精神分析の種類と詳細

精神分析治療 メンタル心理

精神分析とは、フロイトにより始められた神経症診断の方法です。さらに広く精神の無意識の深層を分析する方法です。フロイトいわく、精神過程は意識、前意識、深層である無意識の3層に分けられます。抑圧された願望は、この無意識層に押し込められると考えられ、それを対話、夢、連想などから発見、意識化します。そうすることで治療につなげます。そこで精神分析の種類と詳細についてご紹介します。

1. イド、自我、超自我

「イド、自我、超自我」は、精神分析学者のフロイトにより提唱されました。精神構造を3つに分けた概念です。フロイトの考えによれば、人間の精神構造は、イド、自我、超自我から成り立っており、イドは精神エネルギーの源泉を意味しています。

イドは、快楽原理に基づき本能のままに「あれがしたい」という欲求を出して満足を求めます。

自我は、このイドの上に存在します。理性的にイドをコントロールするのが自我です。自我は、本能的な欲求を現実に合う形にする役割や欲求を叶えるために必要なプランを立てるなどの準備行動を作り上げます。

超自我は、常に道徳的、意識的であろうとする部分です。幼い頃は、親に叱られたり褒められたりすることで行動の良し悪しを学びます。そのため親の判断基準に従っているが、成長するにつれ自分で判断ができるようになります。このような意識が超自我です。

2. 「エディプス・コンプレックス」、「エレクトラ・コンプレックス」

・「エディプス・コンプレックス」

エディプス・コンプレックスとは、精神分析の基本概念の一つです。男児が異性である母親に愛情を、同性である父親に敵意を無意識のうちに向けるという感情のことです。エディプス・コンプレックスという名前は、「エディプス王」に由来しています。

精神分析の基本概念のひとつです。

・「エレクトラ・コンプレックス」

ユングが女児におけるエディプスコンプレックスを示す用語として使用しました。女児が父親に愛情を感じ、母親へのライバル心を持つことで起こる心の葛藤のことです。エレクトラとは、ギリシャ神話に登場するアガメムノンの娘のことです。

3. エロス

哲学的には、神の愛と知性に対する人間の愛を意味します。プラトンによると、自己にかけているものを得ようとする自己実現の愛であり、肉体的愛を意味していました。

また、精神分析においては、人間の欲動の一つとして捉えます。死へと向かう死の本能「タナトス」に対立する生の本能とされています。

人気の通信教育はこちら

メンタル心理ヘルスカウンセラーの資格が取れる通信教育講座。メンタルケアも学べる
メンタル心理ヘルスカウンセラー

メンタル心理ヘルスカウンセラー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

メンタル心理ヘルスカウンセラー資料 メンタル心理ヘルスカウンセラー

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る