オメガ3系の血管へ与える効果・効用

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

オメガ3とは

食用オイルは脂質ですが、脂質である油脂は、「太る」とのイメージが強いです。

しかし脂質は三大栄養素の1つで、体のエネルギーや細胞膜の材料にもなり、また脂質がないとビタミンも取り込めないため重要なのです。脂質は油脂の形で体内に摂り入れますが、この油脂を正しく選び、正しく摂ることが、より健康に生きていくことにつながるのです。

油脂は、含まれる脂肪酸の違いから、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸とに大きく分類され、更に不飽和脂肪酸は一価不飽和脂肪酸と多価不飽和脂肪酸に分類されます。化学構造の違いから、一価不飽和脂肪酸はオメガ9系、多価不飽和脂肪酸はオメガ6系及びオメガ3系とも呼ばれています。私たち人間は、オメガ3系のαリノレン酸とオメガ6系のリノール酸を体内で合成することができないため、これらは必須脂肪酸と呼ばれ、食事などを通して外から補う必要があるのです。

オメガ3の効果・効用

オメガ3系の摂取により、具体的に以下のような効果が期待できます。

・悪玉コレストロール値を下げる効果

オメガ3には、悪玉コレステロール値を下げることに加えて、善玉コレステロール値を上げる作用があります。悪玉コレステロールは、血管に蓄積し流れを悪くしたり、血管を硬くします。その悪玉コレステロールが低減されれば、動脈硬化を予防・改善したり、血液をサラサラにする作用が期待できるのです。

コレステロールには、LDL(悪玉)コレステロールとHDL(善玉)コレステロールが存在し、それぞれが体内で重要な役割を担っています。LDL(悪玉)コレステロールは、体のすみずみにコレステロールを届ける役割を持っており、逆にHDLは体内で余剰したコレステロールを回収して肝臓に運び、代謝させる役割を担っています。LDLコレステロールが悪玉といわれるのは、LDLコレステロールが過剰な状態になると、血流にのってコレステロールを運び続けるため、細胞で使われなかったコレステロールが血管内に蓄積されてしまうためなのです。

一方、HDL(善玉)コレステロールは、血管内に余剰したコレステロールを回収してくれるので善玉コレステロールと呼ばれています。ここで、いくら善玉コレステロールが働いても、LDLコレステロールが多いと血管にはコレステロールが溜まり続けてしまいます。LDLコレステロールが血管内に溜まっていくと血管の壁はコレステロールが何重にもくっついて厚くなり、血液の通り道が狭くなるだけではなく、血管の筋肉が収縮できなくなって硬くなる動脈硬化を引き起こしてしまいます。更に、血管の壁はこし器のようになっており、酸素や栄養素をろ過しながら取り込んでいるため、コレステロールがべったりと張り付いていると血管壁の目が詰まって酸素や栄養素が取り込めなくなり、血管が酸欠・栄養失調状態を起こし、機能できなくなるのです。

そこで活躍するのが、オメガ3です。血管壁にこびりついたコレステロールを削り取ってくれるのです。

コレステロールを削り取った後は、そのままオメガ3がコレステロールと取って代わって血管壁にくっつきますが、オメガ3はギザギザとした隙間があるため、酸素や栄養の取り込みができるようになり、柔らかい構造をしているために血管の動きを邪魔しません。オメガ3はLDLコレステロールによって劣化した血管を復活させる効果があるのです。ちなみに、悪玉コレステロール値は、加齢や食生活の乱れにより上がりやすくなります。

・血管をつるつるにする効果

LDLコレステロールと取って代わったオメガ3は、ギザギザ構造と柔らかい構造によってすぐに血管から剥がれ落ちてしまいます。剥がれ落ちたコレステロールやオメガ3は血流にのって体内で有効利用されるためなくなります。つまり、オメガ3によって血管に何もくっついていないつるつる状態を作りあげることができるのです。血管がつるつるになることで、血管の質が改善され、血液の流れがよりスムーズになるのです。

・血管をケアする効果

オメガ3には、血管全体を健全に保つようにケアする働きもあります。つまり、「血管をサラサラにする」、「血管をつるつるにする」、「血管をメンテナンスする」、といった3つの作用によって血管のあらゆる機能低下を予防・改善する効果が期待できるのです。

まとめ

オメガ3系の不飽和脂肪酸は、私たち人間にとって血管や血液の流れは非常に重要なものです。是非、1日に適量の良質なオメガ3を摂取し、健康な血液血管を意識してみてください。

通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ
資格・検定の一覧

人気の通信教育はこちら

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ