汗は大敵!パワーストーンのメンテナンス方法

汗は大敵!パワーストーンのメンテナンス方法

運気をアップしたり、潜在能力を高めたり、気分をクリアにしてくれたりと、なにかと頼りになるのがパワーストーン。しかし、パワーストーンが力を発揮するためには、きちんとメンテナンスを行うことが必要です。今回はパワーストーンのメンテナンス方法についてご紹介します。

パワーストーンのメンテナンスとは?

パワーストーンのメンテナンスというと「浄化」が真っ先に思い浮かびますが、それ以外にもパワーストーンにはメンテナンスが必要です。

身につけていると汚れや汗がついてしまう

パワーストーンは毎日身につけるもの。ネックレスやブレスレットなど、肌に密着することも少なくありません。

そのおかげでパワーストーンは人間に大きな影響を与えることができるのですが、毎日身につけているとどうしても汗などがついてしまいます。

実は汗には塩分や皮脂などが多く含まれていて石に悪い影響を与えてしまいます。というのも、人間の肌も、汗も弱酸性。この弱酸性の成分は、石の種類によっては化学反応を起こして表面が少しずつ溶けていってしまいます。

それを防ぐためにも、パワーストーンのメンテナンスが重要になります。

インテリアで飾っているとほこりや静電気などで汚れる

パワーストーンには、身体につける以外にも、インテリアとして部屋に置くという使い方もあります。

パワーストーンを部屋に置いておくと、その場所の気を浄化してくれたり、その空間に必要なエネルギーを補ってくれるなど様々な効果を発揮してくれます。

部屋に置いておくだけなら、手で触れることもないので汗とは無縁と考えてしまいますが、お部屋に置いておくときに注意したいのが静電気。静電気はその場所にあるほこりを吸い寄せてしまうことがあります。さらに、ほこりが空気中を漂う油分と一緒になると、しつこい汚れとなってしまいます。

その汚れが付着すると、パワーストーンは本来の力を発揮することができなくなってしまいます。

きれいな状態で長持ちさせるためにはお手入れが必要

このように身体に身につける場合でも、部屋に置いておく場合でも、パワーストーンをキレイな状態で保つためにはきちんとお手入れをすることが必要です。

人によっては、パワーストーンの変色やくすみも石の個性だと考えることもありますが、やはり石はきれいなほうが気分がよいものです。

そのため、パワーストーンはきちんとメンテナンスを行う必要があります。

メンテナンスするタイミング

それでは、パワーストーンのメンテナンスはどのようなタイミングで行えばよいのでしょうか。

所有者の直観

パワーストーンをメンテナンスするときに大切にしたいのが、所有者の直感です。直感というと非常にあいまいに聞こえるかもしれませんが、所有者との絆が強く、しっかりと働いているパワーストーンほど、所有者の直感に訴えかける力も強いもの。

特に汗をかいた、汚れが気になるといった場合だけでなく、「そろそろメンテナンスしたほうがいいかも」と感じたときが、メンテナンスのタイミングということになります。

くすんだと感じたら

パワーストーンは様々な理由によって本来の輝きや色、透明度を失ってしまうことがあります。

その理由は、石に汚れが付着している、所有者に変わって災いを引き受けている、力を発揮しているといったものがありますが、どちらにしても、石に「くすみ」を感じたらパワーストーンのメンテナンスを行うべきタイミング。

通常の場合、きちんとメンテナンスを行うと、石は輝きや透明度を取り戻してくれますが、中には寿命を迎えて、元の美しさが蘇らないということもあります。その場合はパワーストーンを新しくするべき。それを知るためにも、くすみを感じたらパワーストーンのメンテナンスを行いましょう。

アクセサリーはその日のうちにケア

たとえ冬の寒い時期であっても、肌に直接つけているアクセサリーは、微量の汗や皮脂の影響を受けやすいものです。また、首などには自分で意識していなくても汗をかいていることが多いもの。

夏の汗をかきやすい時期はもちろん、冬であってもアクセサリーはその日のうちにしっかりケアを行いましょう。

インテリアとして飾っているものは定期的に

アクセサリータイプのパワーストーンに比べると、インテリアとして飾っているものは比較的汚れにくい傾向にありますが、ほこりはどうしても溜まっていくもの。そのため、定期的に掃除を行いましょう。

週に一度、半月に一度といった具合にタイミングを決めるのはもちろん、気づいたときにこまめに掃除を行うのもおすすめです。

パワーストーンのメンテナンス方法

それでは、パワーストーンのメンテナンスは具体的にはどのような方法で行えばよいのでしょうか。

柔らかい布でほこりや表面の汚れを落とす

パワーストーンのメンテナンスを行うときは、まずは柔らかい布でホコリや表面の汚れを落としていきましょう。

このときに注意したいのは、赤ちゃんでも使用できるような柔らかい布を使うこと。固い布を使うと、石の表面に細かい傷がついてしまうことがあります。

流水で洗う

もし柔らかい布でも汚れが落ちない場合、流水を使用してメンテナンスを行いましょう。ブレスレットなど複数の石が使われているものを流水で洗うときには、石同士がぶつかって傷が入ってしまわないように注意しましょう。

また、使用する水は天然水がおすすめ。もし天然水が手に入らないという場合には、日光に当ててカルキを抜いたものや、ドラッグストアなどで売っている精製水を使用するとよいでしょう。

洗ったあとは柔らかい布でふきあげ太陽光で浄化

水洗いした後は、柔らかい布できちんと水分を拭き上げることが必要です。もし水分が残っていると、そこから石が劣化することがあります。

その後、太陽の光などで浄化すると、より完璧なメンテナンスとなりますが、石によっては太陽の光が苦手なものもあるため注意が必要です。

水が苦手な石のメンテナンス方法

パワーストーンの中には水が苦手という石も少なくありません。その場合、どのようにメンテナンスを行えばよいのでしょうか。

まずおすすめの方法は、柔らかい布に水を含ませてしめらせてから、優しくパワーストーンをふきあげるという方法。布に水を染み込ませておけば、パワーストーンへの影響を最小限にとどめることができます。

それでも不安な場合には、専用のミストを使用するという方法もあります。パワーストーンの専門店ではメンテナンスグッズを取り扱っているお店もあるため、心配な場合には問い合わせてみるとよいでしょう。

メンテナンス時の注意点

パワーストーンのメンテナンスを行うときには、さらにいくつかの注意点があります。

メンテナンス以外に月に1回は浄化も行う

パワーストーンのメンテンナンスは、掃除以外にも月一回程度の浄化も行うようにしましょう。

掃除だけに気を取られて浄化を怠ると、石が本来の力を失ってしまうこともあります。

また、浄化の場合にも水や太陽光など、石によっては不適切な方法を選ばないように注意しましょう。

シルバー、ゴールド、ゴム部分もメンテするのがおすすめ

ブレスレットやネックレスの場合には、石だけでなく、シルバーやゴールド、金属、ゴムなどの部分もしっかり掃除しましょう。

もし可能なら、分解するのがベストですが、分解できない場合には、布の先などでしっかり汗などを拭きとりましょう。

まとめ

メンテナンスを行ったパワーストーンは本来の力と美しさを取り戻してくれるもの。使っているパワーストーンが元気がないと感じたときには、メンテナンスの必要があるのかもしれません。

パワーストーンの資格が簡単に取得出来る通信講座。
パワーストーン

パワーストーン
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

パワーストーン資料 パワーストーン

パワーストーンについて

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ