オメガ3系の重要性と副作用

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

オメガ3系を含むもの

オメガ3系は、主にα-リノレン酸、EPA、DHAの3種類の油に分類できます。α-リノレン酸を多く含むものに、主に、亜麻仁油、えごま油、しそ油などがあります。EPA、DHAを多く含むものは、主に魚類です。

オメガ3系オイルの摂取の重要性

オメガ3系にはα-リノレン酸、α-リノレン酸が体内酵素により変換されたEPA、DHAが含まれていることや、そもそもオメガ3系は必須脂肪酸です。それにも関わらず、現代人はオメガ3系が不足しています。

そのため、たとえば以下のような重要性があることからもオメガ3系の摂取は必要とされているのです。

オメガ6とオメガ3は免疫系に対して異なる反応を示します。

つまり、オメガ6は炎症反応を促進し、オメガ3は炎症反応を抑制する方向に働くのです。

オメガ3の炎症抑制作用によって、オメガ6の過剰摂取による過剰な炎症反応が抑制されることで、免疫系がバランスを取り戻し、アトピーや花粉症などのアレルギーを改善することができるのです。また、オメガ3系が不足すると、脳機能の低下だけでなく、肌や代謝にも影響を及ぼします。

オメガ3系は体機能を正常に保つ上で必要不可欠な栄養素なのです。オメガ3脂肪酸を必要とするリン脂質は、神経細胞の修復や細胞の活性化、細胞増殖にも関わるため、不足すると脳の働きが鈍くなり精神状態を不安定にしますので、ここにオメガ3の重要性があります。

更に、青魚に多く含まれるオメガ3のEPA、DHAはコレステロール血の低下、血流の改善など生活習慣病の予防に効果があるとして非常に注目されており、またEPAは脂質異常賞の治療薬としても使われているのです。

オメガ3系の副作用

オメガ3系が必須脂肪酸である上、いくら重要性があるとはいっても、やはり脂肪であることには変わりありません。そのため過剰摂取をすれば当然カロリーオーバーになりますし、脂肪の蓄積に繋がってしまいます。また、腸の動きを活性化して便秘を解消する作用もあるのですが、過剰摂取すると軟便や下痢になることもあります。オメガ3自体には摂取することで問題はないのですが、オメガ3の扱い方を間違えると問題を引き起こすということです。

更に、オメガ3系は非常に熱酸化しやすいです。酸化されたオメガ3系は体内で活性酸素を大量に発生させることになります。

活性酸素は細胞の毒となり、活性酸素を除去するために酵素がたくさん動員されるのです。すると酵素が不足してしまい余剰した活性酸素によって油がさらに酸化し、過酸化脂質へと変貌します。過酸化脂質は血管の内壁にべったりとくっつく性質があり、血管壁に蓄積されて血管を狭めてしまい、高血圧状態となって劣化が加速します。過酸化脂質がべったりと血管壁にくっつく事で壁から酸素や栄養素を取り込むことができなくなったり、血管の細胞が酸欠、栄養失調状態となってしまうのです。

劣化した血管は、動脈硬化を起こし、脳梗塞や心筋梗塞などのリスクを高めて命さえも脅かしてしまうので注意しましょう。

まとめ

必須脂肪酸であるオメガ3系ではありますが、やはり脂肪であることには変わりません。

過剰摂取をすれば当然カロリーオーバーになりますし、弊害も多くあります。

油は何より摂り方が非常に重要になります。

良質の油を適量摂取することを心がけましょう。

通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ
資格・検定の一覧

人気の通信教育はこちら

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング資格講座Topへ