どうすればいい?お金はどの程度必要?ペットホテルの経営資格と開業資金について

どうすればいい?お金はどの程度必要?ペットホテルの経営資格と開業資金について

ペットを飼育している人が増加していることから、ニーズが高まっているのがペットホテルです。もし自分でペットホテルを開業したいと思ったとき、どのような資格や準備が必要なのでしょうか。また開業資金はどれぐらいかかるのでしょうか。今回はペットホテルの経営資格と開業資金についてご紹介します。

ペットホテルの開業に必要な準備

ペットホテルに限らず、新しい事業を始める場合には様々な準備が必要です。ではペットホテルの場合にはどんな準備をすればよいのでしょうか。

必要な資格の取得

ペットホテルを経営するためには特別な資格は必要ありません。ただし、開業する自治体に申請を行わなければならず、その際に動物の飼育などに関する資格を取得していると、スムーズに申請を行うことができます。

また、ペットを預かるだけでなく、トリミングやトレーニングのサービスを提供したい場合には、それぞれの資格が必要になることがあります。

もし資格を持っていない場合には、自分で資格を取得するか、資格を持っている人を雇用することが必要です。

資金の準備

ペットホテルを開業するためには資金の準備も重要です。ペットホテルの場合、施設や設備が必要となるため、ある程度のまとまった金額がかかります。

さらにペットホテルを運営するためには備品や消耗品なども必要になるため、どのような備品や設備のホテルにするのか、開業を決めた段階からしっかりと考えておきましょう。

スタイルやサービス形態の決定

ペットホテルの経営には、ペットホテル専門なのか、ペットサロンやペットショップに併設するのかなど、様々な経営スタイルがあります。また、ケージで管理するのか、ケージを使わないかといったペット環境もあらかじめ考えておきたいポイントです。

さらに最近ではペットホテルでトリミングやしつけなどのサービスを提供するところも増えているもの。

サービスを増やす場合には、従業員の数も必要になるためしっかりした計画を立てておきましょう。

経営形態

ペットホテルを経営する場合、大きく分けて個人で経営するのか、大手のフランチャイズに加入するのかという二つの方法があります。

また、自宅の一角を改装して開業する、テナント物件を借りるといった経営形態でも費用は大きく異なります。それぞれにメリットとデメリットがあるので、自分の状況に合ったものを選ぶのがよいでしょう。

マーケティング

ペットホテルを始める前にはやっておきたいのがマーケティングです。

まず、どのような場所で開業するのか、集客はしやすいか、どのような客層を顧客にできるのかなど、事前のリサーチを行っておくことは、ホテルのスタイルやコンセプト作りにも役立ちます。

さらにペットホテルの場合、鳴き声がうるさいのではないか、においがするのではないかなど、近隣住民とのトラブルが起きやすいもの。そのほか、近くに飲食店がないか、交通の便はどうか、散歩できる場所はあるかなど立地に関するポイントもしっかりチェックしておきましょう。特に大きな道路などがある場合、騒音から預かったペットがストレスを感じてしまうこともあるため、十分に注意が必要です。

また、立地だけでなく集客への備えも重要。たとえばWebサイトやSNSを活用するだけでなく、チラシや広告などを行うことで、幅広い層にホテルの存在を知ってもらうことができます。

開業までに見込み客を確保することができれば、そこから口コミが広がることも考えられます。「オープンすれば自然にお客様が来てくれるだろう」と楽観するのではなく、可能な準備はしっかりと行っておくようにしましょう。

料金設定

集客には宣伝や広告だけでなく、料金設定も重要になります。高付加価値で高めの料金設定にするのか、料金は低めに抑えて最低限のサービスに徹するのかなど、ターゲットとなる客層についても考えながら料金設定を行いましょう。適切な料金設定は、リピーターの獲得にも効果があります。リピーターが増えると経営も安定するため、周辺のペットホテルの料金などを考えながら決定しましょう。

運営書類の準備

ペットホテルを利用したことのある人なら分かるように、ペットホテルでは様々な書類にサインをする必要があります。

ホテルの利用規約や同意書、万一のトラブルに対する説明など、運営のための書類はしっかりと準備しておきましょう。

提携動物病院

あまり考えたくないことですが、預かっているペットが体調を崩してしまうことは起こり得ること。そんなときに重要になるのが近くの動物病院です。

もしペットの体調が悪くなった場合、対応してもらえる提携動物病院は必ず探しておく必要があります。動物病院との提携はお客様に対しても安心材料となります。

ペットホテルの開業手続き

ペットホテルを開業するためには自治体に「動物取扱業」として登録することが必要になります。動物取扱業としての登録を行うときには、取扱業登録書のほか、施設の図面や周辺の地図などの提出が求められます。これらは都道府県などによって異なるため、どのような書類が必要なのか事前に確認することが重要。

さらにペットホテルを開業するためには「動物取扱責任者」を選任する必要があります。動物取扱責任者とは、行政との窓口になったり、従業員に対して知識や技術に関する指導を行う役割を持った人のこと。

動物取扱責任者になるためには、同様の業務の実務を半年以上経験していることや、専門学校などで一年以上学習していることなどが条件になります。

また、動物の飼育に関連する資格を取得している人も動物取扱責任者として登録を行うことができるため、ペットホテルの開業を考えた場合、まずは資格を取得するのも良い方法です。

ペットホテルを開業する場合には、税務署に対して「開業届」を提出する必要もあります。

開業届の提出を忘れると、税制上の優遇を受けられる青色申告ができなくなります。売り上げが見込める場合に備えて、開業届の提出も忘れないようにしましょう。

ペットホテル開業に必要な資金

ペットホテルを開業したいと思った場合、もっとも大きな問題となるのが開業のための資金です。ではペットホテルを開業するためには具体的にどの程度の資金が必要になるのでしょうか。

最低でも800万円は必要

ケージを使うかどうか、一匹当たりのスペースをどの程度確保するかなどによっても異なりますが、設備や備品などを揃えて内装を準備するだけでも、最低800万円程度の資金が必要になります。

もし従業員を雇用して、設備も充実させた場合、1000万円をオーバーすることも。

さらに忘れてはいけないのが運転資金。ペットホテルを開業しても最初からお客様が集まり収入が確保できるという保証はありません。経営が安定するまで、ペットホテルを運営していくための運転資金は欠かせません。

特にペットホテルの場合、ペットのお世話をするための水道代や、部屋の温度を整えるための電気代は思ったよりも必要になるもの。

ペットホテルを開業するための資金は余裕を持って準備しておいたほうがよいでしょう。

金融機関から借りる方法も

開業に備えて貯蓄していたとしても、いきなり1000万円近いお金を揃えるのはなかなか難しいもの。

その場合、銀行や公庫などから融資を受けるという方法もあります。もし日本政策金融公庫の場合であれば、これから事業を始める人や、開業直後でも融資を受けることが可能。

ただし、融資を受けるためにはきちんとした事業計画などを整えておくことが求められます。

また、融資を受ける場合でもある程度の自己資金は必要。100万円程度の自己資金を確保しておくと、事業が軌道に乗るまでの期間を乗り切ることができる証明にもなり、融資を受けやすくなることがあります。

さらにペットホテル業界での勤務経験があれば、審査を行う担当者の好印象につながることも。ペットホテル業界での勤務経験は動物取扱責任者の申請にも役立つため、開業を考えている方にはぜひおすすめです。

自宅開業か、テナント開業かで大きく変わる

ペットホテルは自宅で開業するか、テナントを借りて開業するかによっても必要な資金が大きく異なります。

自宅でのペットホテル開業は、店舗を借りて開業する場合に比べると大きく予算を抑えられるもの。店舗を借りる場合、ペットホテルに利用できる物件はそれほど多くないうえに、家賃だけでなく仲介手数料、保証金なども必要。その上、店舗に利用できる物件は住居用の物件に比べると保証金が割高になります。たとえば家賃20万円の場合、保証金が200万円以上必要になることも。

一方、自宅の場合にはこれらの費用が不要になるため、その分の資金を設備や運転資金などに回すことができます。開業した後も、通勤などの必要がなく、働きやすい環境で働くことができます。

ただし、自宅で開業する場合には騒音やにおいの問題で近隣トラブルになってしまう可能性も。特に多くのペットを預かる場合にはご近所からクレームが来ることも考えられます。

さらに自宅が不便な場所にある場合や、周辺にペットを飼っている人が少ない場合など、開業しても集客に苦労することも考えられます。

ペットホテルを開業する場合には、資金や立地、集客などをトータルに考えて開業のスタイルを選ぶとよいでしょう。

どのような準備品が必要?

ペットホテルの開業には様々な準備品が必要です。ペットを預かるためのケージやエサ、食器、給水器、トイレ、遊び道具など、すべてを揃えなければいけません。

また、掃除用品やペット用のシートといった消耗品も必要になるもの。

それ以外にも、冷暖房の設備や電話回線、臭いや騒音対策の工事などを行わなければならない場合もあります。

まとめ

様々なペットと触れ合えるペットホテルの運営は動物が好きな人にとってはやりがいの多い仕事です。開業はハードルが高いと思うかもしれませんが、少しずつ準備を重ねることで夢を実現することができます。

ペットシッターについて

ペットシッター資格はこちら

ページトップへ