行動ができる人と、できない人は深層心理で何が違うのか?

行動 心理

何をするにしても「行動が大事」ということは、誰でも知っています。ただその行動ができないことで、悩んでいる人が多いのです。

行動ができる、できないというのは、その人の心理状態の表れでもあるので、心理を分析することで、根本原因を把握することができます。

ここでは、行動ができる人の心理と、できない人の心理を明確にしながら、行動ができない人が、できるようになるための心理的な転換の方法をお伝えします。

 

行動ができる人の心理

行動ができる人というのは「自意識過剰」がないか、少ないのです。行動がどんどんできる人は、「他の人から見られている」という思いがないので、周りの人の目を気にしないのです。

人が周りの目を気にしなくなると、心理的に自由になれるので、行動も自由にできるようになります。

そして、行動する人は周りの人よりも浮くのです。ちょっと変わっているようにも見られるのですが、どのように見られていても、関係なく行動ができるのです。

周りの人の目を気にしなくなれば、色々なことに挑戦ができるし、それだけ行動量も増えていきます。

行動することで失敗も多いのですが、行動する人というのは、全てを完全完璧にやろうとはしないで、最善を尽くして確率を上げることに焦点をおいているのです。

行動量が多い人というのは、早く行動ができるし、行動が行動を呼ぶような循環ができるのです。

 

行動ができない人の心理

では行動ができない人の心理は何でしょうか?行動ができる人とは逆で「自意識過剰」が強いのです。

そして、「行動をして失敗したら恥」という心理になっているので、行動ができないのです。

自意識過剰というのは、単なる錯覚なのです。人は悲しいくらい他人には興味関心がないのです。自分にしか興味がないのです。

自意識過剰ということ自体も、勝手な思い込みで、自分にしか興味がないことなのです。それ自体にも気づいていないくらい、自分のことしか考えていないのです。

この自意識過剰の心理は、常に完璧でないといけないという心理が働いているのです。なので、「失敗が恥」だと思って行動ができなくなるのです。

 

行動ができるようになるための心理的な転換

行動ができるようになるためには、「自分は誰にも見られていない」という事実に気づくことです。

あなたは他の人が、浮いているようなことをしたり、変わったことをしていたら、そのことが気になって、気になって、ずっと引きずるようなことがあったでしょうか?

「ちょっと変わっているな」「変な人だな」くらいで、深く興味を持たないはずなのです。

それは他の人も同じで、あなたが何をしようとも興味がないのです。

「自意識過剰」だけを手放すことができれば、心理的に自由になれるので、自由に行動ができるようになります。

「自分は誰にも見られていない」ということを、何をするにしても思い出しながら、行動をしてみてください。

誰にも見られていないのであれば、あなたは自由に行動ができるのです。

もちろん、行動は法律の範囲内での行動をしていくのですが、失敗することは恥ではないので、どんどん失敗をしながら、成功する確率を上げることに焦点を合わせてください。

人気の通信教育はこちら

メンタル心理ヘルスカウンセラーの資格が取れる通信教育講座。メンタルケアも学べる
メンタル心理ヘルスカウンセラー

メンタル心理ヘルスカウンセラー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

メンタル心理ヘルスカウンセラー資料 メンタル心理ヘルスカウンセラー

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る