オメガ9系オイルの効果・効用と欠乏時の欠点

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

油脂は、含まれる脂肪酸の違いから、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸とに大きく分類され、更に不飽和脂肪酸は一価不飽和脂肪酸と多価不飽和脂肪酸に分類されます。

そして一価不飽和脂肪酸の代表がオメガ9系不飽和脂肪酸であり、ここではオメガ9系オイルの効能・効果を紹介します。

オメガ9系オイルの代表は、オリーブオイル、菜種油、アボガドオイル、椿油、アーモンドオイル、ピーナッツオイルなどです。また、ごま油と米油はオレイン酸とオメガ6系のリノール酸とが同比率含まれています。その他、調理オイルとして摂り入れる方法以外にも、間食などに良いアーモンドからも摂り入れることができます。

オメガ9系オイルの効能・効果

オメガ9系不飽和脂肪酸の主成分はオレイン酸であり、オメガ6系及びオメガ3系オイルとは異なり体内で合成することができることが特徴です。そのため、毎日多くを摂取する必要はさほどありませんし、そもそも油は摂りすぎると肥満や脂質異常症(高脂血症)の原因になります。しかし、オメガ9系オイルは適量であれば、中性脂肪やコレストロールを下げる働きがあるのです。

コレストロールを下げるに際しても、善玉コレステロールを下げずに悪玉コレステロールだけを下げる働きがあることがわかっているのです。また、オレイン酸は体内で老化を促す活性酸素と呼ばれる物質と結びついて、脂質が酸化することを防ぎます。そのため、老化を防止してくれるとともに、脂質の酸化を抑えるので加熱調理にも向いているのです。

その他にも、オメガ9系オイルの主成分であるオレイン酸には以下の効果が期待できます。

・酸化や活性酵素を防ぐ

・体の細胞や脳を健康にしてくれる

・血液をサラサラにする

・動脈硬化・心筋梗塞を予防する

・胃酸過多や胃漬瘍を予防する

・胃腸を整えることによる便秘を解消する

・高血圧の予防をする

肌の皮脂に含まれている油は「オレイン酸」がもっとも多くを占めており、皮膚をふっくらとさせ、弾力やハリのある肌になるように促します。また、肉類などの脂は消化に時間がかかり、胃酸の分泌が多くなり胸焼けなどの症状がでますが、オレイン酸は肉の脂と比べて胃を通過する時間が短いため油分を摂取しても胃もたれなどの症状を予防することができます。

オメガ9系オイルの欠乏時の欠点

このように、オメガ9系オイルには効能・効果がありますが、一方で、オメガ9系オイルの主成分であるオレイン酸が欠乏してしまうと、以下のような症状が生じる可能性があるのです。

・皮膚の湿疹や発疹が生じる

・指のささくれが生じる

・ふけが発生する

・脱毛が生じる

・乾燥腺になる

・成長が遅れる

・乾燥肌になる

・ドライアイになる

・動機・息切れが生じる

・流産の危険性が生じる

・脂肪食品が欲しくなる

・膝や関節が硬くなったり痛みが生じる

オメガ9系オイルのその他の効能・効果

オメガ9系不飽和脂肪酸には、オレイン酸の他にもパルミトレイン酸と呼ばれるものが含まれています。

このパルミトレイン酸は、オメガ9系オイルの他には馬油にも含まれているのですが、パルミトレイン酸には、血管を丈夫にする効果があるとされています。また、肌の脂質にも含まれている脂肪酸なので、パルミトレイン酸を摂り入れることで、皮脂の分泌を促進したり、肌の再生に役立つと言われています。このパルミトレイン酸を多く含む調理向きのオイルとしては、例えば、マカダミアナッツオイルがあります。

まとめ

脂肪酸は健全な細胞を作る基礎となり、一般的な病気や健康上の問題を予防し、また克服するのに役立ち得ます。1日の必要な脂肪酸を一度の食事で摂るのではなく、毎食の食事から徐々に取り入れることがより有効な効果をもたらすとされています。

オメガ9系オイルを摂り入れる際には、良質のオリーブオイル、ごま油、菜種油などが気軽に入手できるでしょう。脂質は非常に重要ですが、単に油脂を摂ればいいわけではないですね。オイルの選び方、摂り方によっては毒にも薬にもなります。良質のオイルをバランスよく摂ることを意識しましょう。

 

通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ
資格・検定の一覧

人気の通信教育はこちら

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ