音楽の与えるプラスの効果

音楽の聴き方

人間は音楽を聴くだけで幸福を感じることが出来るようになっています。

それほど、音楽の持つ力が大きいといえます。

では、なぜ人間は音楽を聴くだけで感動したり幸福を感じることができたりするのでしょうか?

それは、音の波動が人間の身体に直接ぶつかるからです。ただ耳のみで聞いているのではなく、身体全体で音楽を聴いているといえます。

ですので、音楽を聴くと身体全体で感動を覚えたり、幸福な気持ちになれたりします。

発達障害の人の音楽療法 メンタル心理

 

また、音楽のすごいところは、音楽を聴くと細胞の一つ一つが活性化され、身体も健康になることができることです。

音は心を通わせる範囲の音が聞こえるようになっており、聞こえる範囲が決まっています。音は360度から聞こえてきますが、目で見える範囲の音がすべて聞こえてきては、うるさくてしかたないでしょう。

目は、耳と比較すると知的に判断するための道具であり、音は、人と人、人とモノを結びつける働きがあります。

子供の音楽療法

生まれたときの世界中の赤ちゃんは、全ての言語を聞き分ける力を備えているといいます。例えば、アメリカにいれば英語を自然と身につけ、四カ国語が日常語として使われていた場合は、四カ国語を離すことが出来るようになります。だいたい6歳から9歳までにあらゆる言語に対応でき、聞き分ける力を持っている耳も中耳が確立してしまいます。ですので、6歳までに言語を学ぶといいといえます。

心の観点からみてみると、親から聞きたくない罵声などを浴びられた場合や学校で嫌なことを言われていた場合はそのことが聞きたくないと、それに相対して聞きたくない周波数の聴力が落ちてしまいます。耳は、単なる聞くという道具だけでなく、人生を左右するような有用な役割を持っているといえます。

音は私たちに大きな影響を与えますが、先程も言いましたが、みなさんがよく聞いている音楽にもさまざまな魅力的な影響を持っています。

どんな影響を与えるのかを見てみましょう。

まず、音楽を聴くことで忘れていた記憶を思い出すことが出来ます。

高齢者に音楽療法

暗記をするときに、知っている音楽を聴くと海馬が刺激されます。音楽を聴きながら勉強をするとその時に聴いた音楽をもう一度聞くと暗記していたものを思い出すことが出来ます。何度もその音楽を聴くことでなかなか覚えたられないものを覚えることができるかもしれません。

次に、免疫力を高める効果があります。

ストレスホルモンのコルチゾールの値が下がり、ストレスの軽減が科学的に証明されています。これは、癒しの音楽でなくてもアップテンポの音楽でも効果はあります。もし、風邪をひきそうだったり、疲れやストレスを感じたりしたときは、音楽を聴いて、気分が良くなることで生理学的な変化が起こり、元気になれたり、免疫力が高まったりするかもしれません。

他にも音楽を聴くことで、不安が抑えられプレッシャーに強くなれることや、運動をするときに激しいトレーニングに耐えることができることなどプラスの影響が沢山あります。

音楽療法 メンタル心理

 

音楽が与える影響を頭の片隅に置いておいて、いざという時に音楽の助けを借りてみてはどうですか?

 

 

人気の通信教育はこちら

音楽で癒す。心理の資格。
メンタル資格

メンタル心理ミュージックアドバイザー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

メンタル心理資料 メンタル心理資格

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る