奈良の人気観光地!山の辺の道の見どころ3選

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

山の辺の道とは

山の辺の道は、奈良盆地の東側山の端に沿って南北に伸びている全長10kmほどの遊歩道です。本来の全長は約35kmありますが、遊歩道として整備されているエリアは、南部の多くの古墳や遺跡が残されている区間となっています。この道は「古事記」にも「御陵は山辺の道の勾の岡の上に在り」などとしばしば登場するので、かつての古代大和政権時代の幹線道路であったと考えられています。

山の辺の道は、林や丘、数々の集落をぬうように走っていて、奈良盆地が一望できるビューポイントが至る所にあります。西にそびえる生駒山から金剛山に伸びる葛城、金剛の山脈も見渡せます。また大和三山もおだやかな姿で奈良盆地に横たわって見えます。

山の辺の道の観光スポット

山の辺の道として遊歩道が整備されている区間は、かつて邪馬台国があったのではないかといわれているロマンあふれるハイキングコースです。道沿いには大小合わせて数百の古墳が散在しています。その中には「卑弥呼」の墓ではないかといわれている箸墓古墳も含まれています。このあたりは古墳と共存する形で民家が建っており、庭に古墳がある家やこんもりと盛り上がっている畑なのでよくよく調べてみたら古墳だったという家などがあり、日常の暮らしの中に古墳が当たり前のように存在している特殊なエリアです。

南北に走るJR桜井線に並走して山野辺の道は伸びており、JR桜井線から東へ1kmほどの山の端にあります。JR桜井線に沿って天理駅から三輪駅までたどるコースやまたはその逆のコースなど、好きなように気ままに歩ける散策コースです。途中で疲れた場合は1kmほど西にでた場所に2km間隔で長柄駅、柳本、巻向駅などの駅があるので鉄道も利用できます。

山の辺の道には途中のポイントごとにトイレが整備されています。トイレは夜都伎神社の手前と崇神天皇陵の周辺、玄實庵周辺、三輪山麓の大神神社にあります。道沿いに休憩場所やトイレの看板が出ているのでわかりやすくなっています。また観光案内の看板も充実しています。

山の辺の道の沿線には、以下の名所や旧跡があります。

石上神宮・内山永久寺跡・大和神社・西山塚古墳・長岳寺・伝崇神天皇陵・黒塚古墳・櫛山古墳・天神山古墳・伝景行天皇陵・箸墓古墳・檜原神社・夜都伎神社・三輪山・大神神社・竹之内環濠集落・萱生環濠集落

JR桜井線は北は奈良市から南は橿原駅を経てJR関西本線と接続しているので、大阪方面や京都方面からのアクセスに便利です。

通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ
資格・検定の一覧

人気の通信教育はこちら

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ