著名な心理学者

最古の心理学者ヴント  メンタル心理

心理学のルーツは、古代の宗教的職能者や占い師だとされています。

その当時の病は、動物霊や悪魔により引き起こされていると考えられていました。それらを取り除くことが、宗教的職能者や占い師の役目でした。

治療法は、人間の心が病んでいるという考え方ではなく、呪いや魔女により人間が苦しんでいるという考えかたのため、心理学とは全くかけはなれたものでした。

占いには、様々なものが存在し、心理学に近い占いも当時には存在しました。

1. 行動予測による統計学的な要素

当時の占いは、心理学に近いものを含んでおり、人間をタイプに分けて判断しました。しかし、そのような占いは運命的なものでした。太陽の力、星の力、宇宙の力など外なるものにより支配されているという発想でした。このような外部要因ではなく、人間の内なるものに焦点を当てたのが心理学の始まりになります。

2. 1879年に心理学が誕生

そのような内なる心理と言われる現代の心理学が誕生したのが、1879年、ヴントがドイツのライプチヒ大学(ドイツで2番目に古い大学)に心理学研究室を創設したことがキッカケとされています。

それまでは、人間の心の中をのぞくのは、タブーとされていました。宗教的観念からも許されていませんでした。しかし、時代の発展とともに、人間を支配しているのは心臓ではなく脳、地球は丸い、地球は太陽のまわりを回っている、などの事実が明らかになりました。それにより、神や仏より現実科学のほうが根拠があるため確かなものとされました。

3. ヴントの心理学

ヴントの心理学は、生理学に基づいていました。条件反射や生理学的な反応に人間の心の内歓性を組み入れ、人間の意識に着目して分析しました。これは、「意識的に感じていることが行動に影響を与えている、ということは、心の中でこう思っているから、このように行動するのだろう」という仮説をつくり実験や統計を検証していきました。こうした心のメカニズムを探る心理学を実験心理学と呼んでいます。

ヴントの反対の発想である臨床心理学の無意識というものを重要視したのがフロイトやヤングです。

臨床心理学では、人間の心の状態を心理テストなどを通して掴みます。これにより、その人の心の病気を研究していきます。

不健康と思われる心を診断したり、治療を行うための心理学が臨床心理学とされています。

これらのことから心理学というのは、大きく分けて「実験心理学」と「臨床心理学」に分けられます。

人気の通信教育はこちら

メンタル心理ヘルスカウンセラーの資格が取れる通信教育講座。メンタルケアも学べる
メンタル心理ヘルスカウンセラー

メンタル心理ヘルスカウンセラー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

メンタル心理ヘルスカウンセラー資料 メンタル心理ヘルスカウンセラー

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る