阿蘇内牧温泉のおすすめ温泉宿・旅館3選

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

阿蘇内牧温泉について

阿蘇内牧温泉は阿蘇山を囲む北側の外輪山の麓にある温泉街です。温泉街には80に登る源泉が噴出しており、温泉旅館やホテルなどが30以上あります。南へ5kmほど南下したら壮大な草千里が広がるロケーションです。

温泉街には八湯と呼ばれる新穂湯、薬師温泉、田町温泉、宝湯、大阿蘇温泉、七福温泉、阿蘇の湯、入船温泉の八つの「町湯」があり、小さい湯船の昔ながらの雰囲気を残した共同浴場です。料金は100円で各浴場を歩いてまわれます。

夏目漱石や山頭火、与謝野晶子と鉄幹の夫婦などがしばしば訪れていて、夏目漱石は内牧温泉を舞台にした短編「二百十日」を執筆しています。

阿蘇内牧温泉の魅力やおすすめの温泉宿について

阿蘇内牧温泉は南に雄大な阿蘇を眺める阿蘇山の巨大カルデラの北に位置しており、すぐ北側には急峻な円弧を描いた外輪山がそびえて、温泉街を囲っています。阿蘇内牧温泉の最大の魅力は雄大な阿蘇山のカルデラを望むロケーションと温泉街の広大さにあります。とても広い範囲に温泉宿が散らばっているので、一般的な山間に肩を寄せ合うように密集している温泉街とは異なった解放感が味わえます。

火の国阿蘇ならではの雄大で牧歌的な景色を眺めながら、豊かな自然に包まれた一軒宿で静かに温泉を楽しむことができます。また温泉宿では阿蘇の草を食んで育った馬や牛をつかったご馳走がふるまわれます。特に阿蘇内牧温泉で食べる馬刺は、この地ならではの深い味わいがあります。また文豪が愛してきた老舗の純和風旅館からリゾート気分が味わえる温泉リゾートホテルまで、さまざまなタイプの温泉宿があるので、目的にあわせて選ぶことができます。

魅力的な温泉宿には、雄大な阿蘇の自然に囲まれた「旅の宿 阿蘇乃湯」があり、昔ながらの町湯感覚で地元の方も多く利用しています。お湯は無色透明の弱アルカリ性です。また、源泉温度が49℃で、そのまま湯船に流して適温になる「阿蘇内牧温泉 蘇山郷」などもあり、水で薄めることもボイラーで沸かす必要もない源泉そのもののお湯が堪能できます。

さらには、阿蘇山の雄大な全景が見渡せるロケーションで展望風呂がおすすめの「阿蘇ホテル 一番館」をはじめ、敷地内から源泉が湧き出している「旅館 金時」では、天然の岩を使った素朴な露天風呂に滾々と湧き出るたっぷりの湯量をかけ流しにした贅沢なお風呂が堪能できます。

通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ
資格・検定の一覧

人気の通信教育はこちら

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング資格講座Topへ