京都の人気観光スポット!大徳寺の見どころ3選

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

大徳寺の観光スポット

大徳寺は京都市北区の市街地の中にある寺です。臨済宗大徳寺派大本山で山号は龍宝山です。本尊は釈迦如来像で、大燈国師宗峰妙超によって正中2年(1325年)に建立されました。市街地の中にありながら広大な敷地を有する禅宗寺院で、境内には仏殿や法堂などの伽藍と20寺以上の塔頭が点在しています。

大徳寺は多くの名僧を輩出しており、茶道ともかかわりの深い禅寺です。日本の文化に多大な影響を与えてきました。庭園、障壁画、茶道具、中国伝来の書画など多くの文化財を有しています。なお大徳寺本坊は一般公開していません。

大徳寺の歴史

大徳寺は禅僧・宗峰妙超が洛北紫野に小堂を建立したことが起源となっています。宗峰妙超は弘安5年(1282年)に播磨国の守護赤松氏の家臣であった浦上氏の子として誕生しました。11歳で出家し当初は天台宗で修業しますが、のちに禅宗に傾倒し、鎌倉の高峰顕日や京都の南浦紹明に参禅しました。その後南浦紹明が鎌倉の建長寺に移ったので付いてゆきます。その後京都の東山で修行を続け、同郷の赤松円心の助けで紫野に小堂を建立します。花園上皇が宗峰に帰依し、正中2年(1325年)に大徳寺と号しています。この頃から寺院の境内として形態が整ってきます。

後継の後醍醐天皇も大徳寺を庇護し、建武元年(1334年)に大徳寺を京都五山の最上位に位置づけました。しかし足利政権に移ってから不遇の時代を迎えます。京都五山から排除されただけでなく、十刹の最下位に位置づけられてしまいました。第二十六世養叟宗頤は、永享3年(1432年)に足利政権下にあった五山十刹から離脱し、座禅修行に専心するという独自路線を進むようになります。

足利政権に庇護されて世俗化した五山十刹の寺院を「叢林」(そうりん)と呼ぶのに対して、在野色の強い大徳寺や妙心寺は「林下」(りんか)と呼ばれるようになります。

その後、大覚寺は貴族や大名、商人、文化人などの幅広い支持を受けて隆盛してゆくことになります。室町時代には一休宗純などの名僧を輩出しました。侘び茶の創始者である村田珠光などの東山文化を担う文化人らが一休居士に参禅するようになると、茶の湯の世界とも縁が深くなり、武野紹鴎や千利休、小堀遠州といった多くのお茶人が大徳寺と深い関係を結ぶことになります。

大徳寺には塔頭龍光院密庵などといった国宝に指定された茶室や文化財を数多く持っています。応仁の乱(1467–77年)などで一度焼失しましたが、一休宗純が堺の豪商らの資金援助で再興しました。

江戸時代初期に幕府の統制で高僧・沢庵宗彭が流罪になりましたが、後に三代将軍家光が沢庵に帰依して、幕府との関係も改善しました。

通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ
資格・検定の一覧

人気の通信教育はこちら

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ