巻き爪はこうやって出来る!あなたの生活チェック

ネイルケア

巻き爪という症状があります。文字通り爪が曲がってしまう状態のことで、特に両脇部分が内部に入り込んだり婉曲してしまう症状が多いですね。しかし自分で爪を内側に曲げようとする人はいないはずです。一体どうして彼らは巻き爪になってしまうのでしょうか。今なっていない方も要注意!これから巻き爪になりうる生活スタイルを紹介します。

深爪は巻き爪予備軍?


最も多い原因が深爪です。邪魔だったり切りたいからといって必要以上に爪を切ってしまうと、後から生えてくる爪が巻き爪になってしまうんです。正確には、過剰に爪を切ることによってその分皮膚や肉の面積が大きくなり、爪の成長を邪魔してしまうことで起こります。爪はそれで成長を止めるわけではありませんから、行き場をなくして内側に伸びてしまうというわけですね。手の爪の場合はストレスや癖で噛んでしまう人もいますが、それも巻き爪になる可能性が高いです。

ハイヒールの形状に注意


靴の形状によって巻き爪になりやすい人もいます。特にハイヒールなどつま先部分が細くなってしまっている靴は、足も細め、圧迫させています。皮膚だけでなく爪にもその圧迫はかかり、内側に曲がれと矯正をかけられているイメージです。

負傷による圧迫


運動をしている人はこの点に注意してください。どんな理由でも、爪の部分を負傷してしまうと、皮膚が炎症を起こし、深爪の時同様に盛り上がってしまいます。当然爪の成長を妨げるために巻き爪になってしまうというわけですね。

体重の増加と比例


巻き爪の可能性は体重に比例するといっても良いでしょう。気づいていない人も多いかもしれませんが、足の爪は体の体重を支えているんです。重さに耐えるという点では靴や負傷時の圧迫に近いものがあります。当然、耐える重さが増えれば増えるほど、爪の負担は多くなってしまい、深爪になりやすい状況に追い込まれます。

もともとの性質と遺伝


爪は人によって硬い、柔らかいなどの違いがありますが、それらは遺伝によるものです。そしてもう一つ、巻きやすさも遺伝として伝わっているんです。巻き爪になると定められているわけではありませんが、両親が巻き爪になっていたり、巻きやすい爪である場合は今後の生活に注意したほうがいいですね。

思い当たる可能性はあったでしょうか。爪のメンテナンスは最低限行う、休日は幅の広い靴を履くなど、それぞれに対処できることはあるので、巻き爪を避けるためにも爪への配慮を忘れないようにしたいですね。

人気の通信教育はこちら

初心者からでも安心♪ ネイルサロン経営だって目指せる。
ネイル資格

ネイルアートデザイナー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ネイル資料 ネイル

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る