効かないのはこれが原因?パワーストーンの相性を見極めるには

効かないのはこれが原因?パワーストーンの相性を見極めるには

願いを叶えるためのスピリチュアルなアイテムとしても、アクセサリーとしても男女を問わず人気のパワーストーン。パワーストーンは石の種類や色によって異なるパワーを持った石ですが、身につけるときに大切なのがパワーストーンの相性です。相性のよいパワーストーンを身につけることは、持ち主の力をアップさせることにもつながります。今回は、パワーストーンの相性について解説します。

パワーストーンの相性とは

パワーストーンの相性を考えるとき、そこには2種類の意味があります。まずひとつは、パワーストーンと持ち主の相性です。パワーストーンは同じように見えるものでも、ひとつひとつ個性が異なります。それは人間も同じこと。どうしても相性が合わない場合や、逆にすぐに相手のことを好きになるということもあります。そのため、自分と相性のよいパワーストーンを選ぶことが重要です。

また、パワーストーンには石同士の相性もあります。パワーストーンは石によって効能やパワーが異なるもの。それぞれの力を打ち消す組み合わせ、相乗効果でパワーを高める組みあわせなどがあります。パワーストーンを身につけるときは、これらふたつの相性に注意しましょう。

パワーストーンと自分の相性の良し悪し

パワーストーンは石の組み合わせだけでなく、持ち主との相性が大切です。もし相性のよい石を身につけている場合、パワーストーンはしっかりと効果を発揮して、持ち主の潜在能力を高め、願いを近くに引き寄せてくれます。また、石の意味について意識付けができるため、持ち主自身も努力をすることで、願望がさらに叶いやすくなります。

しかし反対に相性の悪い石を身につけていると、なんとなく落ち着かない、嫌な感じがするなど、せっかくのパワーストーンがストレスの原因になってしまうことも。そのうえ、石との関係が安定しないため、なかなか臨んだ効果が得られないという結果になってしまいます。

パワーストーン同志の相性の良し悪し

ネックレスやブレスレットなどの場合、複数のパワーストーンを使用することになります。また、一種類の石を使ったものであっても、それを重ね付けすることも珍しくありません。この場合、パワーストーン同士の相性が大切になります。パワーストーン同士の相性が良い場合、パワーストーンは相乗効果を発揮、1種類ずつで身につけるよりもパワーアップすることで、本来よりも大きな効果を実感することができます。

反対にパワーストーン同士の相性が悪い場合、石の持つ意味が互いに打ち消し合ってしまい、効能が得られないという結果になってしまいます。また、組み合わせるパワーストーンの数が多すぎる場合、石のエネルギーが安定せず、パワーストーンの力が半減してしまいます。そのほかにも、たくさんの種類のパワーストーンを一度に身につけると頭痛や吐き気、気分が悪い、心が重くなるといった「石酔い」が起きるとも言われているため、パワーストーンを組み合わせるときや、アクセサリーを重ね付けするときには注意することが必要です。

相性の良いパワーストーンの選び方

それでは、自分と相性のよいパワーストーンを選ぶときにはどのような方法があるのでしょうか。

まず、自分と相性のよいパワーストーンを選ぶときに重要になるのが「直感」です。直感はパワーストーンを選ぶときに最も重要な要素です。パワーストーンとの出会いも、人間同士と同じもので、初めて出会ったときに運命を感じることがあるもの。なぜかその石に目が行ってしまう、これが欲しいと素直に思えるパワーストーンは自分との波長も合っているもの。それはまさにパワーストーンと自分との相性がいいということです。見た目だけで不安な場合、石の状態であれば手のひらに乗せる、ブレスレットなら左手につけてみましょう。このとき、自分にしっくりくるか、違和感がないかなどをチェックして、肌になじむ感覚があるようならそれは自分にとって相性のいいパワーストーンです。なお、手で触れて相性をチェックするときには、左手を使うことが重要です。というのも、パワーストーンの力は左手から入り、右手から出ていくと言われています。そのため、パワーストーンの波長をより正しく感じるためには左手を使いましょう。

ただし、直感やインスピレーションを正しく働かせるためには、自分のコンディションも重要になります。もし疲れていたり、大きなストレスを感じたりといった状態では、正しい判断を行うことができません。さらに、直感やインスピレーションによる判断では自信が持てないという人も少なくありません。

そんな人におすすめのパワーストーンの選び方が、自分の誕生日や誕生月、星座、干支など、生年月日を元にパワーストーンを選ぶ方法です。1年365日、星座、干支にはそれぞれ固有の石が割り振られていて、それは持ち主と深い関係にあります。

これらのパワーストーンはすでに持ち主との関係が気づかれているため、効果を発揮しやすいだけでなく、月や日などによって異なるパワーストーンを重ね付けしても、それぞれの効果を打ち消すことがありません。

もし直感に自信がない、数がありすぎて迷ってしまうという場合には、これら生年月日を元にしたパワーストーン選びがおすすめです。

パワーストーン同士の相性が良い組み合わせ方

自分との相性以上に難しいのが、パワーストーン同士の組み合わせです。パワーストーンは種類や色により効果が異なり、正反対の効果のパワーストーンを組み合わせると、それぞれが力を打ち消し合ってしまいます。また、石の強さにも違いがあるため、特に力の強い石がある場合、他の石が力を発揮できなくなってしまうということも考えられます。

このように、初心者にはなかなか難しいパワーストーン同士の相性ですが、石の組み合わせを行うときには、いくつかの簡単なポイントもあります。

ひとつは、色のバランスでパワーストーンを組み合わせるという方法です。パワーストーンには相性の良いものと悪いものがありますが、色が似ている物は比較的相性が良いという特徴があります。赤系、青系など、色のバランスを統一させることで、相性のよいパワーストーンを選ぶことができます。

また、同系色でなくても違和感のない色を組み合わせるという方法もあります。パワーストーンは色の相性がよい場合、それぞれが効力を発揮することができます。

もしはっきりした願望や、具体的な願い事がある場合、その目的に対して効果的とされている石を組み合わせるという方法もあります。たとえば、片思いに効果的なパワーストーンとしてはインカローズやストロベリークオーツといった石が有名ですが、これらの同じ願い事に効果がある石を組み合わせることで、より強い効果が期待できます。

この場合、持ち主も自分の願望を意識しやすくなるというメリットもあるため、はっきりした願いがある人にはぴったりの方法です。

どうしても気になる石を中心に組み合わせを考えたい場合には、その石と他の石の相性をチェックする方法もあります。

相性をチェックする方法は、専門店で尋ねる、パワーストーンの相性をチェックするツールのあるWebサイトで調べるといった方法があります。これなら、知識のない初心者でも、安心してパワーストーンを選ぶことができます。

まとめ

パワーストーンを選ぶときには持ち主や石同士の相性が大切。相性のよい組み合わせをセレクトすることは、願い事の実現にもつながります。もしパワーストーンに興味がある場合には、石同士の相性について学んでみてはいかがでしょうか。

通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ
資格・検定の一覧

人気の通信教育はこちら

パワーストーンの資格が簡単に取得出来る通信講座。
パワーストーン

パワーストーン
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

パワーストーン資料 パワーストーン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ