転勤で起こるメンタルヘルス

若いうちの家族の問題

転勤はとても大きく大切なイベントです。
ですが、年齢や家族がいるのかいないのかなどで転勤を気軽にとらえられるのか、そうでないかが決まります。
転勤になり、新しい場所で働けるという希望があります。そして、そこでの経験が今後のキャリアに活かすことが出来ます。

若い人でも家庭があったり、子供がいたりしてにもまだ学校の心配がないのであればそこまで問題はないかもしれません。
また、共働きの夫婦が増えてきている中、夫婦で転勤の指示が出ることがあります。
すると、遠距離夫婦となってしまいます。
若いうちはそれでも成り立っています。

中年になってからの家族の問題

中年になってからの家族では、長年住み慣れた家や子供のことなど様々な問題が出ていきます。
また、中年になると海外への転勤も指示されることがあるようになります。

家族で転勤したとしても、子供や旦那は学校や仕事などに出かけ友人などもすぐに出来るなど適応力があります。
ですが、家に残された奥さんはなかなか友人を見つけることが出来なかったり、外に出られなかったりして次第にメンタルヘルス不調になってしまうことが多いです。
日本であれば、日本語が通じメンタルヘルス不調になってしまったとしても、専門の病院に行けばすぐに受診できます。
ですが、海外だと言葉が通じなかったりどこに専門の病院があるのかなどわからず、受診が出来なかったりそのままにしておいてしまう人がいます。それでは、悪化してしまうばかりです。

もしかすると、子供が学校に適応出来ず子供がメンタルヘルス不調になってしまうこともあります。
誰がメンタルヘルス不調になってしまうかはわかりませんが、家族の誰かがメンタルヘルス不調になってしまうという可能性は高いのです。

単身赴任をする

家族と一緒に転勤したいという思いはあるものの、先ほどの心配などから単身赴任をするという人もいるかもしれません。
そうなると、家族のために頑張ろうという気持ちや家族を残してきたという思い、単身赴任先の家に帰ってからの一人の時間などでメンタルヘルス不調になってしまうことがあります。
このことで、アルコール依存症になってしまったり食生活が乱れたりしてしまいます。

このように単身赴任をすることで、単身赴任をした本人がメンタルヘルス不調になってしまうことがあります。

対処の仕方

単身赴任をするということは、全て自分で一人でしなくてはいけません。
嫌だと思わず、趣味のように楽しみながら何でもしてみるといいです。
生活の自立のための練習だと思い挑戦してみましょう。

人気の通信教育はこちら

メンタル心理ヘルスカウンセラーの資格が取れる通信教育講座。メンタルケアも学べる
メンタル心理ヘルスカウンセラー

メンタル心理ヘルスカウンセラー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

メンタル心理ヘルスカウンセラー資料 メンタル心理ヘルスカウンセラー

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る