オメガ3とオメガ6の関係

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

食用オイルの分類

食用オイルは脂質ですが、脂質は「太るもの」とのイメージが根強いです。しかし脂質は三大栄養素の1つで、体のエネルギーや細胞膜の材料にもなり、また脂質がないとビタミンも取り込めないため重要なのです。脂質は油脂の形で体内に摂り入れますが、この油脂を正しく選び、摂ることが、より健康に生きていくために欠かせません。

食用オイルである油脂は含まれる脂肪酸の違いから、大きく飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸とに分類され、不飽和脂肪酸は更に、一価不飽和脂肪酸と多価不飽和脂肪酸とに分類されます。

化学構造の違いから、一価不飽和脂肪酸はオメガ9系、多価不飽和脂肪酸はオメガ6系及びオメガ3系とも呼ばれています。

私たち人間は、オメガ3系のαリノレン酸とオメガ6系のリノール酸を体内で合成することができないため、これらは必須脂肪酸と呼ばれ、食事などを通して外から補う必要があるのです。

オメガ6系とオメガ3系オイルの関係

オメガ6系不飽和脂肪酸は、菜種油、ごま油、いわゆるサラダ油などに多く含まれています。オメガ3系不飽和脂肪酸は、えごま油、アマニ油などに多く含まれています。このオメガ6系オイルとオメガ3系オイルは体内に入ると正反対の働きをします。どちらも必要ですが、特に両者のバランスが非常に重要となります。拮抗する作用がバランスよく働いて初めて細胞を健康に保つのです。特に、神経細胞の細胞膜にはオメガ3が欠かせません。

オメガ3とオメガ6のバランス

オメガ6であるリノール酸には、ガンを促進する物質を合成してしまう作用があります。

そこでオメガ6と拮抗する作用を持つオメガ3を摂ると、ガン促進物質を抑制することができると考えられているのです。

オメガ6が、「堅牢な細胞膜を作るために働くイメージ」であるのに対して、オメガ3は、「柔軟な細胞膜を作るために働くイメージ」です。堅牢にしないと外的に犯されやすくなりますので、オメガ6による血液を固める作用がないと、出血した時に血が止まらなくなります。

しかし一方で、こうした防衛作用が過剰になると、細胞同士の情報伝達や栄養素のやり取りがうまくいかなくなります。

炎症が進んで細胞が傷ついたり血管が詰まったりするので、細胞膜を柔軟にすることで血栓をできにくくし、炎症やアレルギーを抑制するといった正反対の作用をもつオメガ3の働きが必要になるのです。

オメガ6が炎症を促進する一方、オメガ3は炎症を抑制するというように、両者は拮抗する作用を持っているのです。

オメガ6を過剰摂取すると、オメガ6から作られるロイコトリエンがアレルギー反応を誘発することが医学界ではすでに常識となっています。摂り過ぎているオメガ6を控えオメガ3の割合を多くするだけで、アトピーや喘息の大幅な改善が期待できるのです。

オメガ3とオメガ6の摂取方法

バランスと同時に気を付けたいのが摂り方です。オメガ6系とオメガ3系はどちらも熱に弱く、高温調理に使うと、体で毒として作用する酸化した油となります。油は本来、生で食べるものなのです。高温調理に使用することなく、生で摂りいれることを心がけましょう。

また、オメガ6系であるリノール酸を多く含むサラダ油は、オメガ3系のαリノレン酸をわずかしか含みません。そのため、無意識にサラダ油を使っていると必然的にオメガ6が過剰になりますので、植物油を摂る際にはオメガ3系の含有量の多い油を摂るように心がけましょう。現代人はオメガ3系が不足していますので、1日に大さじ1程度オメガ3系オイルを摂るとよいでしょう。

まとめ

現代人のほとんがオメガ6脂肪酸を摂りすぎています。植物油を摂る際には、摂りすぎているオメガ6脂肪酸を控えてオメガ3脂肪酸の含有量の多い油を摂るように心がけましょう。

オメガ3もオメガ6も熱酸化しやすいので、加熱調理をしないことにくれぐれも注意しましょう。加熱調理する場合には、植物油の中では比較的熱に強いオメガ9系を使用することをお勧めします。

 

 

通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ
資格・検定の一覧

人気の通信教育はこちら

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング資格講座Topへ