考えるお客さんの安心材料になり、他のハンドクラフト作家との差別化を図ることができます。

このように、レジンの資格を取得しておくと、様々なメリットが生まれるといえます。

レジンに関する資格の種類

それでは、レジンに関する資格にはどのようなものがあるのでしょうか。

レジンアートデザイナー

レジンアートデザイナーは、日本デザインプランナー協会が認定する民間の資格です。紫外線で硬化するUVレジンを使用し、自分でイメージしたデザインを形に出来るレベルに達していると協会が認定した人に与えられます。

資格を取得するためには、年に六回行われている試験を受験、合格する必要があります。受験料は10000円、受験の申請はインターネットから可能で、受験も在宅で行うことができるため、時間や場所などの制約もなく、取得しやすい資格ということができます。

レジンアートデザイナーの資格は、取得のための勉強を通じて、基本的なレジンの扱いやレジンアートを作るときの実践的なテクニックまで身につけることができるため、初心者はもちろん、すでにある程度レジンを扱い慣れている人や、自分で制作した作品をさらに多くの人へ販売したいという方にもおすすめできる資格です。

レジンアクセサリークリエイター

レジンアクセサリークリエイターは、日本インストラクター技術協会が主催、認定している資格です。この資格はレジン作品の作成に関して必要となる基本的な知識を身につけ、それを応用できると認定された人が取得できるものです。

こちらの資格も、受験料は10000円、インターネットからの申し込みや在宅受験が可能。

また、インストラクターという名前がついているように、この資格を取得すると、レジンの講師としての活動もできるようになるため、サロンや教室の開設を考えている人におすすめです。

この資格に関しては多くの講座も開設されているため、資格の取得のための勉強をしやすいことや、レジンアートディレクターの資格取得と同時に勉強できるといったメリットもあります。

LEDレジンアクセサリー認定講師

LEDレジンアクセサリー認定講師とは、日本パーツビューティーアカデミーが認定する資格です。この資格を取得するためには、LEDレジンの基礎知識や実際の技術などを学ぶ講座を受講する必要があります。

この講座の特徴は簡単にアクセサリーを作ることができると同時に、LEDライトで短時間で作業ができるレジンを使うということ。このLEDレジンの扱い方についての必要な講座をすべて取得すると、修了時にLEDレジンアクセサリー認定講師の資格が取得できます。

この資格を取得すると、講師として活動できるだけでなく、自分のハンドメイド作品への信頼をアップさせることができます。また、講座は通信教育になっていて、レジン作成のための材料キットがセットになっているため、まったくの初心者がレジンの勉強をスタートさせるときには最適の取得と言えるかもしれません。

また、作業や勉強を進めるうえで、通信教育の場合にはどうしても行き詰ってしまうこともありますが、メールや電話で質問を受け付けてくれるため、つまずきやすいポイントも独学でクリアすることができます。さらに、教材が届いてから120日以内に課題を提出するといったタイムリミットもあるため、そのうちやろうと思っていたけれどなかなか手が付けられないといった通信教育にありがちな失敗を防ぐことができます。

レジンクラフトデザイン認定講師

レジンクラフトデザイン認定講師は日本パーツビューティーアカデミーが主催・認定を行っている資格です。この資格は、よりハイレベルな作品やアクセサリーを制作できると認定された人に与えられるものです。

資格の取得にはアカデミーが用意する通信講座を受講する必要がありますが、申し込むとレジン作品の制作に必要なキットが送られてくるため、まったくのゼロから資格の取得の勉強を進めることができます。

資格の取得には課題の提出と、その課題への合格が必要条件になりますが、資格を取得するとレジンクラフトデザイン認定講師として活動を行うことが可能になります。

資格を持つメリット

レジンの取り扱いや作品の販売、セミナーやレジン教室の開設には資格は必要ありませんが、資格を持っていると様々なメリットが生まれます。

すでに説明したとおり、資格を取得する大きなメリットは、作品の購入者やセミナーや教室の受講生から信頼を得ることができるということですが、それ以外にも資格を取得することで自分の作品や、作品へのアプローチに対して自信を持つことができるという点も重要です。

また、レジン取り扱いの危険性をしっかり学べるということもメリットのひとつと言えるでしょう。

まとめ

レジンの資格を取得すると、ひとりで作品を作るだけにとどまらない活躍の場を手に入れることができます。興味がある方は、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

レジンアート作成の様々なテクニックが学べる。
レジン

レジンアートデザイナー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

レジン資料 レジン

レジンについて

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ