部下の悩みを聞くために飲みニケーションはNG

部下の悩みを聞くために飲みニケーションはNG メンタル心理

部下との意思疎通をはかる方法として「飲みニケーション」を実践する上司は多いです。親睦を深めるためにお酒を飲むことは、とても効果的な手段です。しかし、心に問題を抱えている人にとっては、そのようなコミュニケーション方法はNGとなります。心に問題を抱えている人は、風邪により高熱で苦しんでいるのと似たような状態です。このような状態では、その日のお仕事をするだけでも限界の状態です。このような時に、気を使い悩みを聞くための上司からの飲みの誘いは、大きな負担になります。

1. 上司からの飲みの誘い

悩みの程度が小さいものなら、まだ上司からの飲みの誘いにも対応することができます。しかし、悩みの状態が深刻な場合は、飲みニケーションは逆効果となってしまう可能性が高いです。そのため、部下の悩みを聞く場合には、勤務時間内で悩みを聞くことが求められます。

2. お酒の力

お酒の力を借りることで、部下との距離を縮めることができるかもしれません。打ち明け難い悩みを話してくれる可能性は高まります。しかし、お酒の力を借りて悩みを話すということは、後々、後悔してしまう場合が多いです。他にも、無理やりいわされてしまうというケースも多くあります。

相談を受ける上司や先輩も、お酒が入ることで説教のようなアドバイスをしてしまうことがあります。心に問題を抱えている人の状態を悪化させてしまう原因となる可能性が高いです。このような背景があるため、お酒での悩みを相談する「飲みニケーション」は、できる限り控え、業務時間内での問題解決をするようにしてください。しっかりと、心に問題を抱えていそうな部下や後輩の話を聞くようにすることが大切です。

3. 「頑張れ」は禁物

心に問題を抱えていそうな部下や後輩の話をしっかりと聞くことは大切なことです。しかし、話を聞く際に、「頑張れ」と言ってしまうことは禁物です。これは、心に問題を抱えている人は頑張りすぎることが原因となり問題を抱えているのです。頑張りすぎないように頑張って、などのような声のかけ方をお勧めします。

また、人によっては、「頑張らなくても良い」と声をかけられると、自分の存在を否定されたと感じてしまうこともあります。そのため気をつけることが大切です。

頑張りすぎてしまうということは、息抜きが苦手でもあるということです。そのため、「適当に、肩の力を抜いて頑張ろう」などのアドバイスをすることで、息抜きにつなげることができます。

いかがでしたか?

心に問題を抱えている人の立場になって考えてあげることが大切です。

是非、参考にしてください。

人気の通信教育はこちら

メンタル心理ヘルスカウンセラーの資格が取れる通信教育講座。メンタルケアも学べる
メンタル心理ヘルスカウンセラー

メンタル心理ヘルスカウンセラー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

メンタル心理ヘルスカウンセラー資料 メンタル心理ヘルスカウンセラー

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る