豆知識 五月病の背景

五月病 メンタル心理

五月病って?

五月病という言葉を聞いたりなったりしたことがある人がいると思います。
簡単に言うと、四月に新しい生活や環境などになり、頑張ろうという気分でいた人がいると思います。
ですが、徐々にやる気がなくなってしまうことを言います。
つまり五月病というのは、新しい生活や環境などに適応できなくて五月にある連休が終わった後から気力がなくなってしまったり、仕事を休んでしまいがちになってしまうことです。
これは心身の不調なのです。

なぜそのようになるのか、背景や症状、受け入れる側はどのようにしたらいいのかなど、事前に準備しておくことや対応などを説明します。
長いので、背景と症状、受け入れる側の3回に分けて説明していきます。

今回は、背景を説明します。

新五月病?

だいたいの人は四月に大きな環境の変化を経験します。
そして、大型連休のある五月の連休明けに心身の不調を起こすことを五月病といってきました。
ですが、最近ではその五月病が少し変わっているということを知っていますか?
どういうことなのでしょうか。

五月病というのは、精神医学的な診断にはなりません。
五月病という言葉は、何度も言っていますが、新入社員や学生が4月に大きな変化を迎え4、五月に不調を起こすということから言われるようになりました。
最近では、四月五月は何とか乗り越えられたが、六月になって心身の不調を訴える人が増えるようになりました。
これを「新 五月病」や「六月病」と言われるようになってきています。
この時期がずれてきていることを正確に調査している人はいませんが、このように時期がずれてきているのは新しい環境になりある程度の期間は研修期間にしているところが多く、六月ごろに配属や自分の進路を振り分けられるということがおきているからです。
四月、五月までは自分の知っている人と一緒に研修を行えますが、六月になると自分の責任で、一人で行い始めるので相談をすることが出来ないことがあります。そういったことの積み重ねで、不調を起こしてしまうのです。

最後に

このように、今まで一緒にいた仲間と同じように、勉強や研修などを行える期間はいいですが、別々の作業をしなければいけなくなった時に初めて、より強く環境の変化にさらられたり、新しい環境などで思い描いていたイメージと現実のギャップを目のあたりにしてしまうことで、起きてしまうことが多いようです。
このようなことがないような環境を作ることは大切ですが、新しい環境になるとなかなか難しいこともあります。

人気の通信教育はこちら

メンタル心理ヘルスカウンセラーの資格が取れる通信教育講座。メンタルケアも学べる
メンタル心理ヘルスカウンセラー

メンタル心理ヘルスカウンセラー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

メンタル心理ヘルスカウンセラー資料 メンタル心理ヘルスカウンセラー

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る