高齢者に音楽療法

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

効果のある音楽

音楽は人に癒しをくれる物です。
小さい時から音楽を聴いてきているので、音楽はなくてはならない物だと思います。
年代によって流行の音楽があり、年代によって受け入れられる音楽も違います。
昔の音楽は好きだけれど、今の音楽は好きではないまたはその逆もあると思います。
このように音楽療法も同じで、年代を考え音楽を選ぶ必要があります。

今回は、高齢者に対しての音楽療法を見ていきたいと思います。

高齢者の音楽を

最近、高齢者の閉じこもりや自殺など聴くことがあると思います。
それは、人生に諦めを持っていることが多いからです。何か自分の役割があれば、思うことはありません。
ですが、高齢者の中には認知症の人もいます。必ずしも諦めを持っているとは言いませんが、自分は何をしているのかなど生きがいが分からなくなっている人がいます。
そんな時に、音楽療法が役に立ちます。

高齢者にとって音楽療法は、認知症に効いたり、失語に効果があったりします。

認知症に効くと言われているのは認知症に人は今の記憶がない状態です。ですが、若い時のことは良く覚えているのです。
体も動かさないことが多いです。
それが、懐かしい音楽を聴くことによって脳が刺激され記憶が思い起こされるのです。
そのことによってやる気が出たり、生きる意欲がわいて体を動かすようになります。

失語に効果があると言うのは、脳の人が言葉を発するのに必要な部分が麻痺のある高齢者にとって話すことは容易ではありません。上手く人に伝えることが出来ず、話さなくなってしまう高齢者もいる程です。ですが、麻痺があるからこそ話すと言うリハビリが必要なのです。話すことによって回復する可能性があります。
そんな時に、音楽療法を使います。
上手く話すことは出来なくても、リズムに乗ることで自然と歌詞が出てきたりするので言葉を発するようになります。
それがリハビリとなり、本人はリハビリと感じないうちに自然に会話がうまく出来るようになるのです。

このように音楽療法は、高齢者にとって必要な療法の1つなのです。

最後に

高齢者にとってなぜ音楽療法が必要なのかわかったでしょうか?
音楽療法は病院でする治療だけではありません。
家にいる高齢者にも効果のある療法です。
健康なうちから音楽を聴くと言うこともいいです。
もしも周りに高齢者の人がいるのであれば、懐かしい思い出の音楽を聴かせてあげましょう。
そうすることで、予防になります。

通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ
資格・検定の一覧

人気の通信教育はこちら

音楽で癒す。心理の資格。
メンタル資格

メンタル心理ミュージックアドバイザー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

メンタル心理資料 メンタル心理資格

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ