子供に音楽療法

子供の音楽療法

音楽療法

音楽を聴いたり歌ったりすることは好きですか?

そんな音楽が治療の1つで注目されています。
幅広い年代に使われ、心や体、脳に刺激を与えることの出来る音楽療法。
どんな療法でも年齢に合った療法をするように音楽療法も年齢に合った音楽を聴いたり、歌ったりしなくてはほとんど意味がありません。

今回は、子供に対しての音楽療法についてを見ていきたいと思います。
子供に対してはどのような音楽を聴かせたりするのがいいのでしょうか。
見ていきましょう。

子供に取り入れる

まず音楽療法を取り入れるにあたって、基本的には病院でよく使われている方法です。
音楽療法をするために必要な情報は、子供年齢、性格、治療する目的などをはっきりしなくてはいけません。
大人と子供が違うように、子供の中でも変わってきます。

例えば、新生児に対してオルゴールなど適切な音楽を聴かせると体重を増加させたり、脳の刺激を促したり、ミルクを良く飲むようになったりと効果が見られます。
この音楽は新生児だけではなく母親もリラックスが出来、落ち着いてミルクがあげられるので母乳の出も良くなります。
その他入院している子供に対しては、音楽に触れることで入院生活が長い子たちの気分転換になったり、これから治療を頑張ろうという意力を持たせたり、辛い治療などをしている子に対して辛い思いを緩和させたりすることが出来ます。

子供は、遊ぶことが大好きな子が多いです。なので、音楽を聴かせるのも大切ですが、楽器を触って音を出すと言うことの方が子供には合っています。なので、音楽療法としての治療は聴くと言うよりは、演奏したり歌ったりすると言うことが治療になります。
人形などおもちゃで遊ぶのと同じように、色々な好きな楽器を持って何でも好きなように音を出させることでストレス発散となります。
聴かせるのもとしては、童謡やディズニー、オルゴールなどがいいです。

家でも取り入れたいと思う人もいるかもしれません。
そういう人は、寝る前や時間がある時など何もしない時間を作り、テレビや片付けなど何もせずゆっくりと音楽を聴くといいです。
子供もリラックスが出来、明日も頑張ろうと言う気にさせてくれます。

最後に

子供に聴かせる音楽療法としては、ゆっくりできる音楽がいいです。
激しい曲や最近の流行の曲がありますが、音楽療法として使う場合にはその音楽は適切ではありません。
気持ちの落ち着く、オルゴールやクラッシックなどにしましょう。

人気の通信教育はこちら

音楽で癒す。心理の資格。
メンタル資格

メンタル心理ミュージックアドバイザー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

メンタル心理資料 メンタル心理資格

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る