視点を変えることでストレスが軽減する

視点を変えてストレスが軽減する

仕事には行きたくないが行かなくてはならない。あの上司は嫌いだが仕事は一緒にやらなければならない、などのことが働いていれば頻繁に起こります。

1. ストレスの元をたどる

人間は、「しなくてはならない」という理性と「したくない」という感情があります。このような理性と感情が逆の方向を向くことで心は分裂していきます。我慢してやれば、ある程度の無理は効きます。そような無理のことをストレスと言います。しかし、心が分裂した状態が続いてしまうと心を病む可能性が大きくなります。これは、義務感でやっている状態が続くほど危ないということです。このように日常、働いていることで悩みが増えます。職場で悩んだ結果、心を病みます。病まないの分かれ目は一言で言えば、義務感でやっている状態が続くかどうかです。メンタルヘルスのポイントは、ここにあると言えます。

2. 理性と感情を揃える

心を病んでしまったら休養を取ることが先決です。鬱状態がひどい場合は、薬も補助的に使用します。しかし、理性と感情が分裂している限り、また心を病んでしまいます。対処法として、理性と感情が同じ方向を向くように調整する手段があります。理性と感情が同じ方向を向くようにするには、無理があります。無理があると言っても大本となる考え方を変えることで改善されます。このようなことを心理学では、「認知を変える」と言います。つまり新しい考え方を学んで理性と感情をそろえるということです。

嫌な仕事だとしても自分が頑張ることで社会のためになっている、喜んでくれる人がいる、など積極的に取り組むことで成果が上がります。それにより精神状態が良くなっていきます。

3. 良好なメンタルヘルスとは

心を病んでいる人は、視野が狭いです。囚われた幅の狭い見方をしています。これに対して、心の健康な人は物事を全体的に見ます。そして、バランスの良い理解をします。ものの見方を変えることで認知を変えることにつながります。精神的にタフになることができます。良好なメンタルヘルスは、認知の幅が広いということです。このように考えると、社会経験を積んだり、読書したりするなど認知の幅を広げておくことは大切です。そうなれば、悩みがあったとしても理性と感情の剥離はありません。どのように工夫すればよいか、ということを理解することで正しい判断につながります。他にも、社会経験の豊かな人に助言をしてもらうのも良い方法です。

いかがでしたか?

良好なメンタルヘルスを養うことで、これからの生活の幅が広がるのではないでしょうか。

是非、参考にしてください。

人気の通信教育はこちら

メンタル心理ヘルスカウンセラーの資格が取れる通信教育講座。メンタルケアも学べる
メンタル心理ヘルスカウンセラー

メンタル心理ヘルスカウンセラー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

メンタル心理ヘルスカウンセラー資料 メンタル心理ヘルスカウンセラー

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る