どんな仕事なの?音楽療法インストラクターについて

どんな仕事なの?音楽療法インストラクターについて

音楽の力を活用して、心身の不調を整え、癒しを与える音楽療法。そんな音楽療法の専門家といえるのが「音楽療法インストラクター」です。「音楽療法インストラクター」の仕事はニーズが高まり、将来性豊かな職業として注目を集めています。今回は「音楽療法インストラクター」の仕事の内容や資格取得の方法などについてご紹介します。

「音楽療法インストラクター」ってどんな資格?

「音楽療法インストラクター」とは、音楽の歴史や、音楽が持つ力についての専門的な知識を持つと認められた人に与えられる資格です。「音楽療法インストラクター」を取得するためには、空間における音楽の役割を理解し、利用のための方法や効率のよい活用を学ぶことが必要になります。

さらに「音楽療法インストラクター」の資格を取得して経験を重ねることで、新しい世代の音楽療法インストラクターの育成にも関わることができます。

音楽療法とは

「音楽療法インストラクター」は音楽療法のスペシャリストと呼ばれることもあります。では、そもそも音楽療法とはどのようなものなのでしょうか。

音楽療法とは

音楽療法は、音楽が持っている特性や人間の心や身体、社会性などに与える影響を利用した療法です。

音楽で人の心をリラックスさせたり、集中力を高めたりといった効果は古代から利用されてきました。

それらの効果に対して科学的な研究が始まったのは、20世紀に入ってから。当初は心療内科や精神面の不調を抱えた患者の治療の手段として用いられるようになりました。やがて戦争で心に傷を負った兵士の心のケアにも使用されるようになると、効果的な療法として注目を集めるようになり、やがて大学に専門のコースや資格が作られるなど、発展するようになりました。

音楽療法には、音楽に合わせて身体を動かすなど、積極的に自ら関わっていく能動的音楽療法、音楽を聴くことで生まれる心理的な効果を目的とした受動的音楽療法、個人を対象にした個人音楽療法、集団で行う集団音楽療法などの種類があります。

音楽療法の効果

音楽療法の効果には、用いられる方法によって様々なものがあります。

たとえば、音楽を聴くことが中心となる受動的音楽療法の場合、心地よい音楽や好きな音楽を聴くことでのリラックス効果や、昔好きだった音楽を聴いて感情を調整する効果、音楽によって不安や恐怖を解消する効果などが期待されます。

これらはただ音楽を聴いているだけで行うことができるため、身体が不自由になり動くことができない、認知症が悪化して精神状態が不安定で、集団での療法を行うことが難しいという人でも参加できるのが大きな利点。

一方、能動的音楽療法の場合には、みんなで歌を歌ったり、身体を動かしたりすることで生まれる脳の活性化や全身運動といった効果が期待されます。

集団で音楽を楽しむことで、周囲とのコミュニケーションが生まれ、協調性や社会性などのソーシャルスキルを獲得できることから、自閉症や学習障害の子どもたちへのケアとしても用いられることがあります。

「音楽療法インストラクター」の資格は独学で取得できる?

活躍の場所が広く将来性豊かな「音楽療法インストラクター」。では、資格の取得は独学でも行うことができるのでしょうか。

独学よりも通信講座がおすすめ

結論から言えば、「音楽療法インストラクター」の資格は独学でも取得できないということはありません。

ただし、どのような資格でも独学での取得を目指す場合、まず自分で情報収集を行い、教材となるテキストなどを自分で手に入れる必要があります。

また、独学で勉強していると、分からない点があっても質問できない、どのような順番で学習を進めていけばいいのか分からないなどのデメリットがあり、結局はお金と時間がかかってしまうということも少なくありません。

特に「音楽療法インストラクター」の資格は音楽と音楽療法に関する幅広く専門的な知識が必要になります。

もし「音楽療法インストラクター」の資格取得を目指すなら、通信講座などを受けることをおすすめします。

音楽療法インストラクター資格試験の内容の概要

それでは、「音楽療法インストラクター」の資格試験ではどのような内容が問われるのでしょうか。

音楽療法とQOL

音楽療法でもっとも重要とされているのが「QOL」という考え方です。これは「Quality Of Life」という英語の頭文字を取ったもので、どれだけ自分らしい生活を送ることができるか、どうすれば幸せを感じることができるかという点を重視した概念。

音楽療法はこのQOLの考え方を重視しています。

そのため、「音楽療法インストラクター」の資格を取得する場合にはQOLの基本的な考え方や、医療との関係、どうすればQOLを高めることになるのかといった知識が必要となります。

さまざまな音楽療法

音楽療法には、先ほど述べた能動的音楽療法や受動的音楽療法以外にも様々な手法が用いられます。たとえば調整的音楽療法と呼ばれるもの。

調整的音楽療法は受動的音楽療法の一種で、音楽を聴いている間の意識の向け方を変えることで、緊張の状態を調整する方法です。

このような専門的な療法を行うためには、適切な方法を知ることが重要。そのほかにも、イメージ誘導法、分析的音楽療法、行動的音楽療法など様々種類があり、それぞれの特徴や具体的な方法を学ぶことも重要です。

音楽療法の対象と目的

音楽療法は集団に対して行う場合と、個人に対して行う場合では手法やポイント、具体的なプログラムなども大きくことなります。また、対象は同じでも受動的に行うか能動的に行うかによって目的も異なります。

「音楽療法インストラクター」の資格を取得するためには、それぞれの目的や手法を身につけることが必要です。

音楽療法の実際

音楽療法は子どもから高齢者まで、幅広い年齢や世代の人に行うことができる療法ですが、実際には、どの世代を対象にするのかなどによって、治療法や注意点も異なります。

たとえば子どもの場合には、子どもだけでなく親に対する心のケアに注意することも求められます。

また、成人の場合でも、統合失調症や神経症など、病気の種類や状態によって行う方法も異なります。

さらに最近注目されているのがホスピスなどでの音楽療法ですが、こちらの分野でも、ケアの目的やリハビリテーションの方法などによって使用される音楽の種類も異なるため、音楽療法インストラクターはそれぞれの違いやポイントなどを学ぶことが求められます。

音楽療法に携わるには

音楽療法は日本ではまだまだ知名度の低い療法のひとつ。そのため、音楽療法に懐疑的な目を向ける人も少なくありません。音楽療法インストラクターは、音楽療法を行うスペシャリストであると同時に、音楽療法を広める役目があるということもできます。

そのため、音楽療法についての知識や将来的な展望などについて知っておくことも必要です。

「音楽療法インストラクター」の仕事内容、就職先

「音楽療法インストラクター」の仕事は、医療機関や福祉施設などで音楽療法を行うことです。

といってもどのような病院、施設で働くかによって仕事内容は大きく異なります。

医療機関で働く場合には、実際にプログラムを指導する他にも、カウンセリングを行い、利用者がどのような状態で、どのようなケアが必要かを知ることも必要。

また、児童施設や児童デイサービスなどで働く場合には、子どもや親とのコミュニケーションも重要な仕事です。

さらに「音楽療法インストラクター」はまだまだ専門家が少ない分野。そのため、セミナーや講師として活躍している人も少なくありません。

その他にも、リハビリ施設や心療内科、高齢者施設など、「音楽療法インストラクター」のニーズは幅広いもの。どのような仕事を行うかは働く場所によって異なるというのが特徴です。

音楽療法インストラクター認定試験の概要

「音楽療法インストラクター」を目指す場合には、「日本インストラクター協会」が主催する「音楽療法インストラクター」の資格を取得することが必要になります。

「音楽療法インストラクター」の場合、受験するためには学歴や職務経験といった特別な資格は必要ありません。

受験料は10000円(税込み)。受験の申請はインターネットからの申し込みが可能です。

受験は在宅での受験が可能で、70パーセント以上の評価で合格となります。

まとめ

高齢化社会に伴って、音楽療法はますます期待が高まっている分野。しかし、専門家の数はまだまだ少ないため、高度な知識や技術の持ち主に対するニーズは増加しています。音楽療法に興味がある、仕事にしたいという方は「音楽療法インストラクター」の資格取得を検討してみてはいかがでしょうか。

音楽で癒す。心理の資格。
メンタル資格

メンタル心理ミュージックアドバイザー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

メンタル心理資料 音楽療法資格取得検定講座

音楽療法について

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ