露天風呂番付・西の横綱湯原温泉の人気温泉宿4選

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

湯原温泉について

湯原温泉の源泉は、毎分6000リットルもの湯量を誇り、特徴といえるのはこれらの源泉がすべて自噴泉だということです。湯原温泉の地名の由来は「湯ノ原」または「湯ノ河原」から来ており、旭川沿いには至るところから自噴泉が湧き出しています。吹き出す温泉の一部だけ温泉として利用し、その他のほとんどの温泉が川にそのまま流されています。

温泉街には共同浴場や露天風呂などの入浴施設がたくさんあり、昔ながらの射的屋や土産物店、喫茶店、食堂、飲食店などが軒を連ねて、ノスタルジーを誘う温泉街が形成されています。

共同露天風呂「砂噴き湯:砂湯」

湯原ダムのすぐ下流にある広大な共同露天風呂の「砂噴き湯・砂湯」は、川底から砂を巻き上げて源泉が湧き出している様から「砂噴き湯・砂湯」と呼ばれるようになりました。足下噴出源泉露天風呂として西の横綱とされ、旅行作家の野口冬人氏が温泉の専門誌誌上で発表されたことから有名になりました。川の中にある露天風呂で、近隣住民によって管理され、どなたでも無料で入浴できます。

湯原温泉の泉質

湯原温泉は、すぐ近くにそびえる火山・伯耆大山や蒜山火山のマグマの熱で源泉が熱せられて湧き出していると考えられています。

泉質は低張性アルカリ高温泉(新分類法ではアルカリ性単純温泉)です。

湯原温泉のおすすめの温泉宿や魅力について

 

湯原温泉は東にそびえる伯耆大山や蒜山火山のマグマによって熱せられた大量の湧出量を誇る温泉が最大の特徴です。火山がないと思われていた中国地方にこれほどの熱源が残されていたという事自体が驚きです。

旭川沿いには至るところから自噴泉が噴き出し、湯原温泉の全景が見渡せる旭川の上流に位置する「八景・岡山県真庭市豊栄」や共同露天風呂「砂噴き湯:砂湯」を前に望む場所にある温泉旅館「旅館 かじか荘」、元禄元年(1688年)創業の老舗旅館「元禄旅籠 油屋 別館」などの老舗有名旅館が軒を連ねています。「元禄旅籠 油屋 別館」は元禄元年(1688年)創業以来、夜ごと行燈の油を絶やさず行燈を灯し続けてきたことから「油屋」と呼ばれるようになり、屋号となりました。

またさらに旭川の下流には、天然露天風呂「砂湯」まで徒歩2分の好立地にある「湯原国際観光ホテル 菊之湯」や、茅葺き屋根の露天風呂、展望風呂が特徴の侘び寂びを感じさせる山の中腹にある温泉旅館「宝来屋」などがあります。

通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ
資格・検定の一覧

人気の通信教育はこちら

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング資格講座Topへ