音楽療法のプロフェッショナル!メンタル心理ミュージックアドバイザーについて

音楽療法のプロフェッショナル!メンタル心理ミュージックアドバイザーについて

音楽は人の心を癒す力を持っています。音楽によって落ち込んだ気持ちを立て直したり、やる気を引き出したりという経験を持っている方も多いもの。そんな音楽の力を活用するスペシャリストと呼べるのが「メンタル心理ミュージックアドバイザー」です。今回は「メンタル心理ミュージックアドバイザー」になるために必要なことや仕事内容などについてご紹介します。

「メンタル心理ミュージックアドバイザー」とは

「メンタル心理ミュージックアドバイザー」は人を癒す音楽の効果を理解したスペシャリストです。音楽が人の心にどのような影響を与えるかということについての専門的な知識や効果的な活用方法を熟知して、クライアントに適切なアドバイスを行います。

音楽療法とは

「メンタル心理ミュージックアドバイザー」が活躍するのが音楽療法の現場です。では音楽療法とはどのようなものなのでしょうか。

音楽療法とは?

音楽療法とは、音楽の持っている力を意識的に活用した治療方法の総称です。

音楽療法が最初に注目されたのは第二次大戦後のアメリカ。戦場から帰還した傷病兵の心のケアの方法として注目され、大学に専門のコースが設けられたり、「音楽療法士」の資格が設立されるなど、一般的な療法として確立されるようになりました。

音楽療法には、音楽を聴くことでのリラクゼーション効果と、感情を整理し、不安を解消する効果などを目的にした受動的音楽療法や、自ら積極的に歌を歌ったり楽器を演奏したり、音楽に合わせて身体を動かすことで得られる効果を目的にした能動的音楽療法があります。

音楽療法の効果

音楽療法には、心と身体の両面の効果があるといわれています。

たとえば不安を解消し、緊張を和らげる効果。これらはストレスを解消するだけでなく、将来への不安や恐怖などを軽減することで、妄想などの認知症の症状を予防・解消する効果が期待されています。

また、音楽に合わせて身体を動かすことで筋肉や脳の血流量を増加、リハビリや脳の活性化の効果もあると言われています。

さらに音楽療法の効果として注目されているのがコミュニケーションの効果。

一人だけでなく、複数の人で同じ音楽を聴いたり、歌ったりすることで協調性や社会性が回復するだけでなく、不安や孤独感を癒す、感情を発散するといったメンタル面での効果が高いと期待されています。

「メンタル心理ミュージックアドバイザー」に必要な勉強

「メンタル心理ミュージックアドバイザー」には音楽はもちろん、様々な専門的な知識が必要となります。ではメンタル心理ミュージックアドバイザーにはどんな知識が求められるのでしょうか。

音楽療法について

「メンタル心理ミュージックアドバイザー」にとってまず求められているのが音楽療法についての知識です。たとえばどのように音楽療法が発達してきたのかなど、音楽と音楽療法の歴史。音楽療法がどのように発展し、どのような分野で活用されてきたのかを知ることは、今後音楽療法に携わる人間にとっては必要不可欠な知識です。

音楽の力の原理

音楽療法では、音楽がどのように利用者の心と身体に作用するのかを知ることも重要。たとえば、音楽を癒しに役立てようとするときに用いられるものに「同質の原理」と呼ばれるものがあります。

これは、「感情を整えるために音楽を利用するときには、そのときの心理状況に合った音楽を用いることが必要」というもの。たとえば落ち込んでいるときには、明るい曲や元気な曲を聞くことで気分を盛り上げようとしますが、実際にはこれは逆にストレスになってしまうことがあります。それよりも、落ち込んだときには、静かな曲の方が効果的。

また、音楽療法には受動的方法と能動的方法の二種類があります。受動的方法は音楽を「聴く」ことを中心に行うもので、能動的方法は音楽に別の動作を加えたもの。

これらはそれぞれ、対象や効果が異なります。このような音楽療法の基本的な知識を学ぶこともメンタル心理ミュージックアドバイザーには必要になります。

音楽の力と生活

音楽療法というと、特殊なものを想像しがちですが、実際には音楽は普段の生活に親しみ深いもの。自分では意識しなくても無意識に音楽療法に近いものを取り入れていることもあります。

さらに意識的に生活の中に音楽を取り入れることは、心身の状態を整えるためにも役立ちます。たとえば、昔懐かしい曲や、若いころに聞いた曲を歌詞を思い出しながら歌うことは脳を活性化させ、心の状態を整える効果が期待できます。

その他にも、ヘッドホンやイヤホン、スピーカーなど、使用する機器や、朝昼晩のどの時間に音楽を聴くのかなどによっても効果が異なるため、日常生活と音楽の関係についても知識を深める必要があります。

音楽の力の効果

音楽療法は音楽の力を心身の不調の解消に用いるものですが、実際には音楽には生理的な効果や心理的な効果だけでなく、コミュニケーションや協調性など社会的な面にも影響を与えます。

たとえば、集団でひとつの歌を歌ったり、同じ曲を演奏すると、集団の中に一体感や絆が生まれます。さらにそのときには、自分がどのようなことを求められているのか、相手がどんなことをしたいのかを理解するソーシャルスキルやコミュニケーション能力も必要となります。

さらに音楽は自分の意志や感情を表すコミュニケーションの側面もあります。

「メンタル心理ミュージックアドバイザー」はこれらの音楽が持つ効果について熟知していることが求められます。

音楽の力の理論

「メンタル心理ミュージックアドバイザー」は医療や福祉、心理などについての詳しい知識が必要ですが、なにより必要とされるのは音楽の専門的な知識。そのため、音楽の理論を学ぶことが重要です。

音楽理論にはfゆらぎ、スペクトル、アルファ波など専門的なものや、癒しの音楽として代表的な存在であるモーツァルトの音楽研究なども含まれています。

「メンタル心理ミュージックアドバイザー」の仕事内容、就職先

「メンタル心理ミュージックアドバイザー」の仕事内容

「メンタル心理ミュージックアドバイザー」の主な仕事は、カウンセリングなどによってクライアントの精神状態や心身の状態を把握、その状態にもっとも適した音楽を選んだり、音楽療法の具体的な方法をアドバイスしたりというものです。

そのため、相手の状況を見抜く観察力とともに、相手の気持ちに共感できる能力だけでなく、相手に合った曲や音楽を選ぶための知識が求められます。

「メンタル心理ミュージックアドバイザー」の活躍の場

「メンタル心理ミュージックアドバイザー」は主に医療関係や福祉施設などでの活躍が期待される仕事です。

医療関係では、心療内科や精神科でカウンセリングを行いながら音楽療法を行うことが中心。その他にも、リハビリ施設などで音楽療法の知識を用いて働くことがあります。

さらにメンタル心理ミュージックアドバイザーの活躍の場となるのが、老人ホームや高齢者施設、デイサービス。これらの施設ではレクリエーションの一環として音楽を取り入れることがありますが、実際には音楽療法の効果を期待していることも少なくありません。

たとえば音楽に合わせて身体を動かすことで身体の機能の維持向上を行う、音楽が感情に訴える力を利用して認知症の症状を予防・軽減するといった活動でもメンタル心理ミュージックアドバイザーは中心的な役割を果たします。

また、音楽が非言語によるコミュニケーションであることに注目し、自閉症スペクトラム障害や発達障害といった子どものケアの一環として、児童施設などで音楽を効果的に取り入れていることもあります。

メンタル心理ミュージックアドバイザー認定試験の概要

「メンタル心理ミュージックアドバイザー」を目指す場合には、「日本メディカル心理セラピー協会」が主催する「メンタル心理ミュージックアドバイザー資格」を取得することがおすすめです。

「メンタル心理ミュージックアドバイザー」の資格は音楽が心身に与える作用を理解し、ストレスの軽減や健康の維持向上に必要な知識を備えた人に与えられるもの。

受験の資格は特に不要で、受験料は10000円。受験真性はインターネットからの申し込みが可能です。

受験は在宅での受験が可能で、70パーセント以上の評価で合格となります。

まとめ

音楽療法は期待される分野ですが、日本ではまだまだ専門家の数が少ないのが実状です。そういったことからも「メンタル心理ミュージックアドバイザー」の資格は将来性豊かなものとして注目されています。

音楽で癒す。心理の資格。
メンタル資格

メンタル心理ミュージックアドバイザー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

メンタル心理資料 音楽療法資格取得検定講座

音楽療法について

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ