目に見えないインテリア音楽から作る癒しの空間

音楽から作る癒しの空間 メンタル心理

あなたの生活空間にはどんな「癒し」がありますか?

人間は五感を使ってさまざまな刺激を受け取りながら生活しています。みなさんご存知の通り、五感とは「視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚」のことを示します。人間は「癒し」というのもこの五感を使って感じるのです。

インテリアを統一する(視覚)、自然のせせらぎが聞こえる(聴覚)、アロマを焚く(嗅覚)、おいしいものを食べる(味覚)、肌触りの良いものを身につける(触覚)・・・など「癒される」と思うポイントは実にさまざまです。

今回は、その中でも「聴覚」に視点を向け、それを生活空間に取り入れることで「癒し」のある五感を使ったトータルインテリアになるということをご紹介していきます!

1.インテリアの中の音楽

街中でよく耳を澄ましてみてください。その空間にはその空間に合った音楽がチョイスされていませんか?

例えば、好きなブランドの服のショップではそのブランドの雰囲気に合った音楽が店内を流れています。(ポップな若者向けのお店では若者が好きなポップな曲など、落ち着いた雰囲気の大人向けのお店では落ち着いたクラシック音楽など、子供服のお店ならにぎやかな明るい曲など)

また、飲食店も分かりやすいかもしれません。カフェではレゲエ音楽などかかっていることがありませんよね?うどん屋さんで洋楽を耳にすることもほとんどありません。

ここでお分かり頂けるのが、「空間」づくりというのは、目で見て感じるものだけではないということです。あえて耳を傾けることは少ないかもしれませんが、耳に入ってくる音楽もまたあなたがその場にいる「空間」を作っているのです。

このトータルインテリアの中であなたはそのお店の雰囲気に馴染んで、洋服を買ったり、お茶を飲んだり、食事をしたりして、よりおいしく感じたりしているのです。

2.その「空間」に合った音楽をチョイス! ではなく、求める空間に合った音楽をチョイス!

では、さっそくあなたの生活空間の中にも音楽を取り入れてみましょう。ただ好きなアーティストの音楽をかけるというのではありません。「インテリア」の一部として音楽をかけてみましょう。

「でも自分の部屋に合った音楽って・・・?」と思う人も多いのではありませんか?

そう、その考え方では音楽をチョイスするのは難しいかもしれません。(よほどインテリアにこだわって家具などを置いていれば別ですが・・・)

そんな時は「現在の空間」に合った音楽ではなく、「作りたい空間」「求める空間」に合った音楽を選びましょう。

もっと落ち着いた雰囲気にしたいなと思えば、落ち着いた音楽(ゆったりの洋楽や歌詞の言葉がわからない外国語の歌、またクラシック音楽など)をチョイスしてみましょう。かわいい雰囲気にしたいなと思えば、かわいらしい音楽(オルゴール音楽やかわいい音のする楽器の曲、またかわいい声のアーティストの曲など)はいかがでしょう?

いかがでしたか?インテリアを思いっきり変えるのは大変なことですが、音楽を変えるだけで雰囲気が変わり、自然とその雰囲気に合った物も選ぶようになります。そうすれば目に見えるインテリアも少しずつ「作りたい空間」に合ったものに変わっていくでしょう。

私は自然な空間が作りたいと思い、「無印」でかかってる音楽がCDで売られていることを知り、家でその音楽をかけているうちに家具や雑貨まで無印で統一してしまいました・・・!その他の小物や家電までもその雰囲気が壊れないよう、物を選ぶときも一つひとつ考えて買うようになっていきました。

「音楽」から作る素敵な空間づくり。あなたもお試ししてみてはいかがですか?

人気の通信教育はこちら

音楽で癒す。心理の資格。
メンタル資格

メンタル心理ミュージックアドバイザー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

メンタル心理資料 メンタル心理資格

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る