精神分析の種類8選

精神分析の種類 メンタル心理

精神分析とは、フロイトにより始められた神経症診断の方法です。さらに広く精神の無意識の深層を分析する方法です。そこで精神分析の「カタルシス」、「快楽原理」、「去勢不安」、「アーキタイプ」、「コンプレックス」、「ライフスタイル」、「劣等感」についてご紹介します。

1. 「カタルシス」、「快楽原理」

・「カタルシス」

カタルシスは、苦痛や悩みなどを言葉にして表現することで、その苦痛が解消されることを表す精神分析用語です。苦痛を発散しなければ心身症のなどの身体現象や行動現象、心理現象んどの問題行動につながる場合があります。

・「快楽原理」

快楽を求めて、苦痛を避けることです。人間が最大の効用のあるものを求めようとする行動の原理です。

2. 「去勢不安」、「アーキタイプ」、「深層心理」

・「去勢不安」

フロイトの考案した発達段階の一つです。身体的相違について、女児は本来あったはずのペニスが去勢されたのだという空想を抱くと同時に不安を抱えます。この時期は、エディプス・コンプレックスが強く、敵意を持ったために父親から去勢される不安を持ちます。

・「アーキタイプ」

ユングが提唱した概念です。フロイトが無意識について個人的なものと考えたのに対して、ユングは、人類共通の生来的な無意識の層があると考えました。このようなことを集合的無意識と呼びました。そのようなことが意識化されるとき、ある種の類型化されたイメージとなり現れます。

・「深層心理」

深層心理とは、意識に表れない無意識のことを言います。フロイトの精神分析で用いられていた概念であり、無意識が潜在的に意識をコントロールし人間の行動や判断を決定するということです。

3. 「コンプレックス」、「ライフスタイル」、「劣等感」

・「コンプレックス」

精神分析的概念で無意識に抑圧されている自我を脅かすような心的内容が一定の情動を中心に絡み合い構成されてまとまることです。一般的にコンプレックスと呼ばれているのは、劣等感コンプレックスというものです。コンプレックスは、劣等感だけを示すものではありません。

・「ライフスタイル」

アドラーの提言した用語です。個人の持つものの見方や考え方、生き方を指します。その人独自の人生における目標志向性や自己決定を表すものです。状況により態度に表れ続ける態度の集合体だと考えられています。

・「劣等感」

アドラーの概念です。劣等感とは、自分の理性と現状評価がかけ離れているという主観的な感覚のことです。自分と他者を比べて、相対的に見て劣っていると思う感情とは異なります。アドラーは、人間の行動の根源的エネルギーは、劣等感を補償することに由来するとしました。

人気の通信教育はこちら

メンタル心理ヘルスカウンセラーの資格が取れる通信教育講座。メンタルケアも学べる
メンタル心理ヘルスカウンセラー

メンタル心理ヘルスカウンセラー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

メンタル心理ヘルスカウンセラー資料 メンタル心理ヘルスカウンセラー

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る