迷ったときはこのポイントを!簡単にできるパワーストーンの選び方

迷ったときはこのポイントを!簡単にできるパワーストーンの選び方

持ち主の願いを叶えてくれるパワーストーン。隠れた潜在能力を引き出してくれるという効果もあり、身につけてみたいと考えている方も多いのではないでしょうか。しかし、実際にパワーストーンを選ぶのはなかなか難しいもの。どんな石を選べばいいのか分からないといった方のために、パワーストーンの選び方をご紹介します。

パワーストーンの選び方のポイント

パワーストーンを選ぶとき、まず考えたいのは自分がどんな目的でパワーストーンを身につけるのかということです。パワーストーンは石の種類や色によって、様々な効果があります。そのため、まずは自分の目的や叶えたい願いに合った意味・効果を持つパワーストーンを身につける必要があります。

さらに、パワーストーンの選び方では、石と自分の相性が良いことも重要になります。パワーストーンは特別なエネルギーを持った石。見た目は同じように見えても、ひとつひとつの石には個性が宿っています。そのため、自分と相性のよい石を選ぶことで、パワーストーンは本来の力以上のエネルギーを持ち主に与えてくれます。

複数の種類のパワーストーンを組み合わせたり、重ね付けたりする場合には、石同士の相性も重要になります。パワーストーンの中には、相反する性質や効能のある石もあり、そういった石を同時に身につけると、それぞれの能力が打ち消し合ってしまい、せっかくの効果がなくなってしまいます。

目的・叶えたい願いに合わせた石の選び方

はっきりした目的や叶えたい願いがある場合、パワーストーンを選ぶときにまず必要となるのは、願いを叶えたいのか、お守りとして持つのかを決めるということです。

願いを叶えたい場合、その願いを叶えるための効能を持ったパワーストーンを選ぶ必要があります。たとえば、ひとくちに「恋愛運アップ」といっても、「片思いを実らせたい」と言う場合にはローズクオーツ、「運命の出会いをしたい」という場合にはカーネリアン、「別れた彼と復縁したい」ならカブラドライトといったように、目的によって石の選び方は異なります。そのため、まず自分の願いをしっかり見極め、欲しいパワーを持ったパワーストーンを選ぶことが必要です。

特にはっきりした目的や願いがない、悪いものから身を守って欲しいという場合には、誕生石や守護石を選ぶのがおすすめです。

誕生石や守護石は、生まれた瞬間の星の配置や生まれた生年月日によって決められた特別な石。これらのパワーストーンには、月別に分けられた誕生守護石、星座によって分類された12星座守護石、生まれ年の干支によって異なる12干支守護石など、様々なものがあります。これら生まれた年や月、日によって割り振られたパワーストーンは、元々持ち主との縁があるため相性がよく、お守りの役割としては最適のパワーストーンです。

自分と相性の良いパワーストーンの選び方

それでは、どうすれば自分と相性のよいパワーストーンを選ぶことができるのでしょうか。

自分と相性のよいパワーストーンを選ぶとき、大切なのが自分の直感やインスピレーションです。パワーストーンの専門店などに出かけてパワーストーンを選ぼうとしたとき、なぜか目が合ったような感覚になる、どうしてもその石を見てしまうといったことがあります。これは、持ち主とパワーストーンの波長が合っている証拠。たとえその石の名前や持っている役割、性質などを知らなくても、無意識に持ち主が求めている効果をもたらしてくれる石です。

また、パワーストーンを選ぶときには、自分の手で触れてみるのも大切なチェックポイントです。ブレスレットなら左手に、そのほかのタイプなら左手の手のひらの上に乗せてみましょう。左手はパワーストーンのパワーを体内に受け取る入口の役割を果たす場所。左手でパワーストーンを触ってみて、安心感がある、違和感がないといった場合、持ち主と石の相性がいいということになります。

ただし、パワーストーンの専門店には非常に豊富な石が揃っています。そのため、石を見ているうちに自分の感覚が正しいのかどうか、迷ってしまうこともあるかもしれません。そういった場合には、自分の生年月日などから誕生月、誕生日に割り振られた石を選びましょう。誕生石にはダイヤモンドやエメラルドなど高価なものもありますが、比較的リーズナブルなものも多いため、パワーストーンの入門の石としてはおすすめです。

パワーストーンを組み合わせるときの選び方

ひとつだけでなく、複数の種類のパワーストーンを身につけるときには、パワーストーン同士の相性も重要なポイントになります。パワーストーンは複数のものを身につけても、石がケンカするようなことはありません。しかし、パワーストーンには石の種類によって様々な効果があり、中には正反対の効果を持っているものもあります。そういった逆のエネルギーを持ったパワーストーンを同時に身につけると、石同士のパワーが相殺されてしまうため、思ったような成果が得られないということも考えられます。

ただし、パワーストーン同士の相性は知識がないと難しいもの。ここでは、初心者でも簡単にできる方法を紹介します。

まず、石同士の相性を考える時も重要となるのが直感です。石同士を並べてみたり、複数の石を同時に持ったりしたときに、なにかがおかしいと思う組み合わせのほとんどは、石同士の相性があまりよくありません。特にパワーストーンはカラフルなものですが、この色のバランスが整っている場合にはパワーストーンの相性も上手く行っていると考えることができます。パワーストーンの色のバランスを見て、自分が心地いいと思えるものを選ぶとよいでしょう。

また、ここで注意したいのが、パワーストーンを選ぶときは、自分できちんと選ぶということ。パワーストーンは人間と同じで、それぞれ個性が違うもの。別の人に効果があったからと言って、誰が身につけても同じようにうまくいくとは限りません。そのため、人から勧められたものではなく、自分の感覚で選ぶことが重要になります。

パワーストーンを選ぶとき、もし目的があるのならその願い事を中心に石の組み合わせを選ぶという方法もあります。恋愛や金運、健康、対人関係など、それぞれの願い事や目的に合わせた石を選ぶと、パワーストーン同士のバランスを整えることができます。ただし、このときも効能だけにとらわれず、直感を働かせることも必要です。パワーストーンは波動によって人間にメッセージを伝えているもの。メッセージをしっかりと受け取ることで、自分とパワーストーン、パワーストーン同士の両方で相性のよい石を選ぶことができます。

もしどうしてもこの石がいいというパワーストーンに出会った場合、その石を個別に選び、Webサイトなどで相性をチェックするという方法もあります。この方法の場合、ひとつのパワーストーンが中心になるため、その石の効能を最優先にした組み合わせを選ぶことができるというメリットがあります。

また、自分と相性のよいパワーストーンを選ぶときと同じように誕生月、誕生日、守護石など、生年月日のパワーストーンを組み合わせるという方法もあります。その場合、すでに生まれた日という縁が自分とパワーストーンとの間に生まれているため、相性のよいパワーストーンを選ぶことができます。

まとめ

 正しいパワーストーンを選ぶことは、石のパワーが最大限に発揮して、願いを引き寄せることにつながります。もし正しいパワーストーンを選びたいと思った場合、少しだけパワーストーンについて調べてみてはいかがでしょうか。

通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ
資格・検定の一覧

人気の通信教育はこちら

パワーストーンの資格が簡単に取得出来る通信講座。
パワーストーン

パワーストーン
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

パワーストーン資料 パワーストーン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ