こんなにあった!パンに関する資格について

こんなにあった!パンに関する資格について

パンが好きという人の中には、パンに関する資格の取得を考えている方も多いかもしれません。では、パンの資格にはどのようなものがあるのでしょうか。また、パンに関する資格を取得することにはどんなメリットがあるのでしょうか。今回はパンに関する資格についてご紹介します。

パンに関する国家資格

資格には国家が認めるものや民間団体が主催・認定するものなどがありますが、パンについての資格の中には、国家資格も存在します。

パン製造技能士

「パン製造技能士」は、パン作りの実務経験者を対象とした国家資格です。この「パン製造技能士」は日本で唯一の国家資格。実技試験と学科試験に合格することで与えられるものですが、国家資格であるため、合格者には厚生労働大臣の名前が入った合格証書が交付されます。「パン製造技能士」は国家が認める資格であることから、非常に信頼性が高いものとされています。

特級、1級、2級がある

「パン製造技能士」には、受験者のレベルによって特級、1級、2級と三つの段階に分かれています。それぞれ求められる技能は異なり、特級の場合は管理者または監督者が有すべき技能の程度、一級の場合は上級技能者が有すべき技能の程度、二級の場合は中級技能者が有すべき技能の程度とされています。

この「パン製造技能士」は国家資格であるため、ハードルは高くなりますが、パン製造に必要な技術を身につけることが可能です。

パン製造技能士の取得方法

それでは、国家資格である「パン製造技能士」はどのようにすれば取得ができるのでしょうか。

学科と実技

「パン製造技能士」の試験は学科と実技によって行われます。それぞれに求められる内容は、特級、一級、二級それぞれのレベルで異なります。

特級の場合は学科・実技ともに、工程管理や作業管理、品質管理、原価管理、安全衛生管理などについて問われます。

一級と二級の場合は学科では食品やパン製造法、材料、関係法規など、実技では食パンの製造法などが問われます。

さらに一級と二級では、実技・学科ともに問われるレベルや求められる技術も異なります。

また、「パン製造技能士」はそれぞれのレベルによって受験資格も異なります。

特級の場合は一級合格後五年以上の実務経験者、一級の場合は七年以上の実務経験者または二級合格者で二年以上の実務経験者、二級の場合は二年以上の実務経験者または専門高校、短大、高専、高校専攻科卒業者の指定学科修了者などとなっています。

これらの学歴や経験については細かく指定が行われるため、厚生労働省のホームページなどで確認するとよいでしょう

パンに関する資格

「パン製造技能士」は国家資格であるため、比較的受験資格も内容も難易度が高くなっています。しかし。民間の団体が主催する資格であれば、比較的簡単に受験することが可能です。

パンコーディネーター

「パンコーディネーター」は「日本パンコーディネーター協会」が主催する資格です。パンコーディネーターは日本で初めての「パンを食べる視点から適切な助言や提案を行うことができる資格」として誕生したもので、パンに関係した仕事を目指す人に向けて、日本で唯一内閣府所管の公益財団法人日本生涯学習協議会から監修・認定を受けた資格としても知られています。

パンコーディネーターには三つの資格制度があり、パンのコーディネートに関する必要な基礎知識が学べる「パンコーディネーター」、パンを使った企画やプレゼンテーションのスキルを学べる「パンコーディネーターエキスパート」、パンに関する技能や知識を人に伝える技術や方法などを学べる「パンコーディネーターアドバンス」と、それぞれの知識や経験、目的に合ったものを選ぶことができます。

特にもっとも初心者向けのパンコーディネーターの場合、三日間の講座を受講、その後、試験に合格すると資格の認定を受けられるため、パンを仕事にしたいという人がまず目指すべき資格といえるでしょう。

パンシェルジュ検定

パンシェルジュ検定はパン好きな人や、パンの専門家を目指す人のために設けられた資格です。パンシェルジュ検定はパンシェルジュ検定運営委員会が主催する資格で、一級から三級までに分かれています。

三級のパンシェルジュベーシックは、パンの歴史や文化についての基本的な知識、二級のパンシェルジュプロフェッショナルはマーケティングやトレンドなどパンの仕事についての専門的な知識、一級ではパンと健康、サービスといったより高度な知識を学ぶことができます。

パンシェルジュ検定は三級の場合、特に受験資格も必要がないため、まずパンについての基本的なことを学びたいという方にもおすすめ。

そこからより深い知識を追求することもできるため、パン好きにはもってこいの資格です。

パンマイスター

「パンマイスター」は、本格的なパン作りの基礎的な知識や技術を学ぶことができる資格です。初心者の場合、自己流でパン作りの技術を身につけるのはなかなか難しいものですが、パンマイスターの資格は学習を通じてパンの生地作りの基本や材料の選び方、世界各国のパンの作り方を総合的に学ぶことができます。

また、お店のコンセプトやメニュー、店舗づくりのポイント、資金などパン屋開業のノウハウが学べるというのも大きなメリット。

自分でパンを作ってみたいというだけでなく、独立開業やパンに関わる仕事を目指しているという方にはおすすめの資格ということができるでしょう。

パンアドバイザー

パンアドバイザーは日本野菜ソムリエ協会が主催する資格です。パンアドバイザーはパンを食べる人に向けた資格で、パンの味わい方や、味をどのように表現するか、パンの情報のどう整理するかといった点を身につけることができます。

そのため、ブログなどのメディアを通じてパンの魅力を広めたい人や、パンの楽しみを深く知りたい、パンのある暮らしをもっと楽しみたいという方に適した資格です。

資格の取得には、指定された講座を受講し、修了試験に合格すること、課題を提出することなどが必要となりますが、誰でも受験できるため、パン関係の資格に興味がある人におすすめです。

資格を持つメリット

それでは、パンに関する資格を取得することにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

パン職人になるための必須資格はない

実はパン職人になるため、絶対に必須の資格はありません。そのため、パン職人になりたいという場合、パン作りの技術を習得すれば、誰でもチャレンジすることができます。

パン屋やパン教室を開くさいに有利

では、パンに関わる資格を取得することにはどんなメリットがあるのでしょうか。

まずもっとも大きなメリットは、お客さんに対する信頼を得ることができるという点です。

お客さんは初めてのお店のパンを味わうときには不安なもの。そんなとき、パンに関係する資格があれば、お客さんの安心材料になります。また、個人でパン教室を開くときにもパンに関わる仕事は強い味方となってくれるでしょう。

就職、開業、パンのある生活を豊かにする

また、パンに関わる資格を取得することは、就職などにも有利になることがあります。特に飲食関係で働くとき、パンの豊富な知識は様々な点で役に立ちます。

その他にも、自営業として開業する場合や、生活を豊かにしてくれる面でも、パン関連の資格取得には大きなメリットがあるといえるでしょう。

まとめ

様々なレベルや種類のあるパンに関連した資格。資格取得を目指すときには、自分の目的をはっきりさせ、最適の資格を選ぶとよいでしょう。

手作りパン資格

手作りパンについて

手作りパン資格
少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ