既婚者は要注意!異性の友達関係を見直そう

メンタル心理

既婚者でも、古くから付き合いのある異性の友人がいる、という方はもちろん多いことでしょう。友達関係そのものは大切なので、結婚したからといって異性の友人とは一切付き合わない、というのは不自然です。

でも、ちょっと考えてみましょう。「何でも相談できるただの友達」とあなたは思っていたとしても、あなたのパートナーはその人の存在をどう思っているでしょうか。夫婦で一緒に過ごしている時間に、パートナーが異性の友人と長電話をしたり、メールやLINEで頻繁にやり取りをしているとしたら、どんな印象を持つでしょうか。「ただの友達」という言葉を信じにくいかもしれません。

 

男性でも女性でも、異性から関心を示されたり頼りにされたりするといい気分になるものです。それは既婚者でも同じでしょう。「評価されている」「自分には魅力がある」と考えるのです。結婚してしばらく経ち、子どもが産まれたりするとパートナーとの恋愛関係が薄れて家族関係の方が強くなるのかもしれません。そんな時に異性の友人や同僚から何か相談を持ちかけられたり、「二人で食事に行きたい」と誘われたりすると、嬉しくなって徐々に関係を深めてしまうでしょう。

また、結婚生活に問題があったり、なかなか解消できないわだかまりがあったりして、家庭での居心地が悪くなっているのかもしれません。何も考えず気楽にただ楽しく過ごせる相手を見つけたいだけ、ということもあります。

 

「ただの友達」と思っていても、やはり異性は異性です。もし二人だけで食事に行ったり、電話やメール、LINEのチャットなどで長い時間接したりしていると、気付かないうちに感情が一段階進んでしまう場合もあるでしょう。取り返しのつかない失敗をしてしまわないためにも、自分の中に明確な線引きをしておく必要があります。

結婚して何年経っていても、パートナーが自分に取って一番大切な存在であり、かけがえのない存在であることには変わりありません。異性の友達と親しくなり過ぎていないか、ちょっと自分の交友関係を見直してみるのはいかがでしょうか。

人気の通信教育はこちら

音楽で癒す。心理の資格。
メンタル資格

メンタル心理ミュージックアドバイザー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

メンタル心理資料 メンタル心理資格

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る