知っておきたい心と身体の健康の向上をはかる音楽療法について

音楽療法とは、音楽を演奏したり聞いたりすることで生理的、心理的、社会的な効果を応用して心と身体の健康の回復と向上をはかることを目的とする療法のことです。

1. 音楽療法の歴史

宗教の誕生と同時に音楽は生まれました。儀式や呪術に用いられました。これにより、人々の精神を鼓舞することでトランス状態を引き起こしたりします。このようなことから、音楽の治療効果が昔から知られていました。ユダヤ、キリスト教の賛歌などにも音楽は用いられております。

また、第二次世界大戦により多くの傷病者を出したアメリカは、病院で音楽を流しました。または、音楽を演奏したところ兵士の治癒が早まりました。このようなことから、アメリカを中心として音楽による治療効果が立証されました。

現在では、高齢者のケアや引きこもり児童のケアなど、様々な現場で音楽療法が取り組まれています。

2. 「音楽療法の対象」と「緩和ケア」

・「音楽療法の対象」

音楽療法は、どのような人であっても効果があります。健康な人でも、音楽療法は効果があります。音楽療法のセッションなどには、様々な種類があります。患者さんに合わせた内容になります。

・「緩和ケア」

音楽を使用することで、患者さんの不安やストレス、痛み、などを軽減します。また、精神的なサポートも行います。患者さんがリラックス出来る環境を整えて、患者さんと家族との有意義な時間をサポートします。

3. 音楽療法士になるためには?

・「業務内容」

音楽療法士のお仕事は、福祉の場面や医療の場面が多いです。認知症の高齢者、精神障害者、自閉症患者、などに対して行います。対象者の状況に合わせた音楽的プログラムを組みます。音楽を聞かせたり、歌ったり、音楽に合わせて身体を動かしてもらったりします。

歌を歌う活動は、肺活量を増やすためです。新しい言葉を知るためのプログラムであったり記憶力に働きかけるプログラムです。楽器を演奏するのは、手や指の活動のためや、目と手の動きを連動させるためのプログラムであるという場合もあります。

音楽療法士が計画的、意図的に取り入れたテンポやリズム、ハーモニー、音などで音gなく的要素を生かします。このようにして音楽療法を行い、治療していきます。

いかがでしたか?

音楽療法の歴史や仕事内容が分かったはずです。音楽は、昔から様々なシーンで活用されてきました。何より、音楽には人間を勇気付ける力があります。健康な状態の人間であっても効果があります。

是非、参考にしてください。

通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ
資格・検定の一覧

人気の通信教育はこちら

音楽で癒す。心理の資格。
メンタル資格

メンタル心理ミュージックアドバイザー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

メンタル心理資料 メンタル心理資格

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ