エクストラ・バージン・オリーブオイルの本物と偽物

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

オリーブオイルについて

オリーブオイルは、健康面及び美容面での効果・効能が話題となっていますが、実は、その効果・効能を発揮するのは最高峰の本物」のエクストラバージンオイルである場合なのです。

本物と偽物とでは、味や香りだけではなく、健康・美容効果も全く異なります。

しかし、日本の市場の9割以上のオリーブオイルが偽物と言っても過言ではないことをご存知ですか。

ここでは、本物と偽物のオリーブオイルの違いなどをご紹介していきます。

日本で偽物が多い理由

日本市場においてはなぜ9割以上もの偽物が出回っているのでしょうか。

実はエクストラバージンオイルの基準が、世界と日本とでは異なるからなのです。

日本だけは、世界の国々が採用している基準とは異なる基準によってオリーブオイルを区分けしているのです。

本物と偽物について

では本物とはどのようなオイルなのでしょうか。

日本以外の世界の国々では、オリーブオイルを以下の3種類に区分しています。

・バージンオリーブオイル

・精製オリーブオイル

・オリーブオイル

この中で最も品質が高いのがバージンオリーブオイルで、オリーブの果実を搾ってろ過しただけの、科学的な処理を一切用いずに、オリーブの洗浄・デキャンディング(他のビンに移し替える)・遠心分離・フィルターろ過の処理のみにより抽出されたオイルです。

そして、バージンオリーブオイルは化学分析とテイスティングによる官能検査の基準により「食用として利用するのに適しているもの」に分類され、更に「食用として利用するのに適している」バージンオリーブオイルの中で、化学分析により、酸度0.8以下で、かつ、官能検査で風味に悪臭など(酸敗臭や発酵臭)の欠陥要素なし、と判断された最高品質のオイルのみがエクストラバージンオイルとの表示を許可されているのです。

これに対して、日本の基準によるバージンオイルとは、「酸度が2%未満であること」なのです。

そしてそれ以外はピュアオリーブオイルに分類されます。

日本では本物のエクストラバージンオイルとして販売しているものも、世界基準でみると実は偽物のエクストラバージンオイルが蔓延しているのです。

ちなみに、このピュアと言われるオリーブオイルですが、搾っただけのオイルを精製し香りや味のない油の状態にしたものと、エクストラバージンオリーブオイル、もしくは、バージンオリーブオイルをブレンドして作ったものとがあります。

また、日本だけではなく、最近では世界規模でも偽物が蔓延しています。

化学的に精製されたオリーブオイルはまだ良い方でして、大豆油や菜種油にエクストラバージンオイルを少し混ぜただけの粗悪品もエクストラバージンオイルとして流通しているのです。

低級の植物油に植物エキスで香りや色付けしたり、瓶などに規格基準の違うラベルを貼ったり、架空の生産者の名前やそれらしいブランド名をつけたりといった手口でも販売しています。

本物の見分け方のポイント

では、本物をどのように選べばよいのでしょうか。

いくつかのポイントをご紹介します。

・オーガニック認証マークの有無

・酸度が8以下であるかチェック

・1mlあたり3円以上すること

・遮光瓶には入っていること(オリーブオイルにとって光は大敵なのです)

・「低温圧搾」、「一番絞り」、「cold press」などと表示されていること

・ラベルの情報を確認する(最低限、収穫時期と原産国(地域)、オリーブの品種についての記載の有無)

・テイスティングをする(本物は果実味が強く、サラッとしていてさわやかです)

・品評会での受賞歴のあるオイルを選ぶ

一方、ペットボトルに入っているオリーブオイルは質の悪い油です。

プラスチックの有害物質が溶け出して、油に混ざっている可能性があるからです。

まとめ

本物のエクストラバージンオイルはとても高価ですし、国内のスーパーなどではほとんど入手できません。

健康や美容を思って購入したものの、リーズナブルに入手したものを使っていると、かえって体に害をもたらす可能性さえあります。

ぜひ本物と偽物を識別できる味覚と知識をもつことをおススメします。

なお、本物を購入する最も確実な方法は、通販になります。

通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ
資格・検定の一覧

人気の通信教育はこちら

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ