歴史ある山陰の山峡・湯村温泉のおすすめ旅館

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

「夢千代日記」の舞台になった湯村温泉

湯村温泉は、日本海から峠道を越えて南へ10kmほど入った山間部にある静かな温泉宿です。温泉街の中心に荒湯という噴出泉があり荒湯を囲むようにして温泉街が形成されています。荒湯の温度は98℃と日本一高い温度を誇ります。荒湯にはネットに卵や野菜を入れて噴出泉に浸し、温泉卵や蒸し野菜が作れるように整えた施設があります。湧出量は毎分470リットル、泉質はナトリウム-炭酸水素塩・塩化物・硫酸泉(低張性、弱アルカリ性高温泉)となっています。

ホテルや温泉宿は25軒ほどあります。温泉の総湧出量は毎分2,300リットルと豊富で、余った湯は川に流されているので湯けむりが立ちこめています。特に冬場の湯煙に包まれる温泉街の光景は風物詩になっています。NHKドラマ「夢千代日記」の舞台になったことから知名度が全国的に広がりました。平安時代(848年)開湯し、美人の湯として名高い温泉です。

荒湯をかすめて流れる川沿いには、樹齢100年近いソメイヨシノの並木道があり、桜の季節には美しい花筏がご覧になれます。また葉桜の頃や秋の紅葉など、年間を通して四季折々の風情が楽しめる温泉街です。

湯村温泉の泉質

ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物・硫酸泉(低張性、弱アルカリ性高温泉)

源泉温度98℃(日本一)

湧出量毎分470L (メタケイ酸192.5ミリグラム)

湯村温泉のおすすめのお宿

荒湯を囲むようにして、「湧泉の宿 ゆあむ」兵庫県美方郡新温泉町湯や、「佳泉郷井づつや」兵庫県美方郡新温泉町湯、「さんきん旅館」兵庫県美方郡新温泉町湯などの温泉旅館が肩をよせあうように密集しています。

荒湯から少し離れた天神山の麓にある「湯村温泉 自家源泉の宿 とみや」は、湯村温泉を見渡す高台に建つ温泉宿です。幹線道路からだいぶあがた場所にあるので、とても静かに休めます。お食事はすべてお部屋にお持ちします。さらに和モダンな温泉ホテル「湧泉の宿 ゆあむ」などもあり、安定感の良い低めの広いベッドが眠りを誘う居心地のいい部屋です。大浴場ではタオルが使い放題になっていて日に何度でもゆっくり入れます。

さらには、湯村温泉を見下ろす高台に位置する温泉宿「湯快リゾート 三好屋」は、森林に囲まれた露天風呂で星空を眺めながら温泉気分を満喫できます。ミシュランガイドにも掲載されています。

またコスト面で良心的なお宿としては、「湯村山荘」があり、保養所なので格安で宿泊できるところが最大の魅力です。天然温泉かけ流しの大浴場はとても気持ちの良い温泉です。

通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ
資格・検定の一覧

人気の通信教育はこちら

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング資格講座Topへ