若年期のメンタルヘルス 異動編

異動する若い者 メンタル心理

異動と不安

会社に入社して、何年か経つと今の部署から新しい部署へ異動を命じられることがあります。
会社にとっては、今後の人材として育成計画やキャリアの方向性を考える材料として必要なことです。
ですが、当の本人にとっては思いが違うことが多いです。
異動を命じられたことで新しい場所への希望と不安が混じった複雑な気持ちがあります。
今いる部署で慣れているのに、また新しい部署に行って初めから覚えていったり人間関係を築くのは大変でストレスになります。
似たような経験をしたことがある人は分かるのではないでしょうか。

このような時、どの様に思いますか?
前向きに考える人、後ろ向きに考える人それぞれいると思います。

会社を辞めることはいつでも出来ます。
ですが、何でもやっていないのに出来ないと結論を出すのは早すぎます。
何でも挑戦だけでもしてみましょう。
それでだめだと思うのならば、辞めるといいのです。
このように考えると少しは楽になる気がしませんか?

不安は誰にでもあります。先の予測が出来にくかったり、見通しがきかない場合に起こる感情です。
ですが、若い人にとっては知り合いが1人でもいることで不安の感じ方が違います。
誰もいない所だと誰でも不安になります。
新しい場所で誰もいないと、安心できるようになるまで時間がかかります。

思いやり、助け合いを大切に

新し部署では、先輩や上司から声をかけてもらいたいと思いませんか?
慣れない作業でやり方が分からず困っていても、新人が質問をしに行くと忙しそうで声をかけられないということが起こってしまいます。
一人でわからない仕事を抱え込み悩んだままの新人が多くなってきています。
仕事は遠慮していては作業が進みません。
先輩からすると、わからないと思った時にいつでも声をかけてもらえれば教えると考えている人も多いです。
ですが、新人にとってそれが難しいのです。
なので、先輩から声をかけてあげる方がいいのです。
そして、じっくり話を聞いてあげることで、どのようなことに悩んでいるのか、わからないことは何なのかなどを理解してあげることが出来るのです。
この時に大切なことは、先に先に必要な情報をすぐに与えてしまわないことです。
先輩から話をするよりも、先に新人の話を聞く方が先です。
最初から最後までしっかり聞いてあげることで、共感したり不安を理解してあげることが必要です。

最後に

異動は誰でも不安なことです。
職場でのあたたかい思いやりや互いの助け合い、コミュニケーションなどを大切にすることがメンタルヘルス不調の予防になる1つの方法です。

人気の通信教育はこちら

メンタル心理ヘルスカウンセラーの資格が取れる通信教育講座。メンタルケアも学べる
メンタル心理ヘルスカウンセラー

メンタル心理ヘルスカウンセラー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

メンタル心理ヘルスカウンセラー資料 メンタル心理ヘルスカウンセラー

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る