音楽療法の種類

音楽療法の種類

音楽療法の種類は?

大人も子供もストレスが多い現代、どのようにストレスを発散させていますか?
人それぞれストレス発散方法はあると思いますが、音楽に触れると言う方法を選択する人は多いのではないでしょうか。
ストレスを溜めこむと、精神的にも体も病気になってしまったり人との関わりも無くなってしまったりしてしまうことになってしまいます。
そこで音楽療法が必要となるです。

音楽を聴いたり歌ったりした後、スッキリしたり気分転換が出来たなど気持ちの変化が起こった覚えはありませんか?
音楽療法と言うのは、このスッキリしたりするという変化を利用して音楽に触れて治療をしていくと言う療法です。

音楽療法は、日本だけではなく世界中で取り入れられています。
それだけ効果があると言われている療法です。
効果のある治療法は、音楽療法をしている時だけでも楽しいという気持ちになることが大切です。
音楽療法をしている人が楽しい気持ちにならないと意味がありません。
楽しむと音楽を聴いたり、歌ったり、楽器を使うことで健康的にストレスを解消し気分転換することが出来ます。

音楽療法の種類としては、次のような物があります。

・受動的音楽療法
・能動的音楽療法
大きく分けるとこの2つがあります。

では、それぞれどのような時に使われているのでしょうか。
受動的音楽療法と言うのは、音楽を聴きリラックスをするという効果があるものです。
病院などの待合室で流れている音楽などはこの療法の中に入ります。
また、今は音楽を聴きたくないと思っている人に関しても自然に耳に入るようにすることで、緊張している気分が和らいだりします。
この時、流す音楽はその人の気分に合わせて音の大きさやリズムなどを変えることが必要です。

能動的音楽療法は、楽器を演奏したり踊ったり、歌を歌ったりしてストレスを発散させたり気分転換をしたりする療法です。
子供やお年寄りなど幅広い年代で体を動かしたり、口を動かしたりするので気分転換やリハビリになります。
また、孤立している人は音楽を通して人と交流をすることが出来、孤立を防ぐことが出来ます。

このように、大人から子供まで期待されている効果が見られるのが音楽療法です。

最後に

今悩んでいることやストレスを抱えていることはありませんか?
音楽を聴いていてもなかなか解消できないと思っている人がいるかもしれません。
そういう人はもしかすると、気分をリラックスするための音楽が合っていないのかもしれません。
人によってどんな音楽が合うのかは違うので、色々なジャンルを聴いてみましょう。

人気の通信教育はこちら

音楽で癒す。心理の資格。
メンタル資格

メンタル心理ミュージックアドバイザー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

メンタル心理資料 メンタル心理資格

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る